海外の反応 


最近,10日、ソウル鍾路区の米国大使館の近くで開かれた大学生反米デモが、米国の対北朝鮮強硬派官僚を狙った「絞首刑」や「生き埋め」など、過度なパフォーマンスで論議を呼んでいる。

1

大学生の反米団体「この地の自主のための大学生反米戦士(大反戦)」の会員約10人は、19日午後12時、米大使館近くのKT社屋前で30分間デモを行った。メンバーらはジェームス・マティス国防長官やジョン・ボルトン大統領補佐官の顔写真を付けた人形の首に縄をかけ、ハンガーに吊るした。

「絞首刑」のパフォーマンスを終えた後、「韓半島(朝鮮半島)の平和を妨げる米国は去れ」「大統領が先頭に立って在韓米軍を撤収させよう」などのスローガンを叫んだ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

またデモ隊は「白頭山に登ろう」という歌に合わせて踊った。この曲は「民主民生平和統一主権連帯(民権連帯)」が作ったもので、国家保安違反の罪により2009年に執行猶予付きの刑を言い渡された故キム・スンギョ弁護士を追悼する内容だ。民権連帯の前身は、2010年に「利敵団体」判決を受けた「6・15南北共同宣言実践連帯(実践連帯)」だ。

進歩系の大学生らが結成した「大反戦」は今月10日から毎日、光化門一帯で反米デモを行っている。

今月12日には、「大反戦」メンバー6人が光化門の世宗大王像の上に登っておよそ40分にわたってデモを行い、警察に逮捕された。また15日のデモではトランプ大統領の写真を燃やし、18日にはマティス国防長官やボルトン大統領補佐官を形象化した人形を土に埋めるパフォーマンスを行った。

しかも、この日の写真をポルトン大統領補佐官のツイッターアカウントに数回にわたって送り付け、「これは始まりにすぎない」とコメントした。


 韓国の反応 



・まだ反米デモをする大学生がいるのか、不思議極まりない!



・国の面子は丸つぶれだ。国が潰れてお腹がすいた時に気がつくのか?



・赤い女王アリはきっとどこかに隠れている。この学生達は、ただ英雄心に浸った純真な働きアリだ



・本当に韓国国内に暮らすゾンビだな、そんなに北が良いなら北朝鮮に行け、自由民主主義国家である大韓民国で暮らすのではなく、君たちが思慕して追従する金正恩第1書記の下に行って生きろ。 なぜ自由大韓民国に住みながら左翼性のデモをするのか?



・国はどうなっているのか



・人民の自由を踏みにじり、独裁をする金正恩、しかも3代世襲の金正恩を批判し、アメリカを支持をするデモをする学生なら理解出来るが、一方的に悪毒な金正恩第1書記をかばって米国を批判する人間は、大韓民国を壊そうとする悪漢達だ



・この様な愚かで赤い色に染まった学生のせいで、独裁に果敢に身を投げ、抗拒し、今日の大韓民国の民主主義の基礎をしっかりと掴んだ偉大だった高潔な精神が色あせる



・赤い人間が極度に過ぎる。国が危ない



・こんな奴らは北朝鮮の炭鉱で働かせろ、地上の天国がどんな所か知れ!



・このデモ参加者は、もはや米国入国が拒否される可能性が高い



・反米大学生ではなく反米団体だと言え



・いくら働き口がなくて、お金が無くてもやってはいけないことがある



・本当に笑わせるの、こんな事をしていてもアメリカに留学に行くということだ。そして行った後に子供までアメリカに送る.... 汚い矛盾のかたまり



・まるで政府の指揮を受けてデモをしているようだ。それこそ無政府時代だ



・こんな奴らは北朝鮮に送還せよ



・こいつらが掲げる「自主」とは、北朝鮮主体思想の金日成主体思想理念につながっていると考えなければならない。1950年6月25日の北朝鮮の南侵による戦争で、北朝鮮の朝鮮半島赤化統一の機会を米国が介入して阻止したため、米国は大韓民国を分裂させ統一を妨害する勢力だと主張している



・三清教育隊を再び復活させて。問題人として全員施設に送れ

引用元記事:https://goo.gl/Fns68v

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース