海外の反応 


20日、韓国海警の操業中断要求に日本外務省「韓日漁業協定違反」

今月20日、東海(日本名=日本海)上で、日本漁船の操業問題をめぐって韓国と日本の海洋警察が対峙していたことが明らかになった。

1

22日、NHKと共同通信などによると、韓国海警の警備艦は20日午後8時30分ごろ、東海の大和堆漁場付近で操業中だったイカ漁船に接近し、操業を中断した。

これに対し、近くにいた日本海上保安庁の巡視船は「ここは韓日漁業協定により日本漁船が操業できる海域であり、(韓国海警の)移動要求を受け入れられない」と反発した。

その後、日本側の巡視船2隻が、韓国側の警備艦と日本漁船間に移動した。自国漁船の保護のため、韓国警備艦の接近を遮断したのだ。韓国の警備艦と日本側は最短距離740メートルを挟んで対峙したという。韓国警備艦は、状況発生から2時間20分後の夜10時50分ごろ、現場を離れたという。

                ご支援よろしくお願いします。
               




同日夜、日本外務省は駐日韓国大使館に、駐韓日本大使館は韓国外交部にそれぞれ「韓日漁業協定違反行為」との立場を伝えた。当時、日本漁船は「中間水域」に当たる日本側の排他的経済水域(EEZ)内で操業中だったため、韓国が移動を要求してはならない状況だったということだ。

該当海域を管轄する日本第9管区海上保安本部は「過去にも今回の事件と似た事例はなかった」とし「(韓国側の)意図は分からない」と明らかにした。

これに対し、韓国側は「(海洋警察が)不慣れな海域で警備活動をしている途中、規定をきちんと理解できずにおきた」と説明したとNHKは伝えた。

これに先立ち、15日には独島北東333キロ付近の海上で48トン級の漁船ムンチャン号と、日本国籍漁船が衝突する事故が発生した。操業中だったムンチャン号の左舷の中間地点に日本の船が突き当たり、ムンチャン号の機関室が浸水したが人命被害はなかった。当時、事故が発生したところは、韓日両国が共同管理する公害の性格の水域であり、両国漁船間の操業競争で発生したのではないかという指摘が出ている。


 韓国の反応 



・2016年以降、韓日漁業協定が停滞しているが、これを機に、独島基点の再交渉をしたり、破棄することも考慮して強力に出なければならない。海洋水産部はその為の準備をしていると信じる



・日本も憎いですが、少なくとも今は中国の方がもっと危険です



・奴らは始末しなければ成らない種族



・以前、日本が勝手に破棄したので、今回は我々が破棄して再交渉せよ



そのまま発砲しろ



・金大中と盧武鉉のときの韓日協定の結果なので、追従者を逮捕しろ!



・前回の漁船事件も日本政府が漁船に頼んで行ったのかは分からない



日本漁船や中国漁船を沈没させよ



・朴正熙が売った独島協定



・日本の奴らが、負け惜しみを言う様に出て行ったという事か



・金大中が独島近海を共同水域として売ったんだ



・やはり、南北統一後に日本と戦わなければ成らない



・日本と戦って、過去日本が、我が民族に行なったすべての罪を一括で返そう



・そこは、金大中が売り渡した水域なのに、支持率が落ち込むと急激な反日世論を煽るムンジェインには良心があるのか?



・もっと巡視海岸警備艇の追加配置しろ、中国の漁船の様に韓国船を沈没させようとする汚い行為には、機関銃は艦砲を利用して沈没させなければ成らない



・この事件、韓国のマスコミはどうして沈黙するんだろう?記事の内容も日本マスコミの引用だし



・金大中さんが日本に売ったんだよ



・南北が統一すれば、日本は膝をついて謝罪する様になる



・もう日本と戦争準備をしなければならないようだ。日本は敵だ



・日本にはもっと強く対処して下さい

引用元記事:https://bit.ly/2PMxDs3

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース