海外の反応 



韓国民俗遊び「相撲」が史上初の南北共同人類無形文化遺産に登録された。

1

ユネスコ無形遺産保護条約政府間委員会(以下、無形遺産委員会)は26日、アフリカのモーリシャス開かれた「第13回ユネスコ無形遺産保護条約政府間委員会」で、南北がそれぞれ人類無形文化遺産の代表リストに登録を申請した「相撲」を一つにまとめて共同登録することを決定した。

無形遺産委員会は、一人この日、まず案件に取り組んを上げ、24カ国の全会一致で登録を決定した。いくつかの国が共同で登録した人類の無形文化遺産は、「鷹狩り」、「綱引き」などがあるが、相撲のように分断国家である韓国と北朝鮮の文化遺産が共同登録されるのは今回が初めてだ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




ユネスコ正式登録名称は「相撲、韓国の伝統的なレスリング」(Traditional Korean Wrestling、Ssirum / Ssireum)である。先に私たちの国は、格闘「大韓民国の相撲」(伝統レスリング・Ssireum、traditional wrestling in the Republic of Korea)、北朝鮮は「朝鮮民主主義人民共和国の格闘」(韓国レスリング・Ssirum(Korean wrestling)in the Democratic People」 s Republic of Korea)という名称で、それぞれ登録申請書を提出した。

無形遺産委員会は、「南北シルムが連行と伝承の面、コミュニティの社会的・文化的な意味で共通点がある」とし「評価機構が、南北相撲をすべて登録勧告した点を考慮して、前例のなかった前例になかった個別申請遺産の共同登録を決めた。

相撲の人類無形文化遺産の共同登録は4月板門店の南北首脳会談以来、韓国の方で先に提案し、北側がこれに呼応して実現されたと伝えられた。

相撲が登載され、韓国は、宗廟祭礼、パンソリ、カンガンスルレ、アリランなど総20件の人類無形文化遺産を確保することになった。北朝鮮はアリラン(2014)、キムチ作り(2015)に続いて三番目の登録をすることになった。


 韓国の反応 



・金日成主席以後の今、北朝鮮に相撲が伝わっているか?



嬉しい知らせだし、歓迎に値する嬉しいニュースだ... ところが最近、シルム(韓国相撲)が熱心に開かれているが、日本でも相撲の試合が行われている。

日本の相撲は誰でも知って居るし、相撲の試合会場には人が一杯だ。でも韓国の相撲は、誰も何処でやっているのかも知らないし、観衆も殆ど来ない。以前行ったら、会場の座席は殆ど空いて居た。これが我々の現実だ



・登載されたのは嬉しい知らせだけど、シルムが興行するには、まだ道が遠いだろ?



・選手を見る限りでは、相撲よりシルムの方が良いな



相撲はとりあえず選手たちのビジュアルがとても負担で・・・



・シルム連盟が氷上連盟と仲が悪いと聞いたが



・興行するには協会が重要な訳だが



・相撲の試合10秒以内に瞬時に終わったが、シルムはもっと長いね



・シルム連盟が、組織暴力に関わっていると語られた事がある



・日本の相撲はどうですか?相撲も人類無形遺産に登録されているのでしょうか?

引用元記事:https://bit.ly/2AqQONt

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース