海外の反応 


自動車産業の危機は、現代自動車の様な完成車メーカーより、下請け企業から先に感知されています。

[レポート]
自動車部品メーカー約1千社が集まっている蔚山(ウルサン)の産業団地。 現代車のエンジン部品を納品する協力会社の工場には、静粛だけ漂います。

2



IMF事態と世界的な金融危機にも打ち勝ったが、現代自の販売実績不振と「アーニングショック」の余波に挫折してしまったのです。

最近工場が閉鎖され、16人の職員は失業者になりました。 満期手形を食い止められず、今年初めに不渡りを出した2次協力会社の代表,チェ氏は、部品製作設備まで担保に取られ、全てを失い生活の場を離れなければならなかった。

                ご支援よろしくお願いします。
               




1

役職員が一丸となって危機を乗り越えようとしたが、廃業を防げなかったし工場は競売にかけられた。

さらに、現在稼動中の工場5ヵ所のうち1ヵ所が売りに出されるという暗い見通しも出てきます。

部品産業である自動車は、関連産業に従事する労働者だけで36万人にのぼります。

前後方の波及効果まで影響を及ぼし、韓国経済全般の危機に広がる様相です。

完成車メーカーから2,3,4次的に従属する垂直的構造の中で、協力会社の被る被害は雪だるま式に膨らむのです。

いわゆる納品単価の削減は、下請け会社を締め付けています。

1次協力会社の関係者:(初めには)きちんとした値段をつけてくれるが、時間が経つほどコスト削減を続けながら納品単価を安くします。損をして売る場合も...

不公正な下請け慣行も相変わらずです。

自然に給料が滞っている職員たちは生活苦に追い込まれます。銀行も貸出金を急いで回収しています。 雨が降るときに傘を畳んでしまうといった感じです。

政府は、急場をしのぐために部品業界に1兆ウォン支援対策を打ち出しました。 しかし、支援の条件が厳しく、免責権を一緒に与えない限り「絵に描いた餅」という指摘が出ている。

今年の国内自動車の生産量は400万台を下回り、輸出量も250万台を越えることはできないと予想されます。

現代自動車のS&P信用格付けも20年ぶりに下方修正されるほど、状況はますます深刻になっています。

専門家たちは部品メーカーが自生力を備えなければならないと口をそろえます。


 韓国の反応 



・ムン罪人が韓国経済を滅ぼしている



・世界に類を見ない強い労組を持ち、支持するムンジェイン政権だ



・現代起亜が倒産し、全国民主労働組合総連盟(民主労総)が消えなければ成らない



・貴族労組は反省せよ



・貴族労組の年俸が協力会社の3倍超え



・悪質な貴族労組が無くならなければ、大韓民国の未来はない



・現代自動車が国民を見下しているので、外車が売れている



・車の価格は毎年百万ウォン以上ずつ値上げしたし.、海外ではリコールだらけが韓国では安全に問題があるとは考えられないといった。これでは現代自動車は買えないし、外車が売れる



・滅んでしまえ、生産職なのに、年収1000万円も貰って、下請け企業から搾り上げているお前らは滅びなければ成らない



・会社が傾いて居るのに、ストライキをするなんて、それでも車を買ってくれる人が居るから生きているのだろうけど



・オートメーションをして、いい加減な労動者を減らし、単価を下げない限り誰が国産車に乗るのか?



・国産車は、技術力も低いのに価格競争力もない



・状況がこうであるにもかかわらず、韓国の貴族労組は光州型工場運営が気に入らないといって、ストを準備しているという



・労組は、君たちの権力が永遠だと思っただろう。結局は自業自得になる



・会社がつぶれそうなのに、成果給を多く貰おうとデモする人たち。 強硬労組が倒産してこそ国が生き残る



・こんな風に国が滅んで行くのだ。従北政権は平和の物語だけを詠んでいて、大統領というものは経済を見ていないし

引用元記事:https://goo.gl/Pgms7s

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース