海外の反応 


今月25日に打ち上げられる予定だった韓国型ロケット「ヌリ号」のエンジンから異常が見つかり、打ち上げが延期された。

1

科学技術情報通信部と韓国航空宇宙研究院は17日、「ヌリ号のエンジンから部品異常が発見され、同日第2次発射管理委員会を開いて、打ち上げ日程の延期を決めた」と明らかにした。

エンジン試験ロケット開発チームは前日、高興(コフン)羅老宇宙センターでエンジン試験ロケットの飛行モデル(FM)を利用して燃料供給過程を点検する過程で、推進剤の加圧系統で圧力減少現象を確認した。

推進剤加圧系統は燃料(ケロシン)と酸化剤(液体酸素)をタンクからエンジンに入れるための加圧装置で、圧力が減少すれば燃料と酸化剤がエンジンでまともに供給されない致命的な問題が発生するようになる。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

研究チームは現在、試験ロケットの飛行モデルを発射台から降ろし、組立棟に移し、異常の原因を分析している。

科技情報通信部は、「来週明けまで原因分析作業が続くだろう」とし、「原因分析と対応計画が確立され次第。発射管理委員会を再び開き打ち上げ日を決める予定だ」と明らかにした。

あるヌリ号開発関係者は「エンジン試験ロケット認証モデル(QM)燃焼試験ではまったく問題なかったが、飛行モデル(FM)燃料供給過程の点検で異常現象が発見された」とし「原因分析と対策づくりに必要な時間が必要」と話した。

エンジン試験ロケットは、韓国型ロケットである「ヌリ号」に使われる75トン液体エンジンの性能を検証するためのもので、計3段からなるヌリ号の2段部に当たる。試験ロケットの長さは25.8メートル,最大直径は2.6メートル,重さは52.1トンだ。


 韓国の反応 



・発射延期になったと過度に責め立てるな、あんな部品異常の原因と解決策もあとで大切な資料になるから!



・石橋をたたいて渡りましょう。安全に徹底して点検また点検して、必ず成功します。いつも応援してます



・米国も旧ソ連も皆こうして技術力を築いていったのでしょう。完璧を期してゆっくり進めることを願います



・急がずに、部品の準備状態すべてが正常に成り、確信がある時に発射しましょう。国民は発射される姿を早く見たくなるのではなく、ゆっくりと完璧な成功を見たいから



・本当に良い結果と、欠陥を認めて解決しようとする姿勢があるなら、これは拍手を送らなければならない



・先進国は数えきれないほど数百回失敗し、延期したりします。韓国は良くやって居るし、発展している。いつも応援してます



・絶えず点検して発射してください。性急である必要はありません



・,しっかりと最善を尽くしてくれれば、国民の大きな希望になります。大韓民国がロケット発射技術を兼ね備えるなら最強です



・知らないけど打ち上げ当日に爆発するよりはましだ



・落ち着いて行くのが一番早い道です。急がないでください、今もうまくやっていることは分かっています



・さあまた何千億? 爆竹が飛んでいきます



・北朝鮮の機嫌をうかがうな



・北朝鮮の機嫌をうかがってm発射を延期したわけではない?



・本当に部品・対北朝鮮関係を考慮した日程調整ではないか



・原因分析に1ヶ月くらいかかるの?



・ロケット打ち上げの延期は頻繁にある。数日前打ち上げに失敗したロシアのソユーズをあえて例を挙げなくても、韓国より少なくとも20年先にロケットを開発し始めた日本も、先月H2Bロケットを3度の打ち上げ延期の末打ち上げに成功した

引用元記事:https://goo.gl/9zAGzH

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース