海外の反応 


和牛が好きですか? 脂肪と筋肉の美しい調和の「霜降り」を披露し、「口に入れる瞬間溶ける」柔らかさを誇る(しかしあまりにも高い)牛肉ですね。

関連投稿:

霜降りの和牛

和牛の味が日本国境を越えて知られ、全世界の和牛消費量が急増しその味を忘れられず日本を訪れる観光客も生まれています。

ところで、実際に世界で一番多く消費される和牛は日本産'和牛ではなく、オーストラリア産「WAGYU」という事実をご存じですか。日本の経済週刊誌「日経アジアンレビュー」は「牛肉の王座を守るために戦う日本」と題する記事を掲載しました。 「牛肉系のロールスロイス」と呼ばれるという和牛について、援助生産国である日本と新興の強者であるオーストラリア・アメリカが熾烈な競争を繰り広げているという内容です。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

「豪州産日本牛」、「米国産日本牛」とは、何か不思議ですね。

和牛は日本で生まれて日本で育たないといけないの?

日本政府が定義する和牛とは、在来種と認められた牛と、日本で生まれ、日本で飼育された牛でなければならないと思います。このうち、和牛全体の90%近くを占める黒毛和種は、明治維新(1868)以降、外来種(済州黒牛が渡ったと言います)や、日本の在来種を交配して誕生した牛ですが、遺伝的に筋肉内脂肪の割合が高いのが特徴です。

狭い空間で牛の動きを最小化し、最高の肉質を得るのが日本式の和牛飼育法だ。

和牛の「高級化」が始まったのは1991年の牛肉輸入の自由化以降でした。農民は米国とオーストラリアの安価な肉と競争するため、特有の職人精神を発揮し在来種の牛に厳選された飼料を食べさせ、ひときわ柔らかい食感の牛肉を作り出します。和牛は1-5級と厳しく分類され、兵庫県の神戸牛、三重県の松坂牛、東條などで3位を占める。

オーストラリアの和牛輸出量、日本の10倍

こんな高級化戦略は成功的でした。世界市場で和牛は他の品種牛肉の2~3倍の価格ですが、特別な味に惚れた「熱烈なファン」に飛ぶように売れています。しかし、世界市場全体から見ると大きな数値ではありません。

豪州と米国で育った和牛たちが、世界市場を掌握したのです。特にオーストラリアの成長ぶりは驚くべきものですね。日経によると、1990年代から常に和牛生産量を増やしてきたオーストラリアは、2016年基準で年間2万4000トンの和牛を生産する「和牛大国」となりました。 和牛がほとんど日本国内で消費されるのに対し、オーストラリアの和牛は85~90%が海外に輸出されます。そのため、オーストラリアの1年間の和牛の輸出量は、元祖日本の10倍近くになるそうです。

当然,和牛とWAGYUは同じではありません。日本では、和牛の血統を厳しく規定しますが、オーストラリアとアメリカなどでは、日本和牛と異なる品種(アンガスまたはホルスタイン)の間で生まれた牛も和牛として幅広く認められます。

ところで日本牛はどうしてオーストラリアに渡ったのでしょうか?日本政府は1940年代,和圭品種を規定し、正統性を守るという名目で、和圭は勿論、和牛の精子、胚芽輸出も厳しく禁じてきました。 しかし1976年、米コロラド大学で研究を目的に和牛数頭を連れて行きました。 これらの牛を通じて、90年代までの相当量の和牛精子や胚芽が,ほかの国々へと流出したのです。

日本農畜産業振興機構によると、2015年を基準にオーストラリアには約25万頭の和牛が、米国には約5万頭の和牛がいると言います。もちろん他の種類の「混血」も含めた数値です。日本の和牛輸出が主に香港や台湾,カンボジアなどアジアに集中しているのに対し、オーストラリアと米国産和牛は欧州と南米まで世界全域に輸出されています。

ところで、なぜ今になって「和牛戦争」が注目されるのでしょうか。

中国のせいです。

牛肉より豚肉と鶏肉料理を楽しんでいた13億の中国人が牛肉を求め始めたのです。中間層を中心に牛肉ステーキやカルビへの需要が急増し、06年は6000トンに過ぎなかった中国の牛肉輸入量は、昨年は13倍を越える80万トン、金額では26億ドル(約2960億円)にまで跳ね上がっています。 今年は初めて100万トンを超えると予想されます。

昨年、中国は米国に次いで世界2位の牛肉輸入国になったが、まだ中国人の1人当たりの牛肉消費量は4.1kgに過ぎず、米国人消費量の6分の1にもなりません。中国市場は今後も大きくなり、各国が中国を狙った和牛生産に熱を上げるようになったのです。

純血主義のVS実用主義,勝者は?

日本とオーストラリアとの和牛競争は、職人精神で武装した小規模な工房や大型フランチャイズの競争を思い起こさせます。 日本の和牛農家は、数十頭規模の小さな規模で和牛固有の伝統を守ることに集中しています。一方,オーストラリアの和牛は数千頭単位で飼育され、広い野原で草を食べて育ちます。

飼料にも差があります。日本の和牛はコクを高めるために、トウモロコシをベースに大豆などを配合した特殊飼料を食べています。一方、オーストラリア和牛は麦をベースにした飼料と一緒にプールを食べ育っ日本産より頑丈肉質と強い味を持つようになります。

しかし、この市場で必ず「味」が勝利するだろうと占うことは困難です。オーストラリア産和牛は味と血統で押される代わりに、価格は日本産和牛の半分程度安いです。健康な食べ物を見つける「オーガニックフード」ブームと「倫理的消費」の傾向も日本に不利です。日本の和牛は柔らかな肉質のために、狭い私たちの動きを極度に制限受け成長する。農民は和牛の肉を蒸し懸念牛ビタミンの摂取量を人為的に調整ね。世界の動物倫理団体は、このような和牛飼育法を継続的に批判しています

これと共に「畜産業者の高齢化」も日本の和牛業界の危険要因です。有名な和牛島の場合、畜産農家の半数以上が70代以上の高齢者で、彼らの80%が後継者を見つけられない状況だ。当然,畜産農家の数は年々減っています。


 韓国の反応 



・日本の奴らは韓国の伝統を持って行って和牛を作ったのだ。先祖の遺物と陶工など、全般的に略奪文化だ



・やはり敵国の日本hだ。和牛は韓国の苦労しを強奪して作った品種だと調査もしなかったのか?韓国には元々王に進呈していたという黒牛も居るし、韓牛の3品種も味も抜群で和牛をしのぐ品種なのの、我が国の牛が日本の伝統的な牛と歪曲さえている



・和牛なんて体に悪い、脳卒症になるにはちょうどいい食べ物



・日本の黒牛だと?済州から盗まれて、それを日本の黒毛和牛と名付けて天然記念物に登録した



・和牛の起源が、日本帝国主義による侵略の時に済州と韓国で黒牛を奪い、自分たちが元祖だと言って居る



・済州黒牛を持って行って、韓国の牛は絶滅させようとした日本の奴ら



・結局、済州黒牛と日本牛の交配で得た牛はわずか100年前だが、それについて「伝統」と言い張る日本の奴ら



・日本の植民地時代、済州島の黒い牛を盗んで和牛と名付けた



・牛肉の柔らかい味は悪魔の誘惑です。血を濁し、血管の壁に油が付きやすくなります。日本の霜降りは体に悪いです



・和牛は元々韓国の安東江陵完山(全州)に棲息していた伝統韓国牛です。倭寇が盗んで行って和牛を作り出したのです



・韓国で650万頭の牛を略奪して行ったのに、それが和牛?



・とろける味は和牛良いかも知れないが、その深い味と歯応えは韓牛がぴったり!



・日本の和牛の飼育方法がとても残忍だね、やはりこの飼育方法も残忍な日本人らしい



・日本の専門家は、韓国牛がもっとおいしいと言うがこれは何ですか?



・中国が牛肉に目覚めたから、米国産オーストラリア産も大幅に値上がりするだろう



・日本人は、済州黒牛を改良すると言って絶滅させる一方、その済州黒牛を日本にすべて持って和牛にした



・日本が韓国の牛を略奪して和牛をに品種改良をした



・肉を食べなかった日本に牛肉が登場するようになった理由は、日本植民地時代に朝鮮から盗まれた牛だからだ

引用元記事:https://goo.gl/esfpz3

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース