海外の反応 



ヒカリは、朝鮮で最初に、満州路線乗り入れを開始した電車で1923年から運行を開始した。この列車は、興亜/大陸号が登場する以前まで、朝鮮鉄道を走る列車の中で最特急列車だった。

2

ヒカリは、当時の日本製国内急行列車であった。つばめより遅い49km / hの最高速度を持っていた(平均運行速度は約45km / h)。初期は朝鮮の釜山とソウル間を運行していたが、満州国の新京駅まで1934年に延長された。

釜山から新京駅に到達するには、27時間を要した。日本帝国は植民地傀儡国に、鉄道インフラをたくさんの投資をしたんですね。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2
1
3
3


 韓国の反応 



・ヒカリやのぞみは、今の新幹線に使われている



・いたずらに不公平な国ではない



軍需物資を運ぶ為に投資した



・ひかり...関西空港の「はるか」が思い浮かびますね



・投資は結構だが、血の虫だったよね



軍人移動と、物資移動を容易にするのが優先だったな



収奪の鉄道を投資したと衣替えしている



植民地の為では無く、自分達の為に投資をしたのだろ?



・中国吉林省の省都である長春が、新京と言う名で呼ばれた時期は、満洲国10年余りにしかならない



この鉄道によって、満州や朝鮮の物資が日本に奪われた



収奪目的のみ



戦時基盤施設用



釜山までできる限り早く強奪した物資を運ぼうと



日本は朝鮮を大陸侵略のための前哨基地と考えており、兵力の輸送、軍需物資輸送、資源略奪の目的でしょう

引用元記事:https://bit.ly/2BwKVjo https://bit.ly/2zuuFxU

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース