海外の反応 


10年前、韓国産名品兵器として開発された複合型小銃k11について雑音が多いです。SBSが、監査院の非公開文書を確認してみると、80%だと広報した命中率がたった22.5%に記載されていました。 また、実戦配備したとしていた物量も全量兵器庫に積まれていることが確認されました。

1

<記者>

軍部隊の兵器庫にk11小銃が保管されています。最初から木の箱の中に密封されたまま積もっています。

2010年から2013年までに防衛事業庁による自主的開発名品兵器とし、実戦配置されたk11 904丁が射撃統制装置の亀裂の問題で、倉庫に保存される事に成りました。

性能にも問題がある事が見つかりました。k11は従来の小銃に空中爆発弾発射機が結合された武器です。


               ご支援よろしくお願いします。
               




2

2015年監査院の非公開文書を確認してみると、(※20mm榴弾発射時)空中爆発弾の殺傷力は低く、目標物に触れて爆発する着発、また時間を置く遅延射撃などの命中率が22.5%に過ぎないと明示されています。

80%への性能を満たすという2008年に軍の試験評価との差が大きいです。

軍は平地に標的を立てて空中爆発を基準に試験した反面、監査院ではカバーがある塹壕や建物の窓を突き破って入った後、爆発する遅延爆発などを基準にしました。

k11開発元合同参謀が要求した性能は隠蔽された兵力制圧、隠された建物地域内部敵制圧、空中爆発による標的制圧など3つ、監査院はこの要件に合わせたものです。

現在まで入った予算は59億円だが、軍は250億円をさらに投入して性能を改良したk11を納入を受ける予定です。

国会国防委は今回の国政監査でk11製造会社の代表を証人として呼んで、国産兵器の発展に向けて甘受しなければならないことが試行錯誤か当初、無理な事業だったのか追及する方針です。


 韓国の反応 



・兵器というのが頻繁に試行錯誤をするものです。失敗してもきちんとした武器になるまで継続して下さい



・防衛産業体の国防汚職も酷い



・自主国防とは、輸入に依存しない基礎技術を付けるという事だろうけど、ろくな武器の一つも作れないのは誰かの懐に入って居るからでは無いのだろうか?



・こんな欠落銃を与えれば、現場では兵士たちの士気が落ちてしまう



・量産普及したのに、倉庫で埋もれたって何の試行錯誤だ?



・低コストに徹底してこうなったのか?



・銃も作れない国がロケットはどうやって作るか?



・500m 22%命中率には榴弾としてよく出ているじゃないか?



・実戦に慣れた米軍が先に開発したものの、採択しなかった理由があったのだ



・防衛産業の不正を徹底的に調査して下さい



・軍事強国である米国でも失敗した計画を、低予算で22%の命中率が出たのなら、初めて作った割には良く出来たんじゃない?



・映像に出た銃は欠陥問題が多かった初期形だね



・韓国で開発した兵器の中で、あんなのが一つや二つではない、でたらめに開発して軍をだまして戦闘可能な判定を受けたものが多いという話である



・防衛産業の不正調査して、関係者早く処断しろ



・韓国は銃も一つまともに作れないんですか?



・数十年の独自のノウハウと技術を積んでいた訳では無いのに数年内で国産銃が作れるのか?



・また、防衛産業の不正だ! この銃を注文するのに関与した奴らを反逆罪で処刑させろ

引用元記事:https://goo.gl/qb8H6H

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース