海外の反応 



純粋な国内技術で開発される韓国型ロケット(KSLV-2)の試験発射体が最大高度209キロを記録し、任務を終えた。 これで韓国は世界で7番目に75トン液体エンジンの飛行試験に成功した国家になった。

1

科学技術情報通信部と韓国航空宇宙研究院は28日「ヌリ号試験ロケットは、151秒延焼に成功した」とし「これは性能検証を行う基準140秒の燃焼基準を超えた」と評価した。

これに先立って、科学技術情報通信部や航宇研は、エンジン燃焼時間を成敗基準とした。 ヌリ号2段部に該当する目標燃焼時間の140秒を超えれば、打ち上げが成功したということだ。 ところが、試験発射体はこの基準を優に超え、151秒まで燃焼しその使命を果たした。

今回の試験発射体の成功で、韓国は世界で7番目に75トン,液体エンジン性能の検証に成功した。 韓国航空宇宙研究院のオク・ホナム発射体技術開発団長は「欧州連合(EU)を含め、これまで6カ国だけで75トン級の液体エンジン性能検証に成功した」とし「韓国は7番目に技術を確保した国家になった」と強調した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

試験発射体の燃焼時間は、羅老宇宙センターのレーダーなどの追跡装備や発射体が送ってきた遠隔伝送情報を分析した結果だ。 エンジンの燃焼が151秒にのぼる時点で、試験発射体の高度は75キロまで上昇したことが確認された。

その後、上に上る慣性によって発射体は打ち上げ319秒に最大高度209キロに達した。最大高度に到達した発射体は、放物線型の飛行軌跡に沿って羅老宇宙センターから429キロ離れた済州道南東の公海上に落ちた。 打ち上げから落下までにかかった時間は、計492.1秒と確認された。 ロケットは打ち上げから524秒後に信号が途絶えた。

イ・ジンギュ科技正通部1次官は「ヌリ号開発のための技術準備が順調に進んでいるということ」とし「ロケットの核心技術であり開発難易度が最も高かった75トン級エンジンは今日の打ち上げを通じて技術が検証された」と述べた。

今度の試験発射体の打ち上げを無事に終えた研究チームは、ヌリ号3段階事業に着手する。今後、単型ロケットシステムの技術開発を完了し、21年2月と10月に3段型発射体を完成させるという目標だ。


 韓国の反応 



・素敵です!!



今まで苦労した研究員のみなさん、お疲れ様でした! これから韓国が宇宙産業にたくさん投資して先進国に劣らない宇宙強国になりたいです



・航宇研の皆さん、苦労しました!



誇らしい



・誇らしいエンジニアの方々に、大きな拍手を送ります!がんばって!



・韓国国民は皆上手くやります。でもムン政権は最悪です



逼迫し、劣悪な環境で本当に苦労しました。もう75トン8を個繋いで宇宙に行きましょう



・中国全域を射程圏に、ロシア・モスクワまで射程距離のあるロケットを、作りそして核弾頭も開発しなければ成らない



科学は韓国の唯一の希望だ



・続けろ、政権は有限だが...大韓民国は永遠だ



韓国は戦犯国じゃないのに、何故固体燃料エンジンは作れないの?



・こんな所に使う税金は痛くない! どんどん自力技術を育ててくれ



世界7番目に... 大陸間弾道ミサイル保有国になったね



・久しぶりにいい知らせですね。技術者や関係者の皆様お疲れ様でした



アメリカが64年前にした試験を、我々は今やっとなんだ。韓国がロケットの発射実験をする時、アメリカは火星で地質調査してるんだね



中国は人工太陽の実験に成功し、米国は火星探査船を送り、日本は自国の技術で人工衛星を打ち上げ、北朝鮮も人工衛星やミサイルを発射しているのに、韓国はやっとロケット一つに成功した



航宇研研究員たちが、本当に誇らしくて凄いです



・イージス艦は、今日弾道ミサイル探知訓練をしたのでしょう

引用元記事:https://bit.ly/2E0Br2p

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース