海外の反応 


米国大都市に初めて建てられたサンフランシスコ慰安婦記念碑に対し、大阪市が撤去要求を繰り返す中、米国と日本の市民団体が「慰安婦碑を守ろう」と共同声明を提示した。

1

キリム碑の建立を主導した米国内の団体「慰安婦正義連帯」(CWJC)と日本で慰安婦被害者問題を知らせた「関西ネットワーク」は、11日の共同声明で「2012~2013年当時橋下徹(橋下徹)大阪市長が日本軍性奴隷の強制動員の証拠がないと被害者馬鹿にしたことを鮮明に覚えている」と述べた。

これらの団体は続けて「橋下前市長のバトンを受け継いだ吉村洋文現大阪市長は、自分がまるで女性人権の擁護者の様に成りすましながら、サンフランシスコの市民から苦痛とその記憶を盛り込んだ象徴物を無くしてしまうだろう」と述べた。

これに先立ち、吉村市長は2日、サンフランシスコ市長宛てに姉妹都市の結縁を破棄すると通知する内容の書簡を送った。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

これに対してブリード市場は慰安婦碑を指して「売春と性奴隷の恐怖を耐えるよう強要てきた、今も強要されているすべての女性が直面して闘争の象徴」とし「被害者の尊敬に値するがあり、この記念碑は、私たちが決して忘れてはならない教訓と事件を悟らせてくれる」と語った。

ブリード市長の発言は、サンフランシスコ市側が大阪市の再三の要求にもかかわらず慰安婦碑を撤去する意思がないことを明確にしたものと解釈される。

サンフランシスコ慰安婦記念碑は15年9月、サンフランシスコ市議会で決議案が通過した後、日本のあらゆる妨害工作を突破して2年余りの募金運動とデザイン公募、作品の制作などを経て、昨年9月22日に米国内の公共敷地としては8番目に建てられた。

この碑は最近、金学順ハルモニの銅像に緑色と白のペンキが塗られた部分が発見されるなど、一部毀損されたりもした。


 韓国の反応 



・我々の祖母が売春婦じゃなくて、お前ら日本の先祖が強姦犯だ



・全世界の観光地ごとに設置して、日本人を自覚させましょう



・未だに反省できない日本 、未だにお詫びし続けるドイツ。比較される



・胸の痛む出来事を堂々と嘘で覆い隠す日本の極右の姿を見るのは本当に大変ですが、この様に日本の蛮行の歴史を知らせようとする人が居るというのが、どれだけ幸いか分かりません



・日本は正しい歴史意識を持って、真の懺悔と謝罪をしなければならない



・サンフランシスコは偉い!大人だなあ



・日本が過去を否定すればするほど、その責任と反省・後悔の苦痛は君たちの後代により大きく跳ね返ってくることをなぜ知らないのだろうか?



・朝鮮人は大阪旅行を止めよう



・戦犯旗を翻しながら一日数百人の日本軍がうちの祖母を性奴隷にして、強姦して殺した



・歴史を反省しない日本人は、何時か復讐をされるだろう



・全世界のあちこちに銅像を設置して、日本国民に知らせて必ず国際謝罪を受けなければなりません



・サンフランシスコを皮切りに、全世界の有名観光地に設置して、加害者である日本の蛮行を全世界に知らせなければ成らない



・最小限の良心がある日本の市民団体もあるんだね



・日本は反省の気配が無い奴ら。だから全世界に知らせねばならなかった

引用元記事:https://goo.gl/5SXCzF

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース