海外の反応 


仕事が終わってビールを1杯飲みたい日、一緒に行く人がいないのが一番辛かった
日本で一緒に働いた同僚たちは、仕事が終わるやいなや散り散りになって、夕ご飯を一回食べようという話を持ち出すのも難しかったです。

日本の会社に通う 今年韓国に帰ってきたソさん(29)は、日本のサラリーマン生活で最も耐え難かった点として、「孤独」と「文化の違い」を挙げた。

1

ソ氏は、昨年日本の有名製薬会社に入社した。しかし、個人主義の強い日本文化と長年の他郷生活が与える情緒的な疲れに耐え切れず、結局韓国に帰ってきた。 続けて「文化的な差異で苦労した状況で、希望する部署に移動できないとの話を聞いて、悩んだ末に国内復帰を決めた」と打ち明けた。

日本就職熱風...国内Uターン就業者も登場

激しい国内雇用の影響を受け、日本行きを選ぶ若者が増えている。しかし、日本就職ブームに巻き込まれて日本企業に就職した後、適応できずに帰ってくる人も続々と登場している。徹底した事前準備なしには日本への就職が常に「バラ色の未来」を保障するわけではないというのが専門家たちの助言だ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




日本への就職熱気は依然として熱い。日本企業が求人難に陥り、外国人に就職の門を広げているからだ。 日本の厚生労働省によると、昨年日本に就職した韓国人の数は5万5926人と集計された。

5年前の12年(3万1780人)に比べて76%増えた。この3年間で10%台増加した。政府支援事業で日本で働き口を求める人も増えた。 韓国産業人力公団の海外研修事業など雇用労働部の事業を通じて働き口を得た海外就業者は計5118人。 このうち、日本で職場を探す数字が1427人(27.9%)で最も多かった。 13年以後、毎年増加の傾向にある。

日本に関心を持つ求職者が多くなり、日本の就職説明会も人気だ。今月5日と7日に釜山とソウルで開かれた「2018日本就職博覧会」には、ソフトバンク、日産自動車など日本企業112社が参加した。

日本企業が直接大学を訪問する就職説明会も、学生らの注目を集めている。今年9月にはソウル大学で日本みずほ金融グループの就業説明会が開かれた。 高麗(コリョ)大学、西江(ソガン)大学などでも日本企業の就職説明会が行われた。

個人主義・硬直性...文化の差を克服するのは難しい

日本への就職熱気が高まっているだけに、現地の不適応などを理由に韓国への「Uターン」を選択する就業者も増えている。昨年、日本大手企業に入社した金某氏(26)は、文化の差を克服できず、1年ぶりに韓国に帰ってきた。

日本の閉鎖的文化と融通性のない業務環境に疲れているためだ。李社長は「日本企業は韓国企業に比べて融通が利かないほうだ」とし「他部署の人々と協力する過程で、一部チーム員が最後まで原則を貫いており。もどかしさを感じていることが多い」と吐露した

日常生活で感じた嫌韓の雰囲気に気苦労する青年もいる。東京に住んでいる朴某氏(28)は、自宅周辺のショッピングモールに行って、従業員に冷遇された。 従業員は、朴さんが靴を持ってきてほしいと要請すると、「待って」という言葉だけ言った後,無視した。不親切だった職員は、ほかの日本人客には笑いながら親切に応対した。続けて「周辺でも韓国人なので無視されたようだという話が聞こえてくる」と残念がった。

日本企業の大卒初任給が韓国に比べて高くないことも、就業者たちの悩みだ。日本企業は主に初任給が低い代わりに、勤続年数が長くなるほど賃金上昇幅が大きい。

厚生労働省によると、昨年、日本の男性労働者の平均給料は24万8100円だった。一方、50-54歳の男性労働者の平均賃金は42万4000円と大幅に上昇した。

短期的な観点で日本就職に近づく場合、かえって損をする可能性があるという不満が出る理由だ。 韓国外国語大学融合日本地域学部の李昌敏(イ・チャンミン)教授は「日本は製造業を中心に長期労働者を選ぶ傾向が残っており、韓国より大卒者の初任給が低い」とし「10年以上日本企業に勤めてこそ韓国企業と日本企業間の賃金逆転が現れる」と説明した。

李教授は、国内の就職難を避け、日本企業を選ぶ逃避性就職は「失敗」と指摘した。また「日本での就業を準備してきた人も、現地に到着すると厳しい目に遭う場合が多い」とし「短期就業よりは少なくとも10年以上の長期的なキャリアを目標にしてこそ副作用を減らすことができる」とアドバイスした。


 韓国の反応 



・あきれる。嬉しいかムン罪人



韓国の会食文化が地獄だと忘れて居る?



・人生とは、元々辛い物だ



旅行程度ではなく、その国に住む様に成れば、想像以下、若しくは想像を絶する現実に直面する事になる



・私なら、ビールなんか飲まなくても、職場さえあれば行くよ



・お金をもらって働いて居るのだから、ストレスは避けられれない、ただ楽しんで



韓国人だって、外国人を見下しているし、口に出さないだけで心の中では日本人が大嫌いだろ



・職場での生活が楽なところなど、絶対にない



ユーチューブ見たら、日本で楽しい職場生活をする人もいたけど...



・現地適応失敗談



・金儲けの為に日本に行ったら、お金を稼げば良いのに、ビールを飲むのが寂しいから帰って来るなんてもどかしい



日本で寂しいと思う人は、家族を作れば適応して暮らせるでしょ



私は会社で食べる牛肉より家で食べるラーメンがもっと美味しかったです



こんな失敗した奴の声が大きく成って居るが、日本に行って日本人女性と付き合ったりして、日本に行った人間の半分は成功しているんだ

・韓国でも、会食とかの集まりをストレスと感じている人が多いけど



・日本を汚く非難しながら、日本企業に就職しようとするのが正しい行動なのか聞きたいですね



・韓国国内の就職は競争が地獄なのに、帰って来たいの?



・お金を稼ぐのは簡単なことないですよ



・ここに名誉日本人も多いね

引用元記事:https://bit.ly/2DTHRR2

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース