海外の反応 


第4次産業革命に符合する次世代交通手段は、どの様な特性を持つべきか。また、船舶・鉄道・道路・航空をつなぐ5世代の新交通手段は何だろうか?ソウルから釜山まで16分で走破できる夢の列車「ハイパーループ(Hyperloop)」の時代が近づくにつれ、建設業界の新たな市場になるのか期待が高まる。

ハイパーループ

直径3メートル、長さ10メートルの亜真空チューブ

交通学者らは「より安全で、早く、安く、便利で天候に左右されず、継続して可能な独自動力を供給し、災害に強くてこそ、5世代交通手段としての資格」と話している。ハイパーループは、このような長所を全て備えている交通代案として注目されており、世界各国で関連技術の開発や商用化に膨大な資金をつぎ込んでいる。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

 動画!

g1

ハイパーループが、真空チューブで324km/hを突破する場面

g2


 韓国の反応 



・京畿道からバス、地下鉄に乗って出勤するvs釜山から出勤



・あ~もうソウルまで走らなくてもいいんだね



・釜山ばかりでは無く、他の都市も育てよう



・ハイパーループの為の専用トンネルを建設するだけで、大金を消耗しそう



・SpaceXで開発中



・ドバイですでに建てられているんじゃないか?



・未来の世の中はどれほど楽になるだろうか



・324kmならKTXの速度だけど?



・これが出来たらプサンからソウル出勤するよ



・ソウル-釜山もKTXでダイレクトに走れば1時間50分なのだけど、あちこちに停車するので2時間50分もかかる



・これは貨物用に使ったらいいと思う



・アメリカやロシアの様に国土の多きな国なら投資に見合るだろうけど、韓国は



・これからまた4次産業革命もっと発展して、無人工場、無人農場等の様な物が出来始めると、その時すごく有用に使えそう農場 > 工場 > 物流センター



・ハイパーループを難しく考えている人が居るけど、こんな技術は直ぐに開発される



・はたして商用化までどれくらいかかるのか



・ソウル~平壌の新しい路線にこれを敷こう。今は北朝鮮なんて地価がただみたいな物なのだから

引用元記事:https://bit.ly/2P4zgvI

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース