海外の反応 


●10日、米ニューヨーク証券市場は3%以上下落
●その余波で韓国を含むアジア証券市場が一斉に急落
●貿易戦争の衝撃、IT技術株の業績悪化を懸念
●金利上昇の余波に韓国株式市場が伸び悩む見通し

米国証券市場を襲った「黒い水曜日」のためだ。 10日(現地時間)一日でダウ指数は3.15%、ナスダック総合指数は4.08%急落した。スタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数も同様に3.29%下がった。

1

米国債金利の上昇による市場不安,情報技術株(IT)業績悪化への懸念が重なり、米証券市場が軒並み3%以上下落した。 これまで米証券市場は、韓国や中国を含む新興国の証券市場より堅調な流れを見せてきた。景気回復の勢いに乗っているからだ。しかし今では、米国すら国債金利の上昇、米中貿易紛争の影響を受けている。

                ご支援よろしくお願いします。
               




1

NH投資証券のオ·テドン研究員は「最近,米国を除く株式市場は大半が下落傾向だった」とし「米国市場の利上げ、供給ショックによる原油価格上昇、自国通貨安による外国為替市場の不安、イタリア予算案問題などが要因となった」と語った。

またオ研究員は「米国株式市場の急落は、もはや米国の株式市場すらこれ以上は安全資産ではないことを示唆している」とし「米国の株式市場も世界の景気に負担を与える変数に影響を受け始めていることを意味する」と評価した。

米IT企業を中心にした業績悪化への懸念も同様に現在の進行形の問題だ。米国と中国の貿易戦争の影響から米国企業も自由ではないという評価によるものだ。

韓国証券市場も予測は暗い。株価下落をあおるような国内外の悪材料が山積している。シンヨン証券の金学均(キム·ハクギュン)リサーチセンター長は「韓国も景気回復がない韓米金利差縮小と、住宅市場の過熱抑制のために基準金利引き上げが議論されている」と語った。

金センター長は「特に韓国の様に中国景気に対する露出度が高く、対外開放度の高い証券市場は中国に代わって売られる可能性もあるという点で、更に不利な立場にあると見るべきだ」とし「最近韓国株式市場の目に見える弱含みは、こうした現象だ」と述べた。


 韓国の反応 



・ぶるぶるするな、上がるのは遅いのに、落ちるときはこんなに早い。でも株価は暴騰もあれば暴落もあるのが正常なんだ



・韓国は金利を少しでも引き上げて、不動産を安定させろ



・外資が空売りを仕掛けて、個人と国民年金が破産しそう



・失大統領ムンジェインの業績だ



・今日は木曜日だから、ブラックフライデーとブラックマンデーが連続で来るのか?



・この様に暴落している時に買わなければ勝てません



・またIMFが来るのか



・外国人と機関による空売りを無くさない限り、韓国証券市場は永遠に株価が上がらないだろう



・アメリカが下がれば、韓国は更に落ちる



・韓国は日ごとに経済が悪くなるね



・偉大な創造経済の業績、想像経済を称賛していた奴らは何処に行ったの?



・まだ始まったばかりだwww



・外国人の空売りを禁止させないと、韓国の株式市場は外国人の稼ぎ場になってしまう



・この下落が年末まで続いたら、不動産暴落、個人破産とか増えそう



・金利引き上げは。韓国経済が直撃弾を受ける



・また自殺行列が出来るのか?



・今の政権に入って、良くやって居る物が無いじゃないか



・そう、このまま爆亡にもう一度行こう。国の経済は爆亡に向かい、もうそろそろヘル朝鮮

引用元記事:https://goo.gl/N1j1gr

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース