海外の反応 


コスピ、時価総額が1日で65兆ウォン下落

11日のマーケットポイントによると、コスピ指数は同日,前の取引日より100ポイント近く下落し、4.44%下がった2129.67で取引を終えた。終値では2017年4月12日(2128.91)以来の最安値だ。

1

下落率だけを見ると、11年8月19日の6.22%急落以来最大だ。当時は、欧州の財政危機や米国債の格下げにより世界景気の低迷への懸念が増幅された時期だった。時価総額(1425兆8620億ウォン)で計算すると、1日で65兆ウォンを超える空中に消えたのだ。

コスダック指数は、株価の下落に信用融資による反対売買まで重なり、707台まで下がった。昨年11月7日(701.14)以来の最安値だ。下落率は5.37%に達し、16年2月12日(6.06%急落)のバイオ株の急落にサーキットブレーカーが発動されて以来、最大の下向き傾向だ。

コスピ(総合株価指数)とコスダック(店頭市場)共に8取引日連続下落、危険資産の回避に対する恐怖感が広がっている。

                ご支援よろしくお願いします。
               



1

コスピはこの期間中に9.6%、コスダックは15.1%も急落した。ウォン・ドル相場は7取引日連続で35ウォン以上ウォン安ドル高が進み、1ドル=1144ウォン台までウォン安ドル高が進んだ。このような影響を受け、外国人投資家らはコスピ市場だけで2兆3000億ウォン近くを売りさばいた。

三星(サムスン)電子(005930)は4%台急落し、2017年4月以来の最安値を記録した。コスピ(総合株価指数)の時価総額200位銘柄のうち、GSリテール(0070~70)の1銘柄を除く全ての銘柄は横ばいまたは急落した。

コスピ(23銘柄)とコスダック(60銘柄)を合わせて、同日上昇した銘柄は2000銘柄を超える銘柄のうち83銘柄に過ぎなかった。

金利急騰,ドル高、国際原油価格の高騰などで、韓国をはじめ新興国の株式市場の投資環境が悪化している中、10日(現地時間),ニューヨーク株式市場が3-4%急落したことが投資心理の悪化に拍車をかけた。

 これは単に金利、原油価格,ドルなどの価格変数による証券市場の環境悪化に止まらず、景気減速や企業業績の弱体化などにつながるだろうという懸念が反映されたものと見られる。米国と中国間の貿易紛争が長期化しているのも、景気鈍化を煽る要因の一つだ。

大信証券の金在中(キム・ジェジュン)リサーチセンター長は「年末まで国内だけでなく、世界的な弱含みになる」とし「為替相場が追加上昇すれば外国人の売りがさらに続くだろう」と述べた。


 韓国の反応 



・ムンジェイ、君は本当に災いだ



・米国の株価も10月10日の8カ月以来最大幅で急落しており。日本の日経指数も急落したそうだが、世界経済が安定化を取り戻してほしい



・米国の証券市場急落と米中貿易紛争によるもので、韓国の株式市場の自給自足の株式市場ではないのです。対外的要因による株価下落はやむを得ない



・米国株安でアジア証券市場が軒並み下落した中、韓国証券市場が全面安になったのはムンジェインの為だ



・表面化した政権に吐き気がする



・ムンジェイン政権に成って毎日パニックなのに、日々新記録更新 「最悪の記録製造機ムンジェイン」



・韓国人は、北朝鮮の核問題で死ぬ確率より、経済が壊れて死ぬ確率が高いことをどうして知らないのか?



・経済0点、外交0点



・ムンジェインは一体、国の財政をどうしようというのか?駄目にしておいて北朝鮮に行くのか



・他の国はほとんどが上がった状態で脱落し、韓国は上がったものがなくて2日に暴落したため、1年6ヵ月ぶりの最低点。大統領は金正恩のメッセージを伝える為に懸命だ



・わぁ~今日一日40万円飛ばして頭がくらくらしてるのに www



・だから一言で...世界が好況だった時、韓国だけが落ちて、世界が下がると韓国は暴落したよね。それなのに、我々の大統領は北朝鮮だけを見つめる



・ムン・ジェインは済州に行って喜んでいるよ



・他の国はほとんど好況なのに、韓国はベネズエラ化するのか



・これだから左派が政権を取ると経済が崩壊するんだ。人畜どもよ



・ムンジェインさえ消えてくれれば...国の経済を立て直すのに・・



・ムンゴミは証券市場の暴落など関心がない、税金を引き上げて北朝鮮を援助するつもりで忙しいのだ



・米国が金利を上げたのだから、これからが始まりなのだ



・ムンジェインは、韓国経済は駄目なのに、北朝鮮経済を発展させようと意地を張っているのか

引用元記事:https://goo.gl/FcqtcF

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース