海外の反応 


ニューヨーク・タイムズの報道によると、ロンドン・ブリード(44)サンフランシスコ市長は同日、声明を通じて市内のセイントメリススクエアパークに建てられた少女像を撤去しないだろうと明らかにした。

1

今年6月、サンフランシスコ史上初黒人女性市長に就任したブリード市長が、慰安婦像に対する意見を明らかにしたのは今回が初めてだ。

ブリード市長は同日、書簡で吉村洋文大阪市長が3日、書簡でサンフランシスコ市側に少女像撤去を要請し、撤去しなければ、サンフランシスコとの姉妹都市の締結を解消すると通知したことに対しても批判した。

彼女は「二つの都市市民たちが60年以上続いてきた関係を一人の市長が一方的に終わらせるわけにはない」と、今後も大阪との人的交流を続けていく方針だと明らかにした。 両都市は1957年から姉妹都市提携を結んでいる。


               ご支援よろしくお願いします。
               




ブリード市長はまた、「慰安婦記念碑は奴隷化と売春を強要されていた過去と現在のすべての女性たちが直面した苦痛を象徴する」、「犠牲者たちは尊敬を受けなければならず、この記念碑は私たちが絶対に忘れてはならない日と教訓を想起させる」と強調した。

該当慰安婦碑は、昨年9月、中国系市民団体がサンフランシスコ市中心部のセントメリススクエアパークに建立したものであり、朝鮮半島と中国、フィリピン出身の日本軍慰安婦被害女性3人が背中合わせに手を握っている姿だ。

この団体は、その後サンフランシスコ市側に慰安婦の碑を寄贈し、これをサンフランシスコ市が最終承認し、昨年11月の慰霊碑は市有化された。

吉村市長は、当該記念碑について地道に不満を提起してきたが、昨年11月には慰安婦像をを撤去しなければサンフランシスコ志和の姉妹都市提携を解除すると通知した。

吉村はこの3日に発送した10ページに達した書簡で、姉妹都市提携を解約することを決めた理由について説明した。 彼は「慰安婦の数、旧日本軍の関与の程度、被害規模など歴史的事実については、歴史家の間でも、見解の違いがあるが、サンフランシスコ、慰安婦記念碑碑文には不明確かつ一方的な主張が歴史的事実として記録された」と主張した。

慰安婦上の碑文には「この記念碑は1931年から1945年まで日本軍によって性奴隷になった'慰安婦'と呼ばれたアジア太平洋地域13ヶ国にわたった数万人の女性と少女の苦痛を示している」と記録されている。


 韓国の反応 



・サンフランシスコ市長は、最小限の常識がある人だよ... あなたは天国に行くのだ



・韓国人が大阪の観光に渡航し、金をばら撒いて居る間、大阪の人間は裏でこの様な活動をしていた



・ブリード市長ありがとうございます。あなたは英雄です



・慰安婦と少女像は、韓国だけの問題ではなく全世界女性の人権と戦争被害者関連された問題であるとサンフランシスコ市長はおしゃりました。賢明です



・私としては、大阪に自由の女神像級の少女像を一つ建てたい



・本当に汚い日本、戦犯国なら反省しろ!



・日本に旅行に行っていない



・日本は本当におぞましい国だ。反省をしろ



・だから韓国人は嫌韓都市大阪に行くな、何故そんな所に行って金を使ってこんなカモ扱いをされなければ成らないんだ



・日本大阪に行ってはならない理由が一つ増えた



・サンフランシスコ市長は素晴らしいです!こんな市長を選んだ市民も素晴らしい



・日本の奴らは戦犯国家である恥と申し訳なさを知れ、そうしてこそ人間に成れる



・サンフランシスコ旅行に行って来ました。彼らは、 小さな国に対する礼儀や尊敬が見えて、もう一度サンフランシスコに行きたいと思いました



・日本旅行に行かずにサンフランシスコに行こう



・反省の無い、あんな非常識な人物が市長を務めている大阪に行く必要は無いでしょう



・反省と恥を知らない、日本の極右の奴ら



・拍手を送ります。成熟した思考を持っている市長であり、日本の奴らとは対照的です

引用元記事:https://goo.gl/JbtrKc

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




■お勧めニュース