海外の反応 


ベッドマットレスに続き、生理用ナプキンからもラドン検出をめぐる議論が起こり、「ラドン恐怖」が続いている。

ラドンは、岩石や土壌などに存在するウランやトリウムが崩壊し生成される無色、無臭、無味の自然放射性物質だ。 国際がん研究センター(IARC)指定1級発がん物質で、世界保健機関(WHO)は喫煙の次に肺がん発病の主要原因物質に分類している。

放射能

問題は、この様なラドンがベッドマットレスや生理用ナプキンだけでなく、我々の日常生活周辺の随所から出られるという点だ。さらに、地下鉄駅や地下駐車場からも子供らに危害性を持つレベルの「ラドン」が検出される。

延世大保健大学院のパク・ファミ教授チームが国際学術誌'環境科学と汚染研究'(Environmental Science and Pollution Research)最新号に発表した論文によると、韓国地下鉄駅内のラドン濃度は環境基準値より低いが、日本と比較すると3倍以上高いレベルで分析された。

研究チームは14年3月から15年10月まで、ソウルを含めた全国40ヵ所の地下鉄駅や地下駐車場19ヵ所でラドン濃度をそれぞれ測定した。 これらの地域で採取した標本は計187個(地下鉄駅=135個、地下駐車場=52個)だった。

                ご支援よろしくお願いします。
               




1

その結果、全体標本の平均ラドン濃度は37.3Bq/m3(ベクレル)で、最も高いところは地下鉄プラットホームで41.8Bq/m3だった。これは環境部が定めた室内空気のうち、ラドン濃度勧告基準値の148Bq/m3より大きく低い数値だ。

しかし、国際放射線防護委員会(the International Commission on Radiation Protection)では、初期の露出レベルと関係なく、ラドンを可能な水準まで最大限減らさなければならないと勧告する。 ラドン濃度が低いからといって、安全だとは考えにくいという理由からだ。

実際、今回のラドン濃度は、隣国の東京地下鉄(11.1Bq/m3)より3.3倍以上高いのはもとより,バルセロナ地下鉄(21Bq/m3)、ベネズエラの首都カラカス地下鉄(30Bq/m3)よりも多かった。

研究チームは特に、危険指数(HQ. Hazard Quotient)の側面からみると、1歳未満の乳幼児が地下鉄駅と地下駐車場でラドンに露出された場合のHQがそれぞれ1.17,1.08と推算した。 これは指数許容基準である「1」を超過するもので、地下室内環境での「ラドン吸入」が、この年代の子どもの健康にガン(cancer)ではなくても、危害性を持つという意味に解釈される。

ラドン濃度は、季節別でも差を見せたが最近のような秋が最も高く、夏や春の順だった。 また、ラドン濃度の高い地域は、微細ホコリ(PM10)濃度の高い特徴が観察された。

ラドンのこの様な危害性は、今年の国政監査でも指摘された。国会科学技術情報通信委員会所属のシン・ヨンヒョン議員は、ソウル市から受けた過去6年間の「地下の歴史ラドン調査」に基づき、ソウル市地下歴史8カ所のラドン濃度がWHO基準を上回ったと明らかにした。

研究チームは、不適切な暖房、換気、冷房システムなどによって、ラドン濃度が高くなると推定した。 さらに地下鉄の駅が花崗岩の地盤に位置したのかなど、地質学的な要素などもラドン濃度に影響を及ぼす要因として挙げている。

ラドンがニコチンや一酸化炭素などの有害物質とともに「密閉建物症候群」の症状を巻き起こす原因になるという分析も出ている。 密閉した建物症候群は、建物の中に入ると頭がずきずきする頭痛の症状と共に目が熱くなり、鼻がよく詰まる症状を見せる。 ここに喉が痛かったり痛くて、吐き気を感じながら疲れやすくなるのもこの症候群の特徴だ。


 韓国の反応 



・むしろ韓国が日本より放射能数値高wwwそれで日本に行ったら必ず放射能大丈夫かと聞く韓国人wwwwwwww



・日本の話をすれば放射能のせいにする朝鮮人



・元々韓半島の地質は、花こう岩が多くてウランなど放射性同位元素の含量が高い。そのため、朝鮮半島の自然放射能水準も世界の平均水準より30%ほどさらに高いです。

日本よりは2倍ぐらいになる。特に問題になるのが土地から漏れるラドンガスで、主に1階や地下階が問題ですね、 特にラドンは重くて下に対流して、飛びません。 地下鉄のラドン問題は、換気をさらに補強せざるを得ません



・日本にあんなに悪口を言って、いざ大気中の放射能濃度は韓国の方が高かった



・韓国は自然放射能だから安全だって?笑www



・微細粉塵にラドン放射能



・日本から廃原材料を輸入して、地下鉄に全部敷いたんだって。ソウル市民たち万歳 www



・ソウル市長朴ウォンスンは地下鉄に乗らない



・5千年前からラドンと一緒に暮らしてきたが、あえて今になって問題視されるのは何だろうか?



・どうせ日本の地上は放射能国?笑



・地下鉄は日本の放射能で覆われたと聞いていた



・放射能国よりもひどいのに嫌気がさす



・花崗岩をそのままにしておくのか理解できない。他の国では花崗岩の放射能は深刻で、業務処理をしているのに、ムン・ジェインは、原発にだけ関心を持ち脱原発を主張している。原発は少しだけ放射能漏れを受けても事故だと大騒ぎになる。それなのにどうして?



・放射能を懸念するムンジェインが、花こう岩はそのまま放置するのか理解できない



・日本の放射能について語る時ではない、我々にも問題がある

引用元記事:https://goo.gl/dFtqUs

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース