海外の反応 



「国際法に基づいて韓国政府と結んだ協定を、韓国の最高裁が希望し、いつでも覆すことができるなら、どの国も韓国政府で働くことは難しいという点を彼ら(韓国)は知るべきだ。」

日本の河野太郎外相が5日、米ニュース通信社のブルームバーグ通信とのインタビューで、先月下された韓国最高裁の強制徴用賠償判決について、こうしたゴシップを持ち出した

1

さらに河野外相は「彼ら(韓国)がこの問題(強制徴用判決)にまず気を使わなければならない。さもなければ同盟は先に進むことはできないだろう」と脅迫したりもした。

同氏はインタビューで「個人の請求権が1965年の韓日請求権協定で消滅しなかった」という最高裁の判決の趣旨を説明せず「韓国は協定を破った」とだけ主張し、国際社会で韓国の信頼度を下げることに集中した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

同当局者は「65年の(韓日請求権)協定で、彼ら(韓国政府)が韓国人のすべての請求に対して責任を負わなければならないことは明確だ」と主張した。

河野外相の今回のインタビューは、日本政府が韓国の最高裁の強制徴用判決と関連して力を入れている海外世論戦の一環と分析される。

日本政府は「韓日請求権問題が1965年の韓日請求権協定で解決されただけに、韓国最高裁の判決が国際法上不当だ」という自国の主張を英文文書にし、海外駐在公館を通じて各国政府とメディアに伝えている。

これと関連し、日本政府は強制徴用判決をむしろ韓国が歴史問題と関連して不誠実な対応をしているという事実を国際社会に強調する口実と見ていると分析した。

河野外相は先月30日、韓国最高裁の判決後ほぼ毎日判決と関連して強硬発言をしているが。これに対しても海外世論を念頭に置いたという分析が出ている。

判決の前日、「敗訴を決して考えていない」と不快な気持ちを露にした同氏は、翌日には判決を待っていたかのように「非常に遺憾だ。 決して受け入れられない」という内容の談話を発表した。

同月31日には姜京華(カン・ギョンファ)韓国外相に電話をかけ「韓日間の法的基盤が根本から傷ついた」と抗議したのに続き「100%韓国が責任を取るべきだ」(先月1日自民党議員との面談),"韓日関係の法的基盤が崩れている。

続いて3日にも「韓国政府が韓国国民に補償と賠償をするという約束だ」(神奈川県街頭演説書韓日請求権協定について)と強調し、4日にも「国際社会に対する挑戦だ」(群馬県講演)と強硬発言を続けた。


 韓国の反応 



・我々も強盗の様な日本と一緒に働くことを望まない



・韓国だけで800万人を虐殺し、アジアで3千万人の死傷者を出した戦犯国の日本が、謝罪の一度でもしたのか?こんな人物が人間であるのかも疑わしい



・この国を二つに割った奴らが、36年間続いた悪事の極少数なのに、本当に恥知らずの悪魔達だ



・統一しなければならない理由が明確になった。南北統一をしてこそ、人口も国力も倭寇を凌ぐことができる。軍事力も倭寇を圧倒できる。英国が世界最大強国になったのは、スペインと戦争で勝利したためであり、米国が今の最大の強国になったのも日本と戦争で勝利したためだ。我々は、倭寇と戦争は避けられない、予定された戦争だ。必ず勝って倭寇を膝まずかせなければ、我が民族が世界最強国にはなれない



・日本と断交しよう!!!



・日本は侵略国家であり、盗賊を教える国、義理を知らない国、恩知らずの国、あらゆる悪いことは選んでする国である



・日本は許せない国だ



・倭寇が最も恐れるシナリオは、言うまでもなく統一韓国の登場である。その時、倭寇の夢はばらばらになる。力で押さなければ決して降伏したり、過ちを認めない倭寇だ。南北協力と南北平和の南北統一は、韓国の世代に歴史が与えた時代最大の使命だ



・旭日旗はモザイク処理をしましょう



・独島に1個師団配置して、少女像を設置しろ!!



・南北が平和条約を結ぶその日から、日本の沈没は始まるだろう



・ムン・ジェイン政府の仕事が上手いようだな



・国教断絶しろ



・韓日同盟?いつから同盟だったのか?日本が同盟国らしい言行をしたのか?



・民主主義が芽生えた韓国と帝国主義亡霊の日本とは格が合わないのは当然だ



・どんなあがきをしても、日本が戦犯国家というもの変わらない



・日本とは国交断絶して、日本旅行を禁止せよ



・犯罪者のくせに本当に口も多い!



・日本の右翼団体が断交しようと大騒ぎをしていたが、国交断絶しろ!我々も望むところだ

引用元記事:https://goo.gl/992f3x

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース