海外の反応 


日本で慰安婦被害者を素材にしたドキュメンタリー映画「沈黙-立ち上がる慰安婦」の上映を控え、志を共にする弁護士らが上映場近くの右翼団体妨害行為に対し、現地裁判所から禁止仮処分決定を受けた。

関連投稿

1

神奈川県で活動する神原元弁護士と同映画を演出した朴寿男(パク・スナム)監督らは6日午後、横浜弁護社会館で記者会見を行い、この日横浜地裁からこうした決定を得たと明らかにした。

神原弁護士は「今月8日、横須賀の上映を控え、全国で140人の弁護士が力を合わせ、上映会主催側の代理人として4日、右翼団体の接近を制限する仮処分を申請し、今日、裁判所の決定を受けた」と説明した。

該当右翼団体は「菊水国防連合」で、横浜地裁は上映場で半径300メートル以内の街頭宣伝など一切の妨害行為を禁止する内容の仮処分決定を下したと、神原弁護士は説明した。



                ご支援よろしくお願いします。
               




2

裁判所は、「該当時間に具体的には集会をしたり、街頭宣伝車やスピーカーを使う行為、または大声を上げるなど上映活動を妨害する行為をしてはならない」と判決した。

弁護士たちが意気投合したのは先月28日、映画'沈黙'の横浜上映会で、右翼団体の宣伝車が登場し、右翼団体の会員が「特攻服姿で乱入」する事態があったからだ

これに先立ち、今年10月に神奈川県茅ヶ崎市にある市民文化会館で、この映画の上映を控えた時点では、茅ヶ崎市とこの市の教育委員会に抗議が殺到している。

神原弁護士は「日本の加害責任を直視しなければならないという映画上映会を、暴力と脅迫で圧迫する行為は憲法に保障された表現の自由を侵害するものであり、民主主義社会の根幹を揺るがすという点で到底見逃すことができなかった」と仮処分申請理由を説明した。


 韓国の反応 



日本にも、まだこんな正常な考えを持つ弁護士が居るのですね



・日本の良心が動いています



・日本も人が住んでいるね



人間の尊厳性を弁護する日本人140人の弁護士を尊敬します



・慰安婦映画製作の上映はもとより、実際に献身的に真実を明らかにする先頭に立った日本の弁護士と市民団体を評価しなければならない



倭国には、こんな狂った右翼が多い



日本人にでもあんなに良心的な人がいるんですね



・140人の弁護士さんありがとうございます



日本では、こんな正常な思考をする人が少数というのが現実。右翼団体は狂った事を当たり前の様にしている



ありがとうございます。狂った右翼と最後まで戦ってくださって



・140人にものぼる日本の知識人たちがいるのが驚き、その勇気に拍手



日本の様なごみの汚物の中でも花は咲くよ



・ありがとうございます。日本にも生きている良心がありましたね



・140人の日本人弁護士に感謝します



・日本にも良心的な方がいて幸いです



この弁護士さん達は、百済の子孫かもしれない



日本人だからと言って、全てが悪人では無いです。日本にも善良な人はまだ多い

引用元記事:https://bit.ly/2L2GRdV

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース