海外の反応 


ロッテ製菓が作ったペペペロ製品から、数匹の幼虫が発見された。虫を見つけた消費者側は、該当事実をロッテ製と顧客センター、消費者保護院などにも知らせていた。ロッテ製菓のペペロでは、かつて何度も虫が見つかったことがある。

関連投稿:

1

A氏の2人の子どもは11日、ロッテ製菓のヌードペペロで食べて居る時、幼虫数匹を見つけた。 虫が発売された製品は同日マートからから購入した物だ。 A氏の子供は、ペペロ1個と他のお菓子数個を一緒に購入した。

A氏の写真には、お菓子に付着した10匹前後と推定される幼虫が写っていた。

ロッテ製菓のカスタマーセンターにA氏の妻が虫が発見したことを伝え、担当者が自宅を訪ねるという。 A氏はそれとともに、同じ事実を「消費者保護院」にも知らせたと付け加えた。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

ロッテ製菓側は同日、世界日報に「詳しい原因を確認してみなければならない」と明らかにした。

ロッテ製菓のペペロでは、15年と13年に、そして11年にも複数の虫が発見された。

一方、食品医薬品安全処食品医薬品安全評価院によると、10年9740件だった食品異物申告件数は毎年少しずつ減り、一昨年には5332件を記録した。

2016年を基準に異物で最も比重を占めたのは虫(1830件・34.3%)で、△カビ(552件・10.3%)△金属(436件・8.2%)△プラスティック(310件)の順だ。


 韓国の反応 



・今回が初めてではなく、ロッテには前科があるのに、数回も同じミスを繰り返すなんてこの会社を撤退させなければ成らない



・あれはただ単に幼虫ではない。ショウジョウバエの蛆虫だ



・これはノシメマダラメイガの幼虫です。工程中に入ったわけではありません。ノシメマダラメイガ蛾はコラーの缶も曲げてしまう強力な歯を持っています。配送車両の管理や保管上の問題のようです。 ノシメマダラメイガは、米虫とも言います。家に1匹だけいても広まります



・正常な製品ならウジムシは出ない、袋が剥がれたり、流通過程で問題が生じたのだろう



・正常な流通過程であればこんな事は起こらない。倉庫で何かがあったのだ



・11月11日はぺペロの日です



・今年は特に暑すぎる異常気象で、途中で異常が生じたのではないですしょか?でも幼虫が湧くなんて不思議ですね



・これは消費者の保管不良なのでは無いですか?食べ残しを保管していてこんな事に成った様な



・ポッキーでも食べよう、みんな



・ついでにペペロデイも消えたら良いな!



・食品メーカーに通う人は分かるはずだが、あれが工程上絶対入ることはできない。 きっと流通過程で袋が剥がれたり、購買後に袋を取り外して放置して幼虫が湧いたんだ



・保管の方法が悪かったのに、メーカーに悪口を言うなんて



・これはチョコレートでも同じ事が起こったが、包装を食い破る虫がいて、それでチョコレートにも湧いたそうだ



・11月11日のペペロデーはなくなるべきだ



・私も今日のお昼にぺペロを食べたのですが、お腹が痛くなる様に気分が悪くなりますね



・食品会社で働いていますが、個人的にあんな幼虫状態を見た場合は製造過程よりは流通過程や保管過程で出てくる確率が高いです。特にあの幼虫のように生きている場合は100%外部からの混入です



・ぺペロの日に、倉庫で古く成って居た在庫まで大放出をしたのではないのか徹底的に調べろ、こんな虫が湧いて居るお菓子を売るゴミ企業は見た事が無い



・ペペロデーをなくそう! 消費者が商業性に振り回されず、賢明にならなければ成らない



・「~の日」商術で、大企業の腹を膨らませて居る

引用元記事:https://goo.gl/2bxuJ6

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース