海外の反応 


2018年10月22日夜、日本の成人動画人権倫理機構は、業界にエイズ感染者が発見されたと公表した。現職の某AV女優(声明非公開)が、性病検査でHIVウィルスの陽性確定を受けたのだ。

1

問題は公表時期だ。成人動画人権倫理機構は、業界健全化のために組織された団体で「性病拡散防止」も主要業務の一つだ。しかし、倫理機構側は感染者が発生したことを今年9月に報告を受けたにもかかわらず、この事実を1カ月も遅れて公表した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

俳優らはいつどこでエイズに感染したかも知らないという恐怖心から強く抗議した。同院は「感染した女優と接触した後,3カ月後に感染したかどうかを確認できる」として、米国の様に全てのAV会社が数ヵ月間撮影を中断しなければならない」と意見を述べた。

今回の事件をきっかけに一部では「AVで実際の挿入を禁止すべきだ」という声が出ている。業界関係者のうち、実際の挿入禁止に同調する人が増えている。性病予防はもちろん、成人女優に対する社会的差別や否定的な視線も防ぐことができるからだ。


 韓国の反応 



・成人ビデオ国も、ついにこうなったか



・ああ日本はもうお終いだ。これからは西洋物かな



・どうせコンドームを使うのだから、大した問題はなさそうだ



・類似性行為を見るなら、他国のを見た方が良い



・性関係でエイズにかかる確率は低いそうだが



・こいつのせいで、新人らが何人引退するのか



・類似行為では売れないだろうね



・日本は余りにも汚い行為を撮影したので、こうなったのだろう。何も知らない若い子はその汚い行為を普通だと思い



・日本はモザイクを付けるのだから、ゴムを付ければ良いだろ



・日本は国内向けはモザイクだけど、海外向けはモザイクを外すらしいよ



・その女優が沢山撮影をしていたのなら、問題だね



・エイズは、正常な性関係の際、感染確率は0.1%にも満たない



・最近引退が多かったのと関連があるのではないか?



・日本の売春婦がエイズに罹ったのか



・挿入しないと、女優に対する社会的否定的な視線が変わると?

引用元記事:https://goo.gl/ZvkB12

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース