海外の反応 


補助ダムの高さ10~25m→実際施工3.5~18.6mに低くなり
朴政権、法手続きを無視して年末に687億ウォンで急いで執行

今年7月に数百人が死亡・行方不明になったラオス・セピアン・セナムノイダム崩壊事故が施工会社のSK建設の設計変更など、政府で過度な利益追求と朴槿恵政府の手続きを無視して689億ウォンで無理に執行するなど、総体的人災という主張が提起された。

1

国会企画財政委員会の金経協(キム・ギョンヒョプ)議員は15日、ラオスダム事故と関連し、企画財政部(企財部)と輸出入銀行、韓国西部発電が提出した各種国政監査資料と施工会社SK建設の「2012年集中経営会議」文件で、SK建設を総合的に分析した。

2012年11月4日に作成された「ラオスプロジェクト実行計画」というタイトルのSK文書によると、ラオスダムの施行会社であるPNPCは、2012年8月29日に工事費を6億8000万ドルとする主な条件合意書(HOA)が締結したという。 HOAは、契約当事者が本契約締結前の主要条件について予め合意した内容を盛り込む文書だ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

この合意では、工事金額以外にもSK建設側に管理費および利潤(O&P・Overhead&Profit)で8300万ドル(工事費の12.2%)を保障するという内容が盛り込まれた。 また、工事費節減額2800万ドルはSK建設の分とし、早期完工の際は別途のインセンティブボーナスを支給するという内容も含まれた。

SK建設は12年11月、集中経営会議を開催し、HOAの締結で確保した設計変更権を最大限活用し、O&Pを1億~200億ドル(15%)までさらに確保するという戦略を作った。 また2013年4月に予定されているダム工事の着工を遅らせる交渉戦術で、他の出資者(LHSE・韓国西部発電・タイRATCH社)の金融費用負担を圧迫し、次後の早期完工インセンティブを与えた。

実際、SK建設とPNPCは2013年11月の最終契約でHOA締結時に約束したとおり、工事金額を6億8000万ドルに合意し、早期完成のインセンティブボーナスは2017年8月1日以前(before the Impouding Target Date)に早期湛水(early impounding)が行われた場合のインセンティブボーナス2000万ドルを支払うという条件まで追加された。

金議員はまた、SK建設が遅れた着工にも、早期湛水を急いで湛水期間が4ヵ月に過ぎず、収益率を従来の12.2%から15%に引き上げるため、設計を変更したという疑惑も提起した。

ダム建設は、当初予定の13年4月より7ヵ月遅れた13年11月に工事が始まり、湛水はSK文書で明らかにした2017年4月に予定通り始まった。 SK文書では当初,湛水期間を6ヵ月に予定したが、湛水期間を当初の予定期間より2ヵ月も短縮させた。2000万ドルの湛水ボーナスをもらうため、遅ればせの工事開始にもかかわらず、早期に湛水化を開始したというのが金議員の主張だ。

また、SK文件速基本設計で、補助ダム5個の高さは10-25メートルだが、実際に補助ダム5個の高さは3.5~18.6メートルに施工したと金議員が明らかにした。

SK建設は金議員に「SK文件は事業時に検討された内容ではあるが、最終確定内容ではない」と述べた。 金議員はSK側に基本設計と実施設計及び施工内容が確認できる資料とPNPC社との最終契約時に作成した施工費詳細算定内訳の確認を要請したが「機密事項」と拒否した。

金議員は、当時朴槿恵政府が法手続きを無視し、年末に687億ウォンの予算をまとめて執行した」と主張した。

2015年当時,企画財政部は計4件の借款事業(ラオス・ベトナム・モザンビーク・ウズベキスタン)の内、特にラオスダム事業だけ急いで予算を割り当て執行した。

4件のうちラオスダム事業だけを同年10月に対外経済協力基金(EDCF)事業に含めることにし、411億ウォンを自主的に配分された。14年末,国会の15年度予算審査の際に含まれなかった事業を、企財部が独自の判断で盛り込んだのだ。 しかも輸出入銀行は同年12月12日と16日,それぞれ2810万ドルと3000万ドルをラオス政府に送金した。

残りの3件は、国際開発協力基本法で定めた手続きどおり、15年末の国会予算審議や首相室傘下の国際開発協力委員会の事業審議を経て、16年から借款支援を開始している。 一方、ラオスダム事業は、国会予算審議と国際開発協力委員会の事業審議が省略された。

金経協議員は「ラオスダム事故は設計変更まで甘受して利潤と早期湛水ボーナスを確保しようとするSK建設の過度な欲心、法手続きを無視してまで急いで借款を執行し、早期湛水ボーナスまで容認した」と述べた。


 韓国の反応 



・SK建設は責任を負って、ラオスを復旧してくれ



・また朴政権のせい?



・もしこれが本当なら、大韓民国がラオスにおびただしい過ちを犯した



・国際恥さらしだよ。開発途上国で事故だ・・



・SKは韓国の赤恥を晒した



・SKの問題なのに、どうしてパククネに逸らすの?パククネが設計変更して金を儲けたの?



・この人たちはなんでも朴槿恵のせいにしているんだ



・手抜き工事が問題だったのに、前政権のせいにしようとする人が居る



・SK建設の損害賠償を強制執行してでも、補償しなければならない



・朴槿恵政府が、未来市場開拓の為に東南アジア開発途上国に経済協力借款を提供することにして、施工会社が手抜き工事をしたのに、何の関係もあると?



・SK建設は過度な利潤追求や無理な工事進行で問題があることは分かる



・Skがどの様に利益を得ているかを見せてくれる事例ですか



・企業の過ちを政府の責任とする考える者達・・もしskの過ちが朴政権の過ちだとしたら、現在韓国経済のマイナス成長はどうやって責任を取るのか?ムン政府???



・SKはお金が沢山あるのだから、被害住民の補償をきちんとしろ



・SKグループは、政権と率先して成長した代表的な財閥であり、ラオスダムの崩壊を見れば遠からず崩壊するグループに見える



・とにかくロッテとSKが問題ですね



・建設会社から受注して施工したものを、どうして政府をせいにするのか?当時政府は自国の施工会社が受注するので、積極的に受け入れたに過ぎない。施工会社の無理な工事と途中で設計を変更したのは、すべて施工会社の過ちだ



・この手抜き疑惑の設計変更は、専門家に調査してもらう必要がある



・ムンジェインは、間違いが起こるとパククネのせいにして上手く逃げようと



・韓国での手抜きの癖を海外で行ったのでこんな事故が起こった



・ムンジェインは、責任をもって割腹せよ



・危機警報の対応ができなかったのがムン・ジェイン政権の時なのに、なぜパククネのせいにするのか?



・この政府は苦しくなる度に朴政府のせいにすれば良いという悪い癖を持っている。「嘘」を毎日の様にし、ひたすら「北朝鮮」にばかり気を使うため苦労が多い



・記事の内容がちょっとおかしい、SK建設が設計変更をしたと出ているが、設計変更が言葉の様に簡単ではない、発注先と監理承認も受けるべきだが、承認を受けて設計変更になったならSK建設だけの責任とは見なせないのだが...

引用元記事:https://goo.gl/4Bck8A

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース