海外の反応 


日本の防衛省が「宇宙部隊」を創設することに方針を固めたと朝日新聞が20日、複数の政府関係者を引用して報道した。宇宙部隊は、人工衛星やロケットの残骸など宇宙ごみと他の国の怪しい衛星を監視することになる。

1

報道によると、宇宙部隊は2022年の新設を目指し、来月改正する「防衛大綱」にも明示される予定である。日本の防衛省は改正された防衛大綱に陸・海・空だけでなく、サイバーや宇宙、電磁波などの新たな分野での防衛力強化を明確にする方針で、宇宙部隊の創設は、その主要な軸である。

最近、宇宙空間では、宇宙ゴミが急増し、衛星と衝突する危険性が高まっており、中国が他国の衛星を攻撃する武器を開発していることが知られていると朝日は伝えた。

このような宇宙での「新たな脅威」に対応するため、防衛省は、宇宙状況監視(SSA)体制の構築を目指している。 2019年度予算要求にもSSAシステム取得費として268億円を計上した状態だ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




宇宙部隊は陸・海・空自衛隊が統合運用する予定で、航空自衛隊東京府中基地に設置される予定である。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携してSSAシステムを運用し、レーダーで得られた宇宙ゴミなどの情報を米軍と共有する。

また、海上自衛隊の山口県山陽受信のステーションの敷地に、高度5800㎞以上の状況を検出するレーダーを設置し、監視体制を強化する。

前防衛大綱に関する自民党内ワーキングチームの座長を務める小野寺五典前防衛相は前日都内の講演で、「防衛省も今回の防衛大綱を介して宇宙部隊を作ることにした」と明言した。ただし、彼は自民党内で要求される敵の基地を攻撃能力の保有は延期されるだろうと予想した。

敵基地攻撃能力は敵国が弾道ミサイルなどを発射する前に拠点を攻撃するものである。日本政府が長距離巡航ミサイルの導入を決定するなど、実質的に敵の基地攻撃能力を保有しているうえ、国内・外の反発を考慮し明文化を延ばしたものと解釈される。


 韓国の反応 



・ガンダムでも作るのか?



・事故を起こしてまた自国民を殺すwww



・宇宙軍は、ガンダムにもたくさん出てきます。ジオンは、地球の宇宙飛行士たちに限定されている



・地球では軍隊にならないから宇宙に行くんだ



・日本のマンガで沢山見た様な胃がするけど



・韓国は宇宙軍を作ったら、不正が起こるのが確実



・韓国軍に残る、糞の様な軍規は日本軍から受け継いだ



・宇宙軍は良いね



・日本人は漫画の読み過ぎか?



・宇宙と自衛は別に関係ないはずなのに



・宇宙ゴミより、太平洋に放出されるゴミの方を片付けろ



・日本の宇宙軍は、漫画にあった



・王立宇宙軍 - オネアミスの羽



・ガンダム出て来るんですか?



・日本の奴らは航法装置まであるから技術力は高い



・宇宙軍の創設は、ミサイル、戦闘機、エンジンの技術開発の名分に成るのでは無いかな?



・日本人は、必ず成功して違う星に集団移住して下さい



・日本は軍隊もないのに、固体ミサイルロケットも持っていますから。韓国の方が非正常的に制限されているのです



・銀河英雄伝説



・日本は、日本版のNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)を作るという話ですね



・正確にはミサイル探知/防御が目的のNORADと、軌道上の水製探知&観測の目的たるJSpOC(The United States Joint Space Operations Center)の結合体程度を想像してるみたいですね



・400百年後に侵攻する宇宙人を防御する用途も



・↑日本は400年後になくなる可能性もあり



・日本がザクを作って韓国がガンダムを作ることにしましょう



・日本は、すでに核で地球を破壊し、宇宙も破壊しようとする様ですね



・独自のロケット発射技術があるので可能でしょう



・大地震が起これば宇宙に移民しようと準備するのか



・日本は、宇宙事業に使うお金が多いし、それによって得ることも多かったので

引用元記事:https://bit.ly/2Fv5Ibm https://bit.ly/2KilhBI

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース