海外の反応 


日本のSPA(低価)ブランド「ユニクロ」にインドネシアの下請け工場の労働者たちが未納の賃金と退職金を支払えとし、4年間闘争を続けている。一部労働者は東京にまで渡ってデモを行っているが、ユニクロは彼らとの対面を拒否した。

2

香港紙サウスチャイナ·モーニング·ポストは、インドネシア·ユニクロ下請け工場「ジャバ·ガーミンド」の工場が2015年4月に破産し、その後約2000人がジャバ·ガミン工場を退職した。

解雇された工場労働者の一部が今月、東京に渡りユニクロ支店の前でデモをするなど,闘争を続けた。ユニクロは工場労働者との対面を拒否した.。労組代表のセナディ·フトラは「ユニクロが対面を拒否して残念だが、われわれは戦いを止めない」と述べた。

ユニクロは14年9月、インドネシアのジャワ·ガーミンド工場への注文を取り消した。衣類の品質と配送の遅れが理由だった。2015年4月、ジャワ·ガミンド工場は結局破産した。2000人を超える人々が職を失った。 CCCによると、インドネシア労働法によって工場労働者たちが受けなければならなかった少なくとも550万ドル(約6億3000万円)にのぼる退職金と賃金も未納の状態だ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




CCCは、ユニクロの契約破棄がジャワガミンド工場を破産に追い込んだ最大の理由だと主張する。 ユニクロが要求した高い生産量の目標の為、労働者は毎日の様に残業をしなければならず、設備も増設しなければならなかった。

ジャバ·ガミンド工場労働者レナ·ナピトゥフルは「勤務時間は午前7時から午後4時までだったが、毎日の様に夜10時まで働かなければならなかった」とし「数時間をもっと働いても残業手当は1日60円だった」と述べた。

日本NGO横浜アクションリサーチ代表は「ユニクロの注文撤回がジャワガミンド工場破産の最も大きな原因」とし「ユニクロは責任を負うという自らの行動綱領を守ることに失敗した」と述べた。

ユニクロは、ジャバ·ガーミンド工場の閉鎖後、工場労働者らを直接雇用したのではないとして責任を免れた。ユニクロの親会社であるファストリテイリングは「ジャバ·ガーミンド事態に法的責任がない」とし「当時工場労働者たちに近隣工場の再就職を勧めたが労組が断った」と主張した。

CCCの東アジア支部代表であるジョンソン·ヤング·チャンインは「ユニクロとは違ってナイキやアディダスなど他のファッション大手は海外工場を閉鎖したり契約を整理したりする際、工場労働者の未払い賃金問題を積極的に解決した」と述べた。

SCMPは「米中貿易戦争によって、次第に多くの企業が生産基地を中国から東南アジア諸国に移している状況で、インドネシア労働者の闘争は世界的なファッション会社の東南アジア生産基地労働者を、どれほど搾取しているのか注目させる」と分析した。


 韓国の反応 



・日本は弱者に強い、国連や先進国に知らせて国際的恥をさらされれば成らない、その時日本人は恥を知るだろう、国民性が原始的だ



・やはり閉鎖国家



・ユニクロ不買



・現地人を安くこき使って、純利益はどれだけ出して居たのだろう?私は私一人でユニクロ不買になった



・日本戦犯企業を後援するユニクロ、 韓国が不買運動をしなければならない理由だ



・今日も韓国のユニクロには服を買う韓国人が溢れて…



・ベトナムでも、ユニクロのかばんを生産しました。こちらもユニクロの突然のオーダーの取り消しにより工員を500人以上解雇しました。ユニクロは自分らの政策によってオーダーを奪い、全てが自分に有利な政策をしています



・ほとんど不可能に近いオーダーをむやみに受け,現場をうやむやにしながら仕事をすれば納期と品質に必然的に問題が生じる。結局こんな事態になったし労働者だけが被害を受けたのだ。
ユニクロは法的に責任はない、しかし道義的責任はある



・これでも韓国にはユニクロ広告が沢山出ていて、何かを買いたくなる



・残業代が1日で60円は酷すぎる。太平洋戦争の時m韓国人労働者を搾取していた癖がまだ日本人から取れていないのだろう



・ユニクロなどファストファッションブランドの服を着ないでください。第3世界の安価な労働力の搾取に貢献する道です



・ユニクロは質も良くないし、値段も高いし、ダサいし、買う必要が無い



・不買しよう!韓国人はどうかしっかりしろ



・グローバル不買運動が正解だ



・ユニクロは値段が高いし、品質はイマイチだ



・日本が労働者搾取をするのは、100年前から変わって居ない

引用元記事:https://goo.gl/NpBLUH

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース