海外の反応 


日本海上哨戒機、軍艦上空の低空飛行は、異例
光学カメラだけ作動した...電磁波放射なし

韓国海軍駆逐艦が日本海上哨戒機(P-1)を射撃統制レーダーで照準したという日本側の主張を、軍当局が否定した。

1

安相旻(アン・サンミン)合同参謀本部作戦2所長は24日、国防部の定例会見で、「韓国海軍が日本哨戒機を追跡する目的でレーダーを運用した事実はない。その点をはっきり申し上げる」と述べた。

これに先立ち海軍は20日、東海(日本海)上で北朝鮮漁船が漂流中という救助信号を受け付け、駆逐艦広開土大王(3200トン級)を急派して救助作業を行った。

日本側は、この過程で広開土大王艦の射撃統制レーダーである追跡レーダー(STIR)が、日本の哨戒機に対して意図的に狙いを定めた危険な行為をしたと主張した。

一方韓国軍は、広開土大王艦が3次元レーダー(MW08)で広範囲な区域を探索したが、追跡レーダー(STIR)を作動しなかったという立場だ。



ご支援よろしくお願いします。
               




2

特に、当時、日本の哨戒機は、肉眼で確認できる距離まで低空で飛行したという。韓国軍は、日本の哨戒機が非正常に艦艇の方に接近すると、光学カメラ装備でこれを識別した。

光学カメラ装備は気象条件が悪かったり、夜間に物体を把握する装備で追跡レーダーに付いている。軍当局は、光学カメラ装備が回り、追跡レーダーが哨戒機に向けられたが電波は出なかったという立場だ。

安所長は低空飛行について「通常、一国の軍艦上空で哨戒機が通過するのは異例の飛行」とし「韓国の駆逐艦は、こうした日本哨戒機の特異な行動について遭難船舶探索のため運用していた追跡レーダーに付着している光学カメラを回して日本の哨戒機を監視する事に成ったが、その過程で一切の電波放射はなかった」と明らかにした。

続いて「このカメラを作動すれば、STIRアンテナが動くようになっており、レーダー調査のためには別途艦長の承認の下、調査を行うことになるが光学カメラだけが作動しただけで、電磁波の放射は一切なかった」と強調した。

それとともに「探索及び射撃統制レーダー(MW08)は、用途は対艦および対空探索のための用途で使われている」とし「海上の水上接触物と空中の航空接触物を同時に探索できる機能がある」と付け加えた。

安所長は「(日本側は)STIRレーダーを今問題を提起している状況」とし「(韓国駆逐艦はレーダーを)照射しなかった」と述べた。

さらに、軍当局は、「日本側が哨戒機で広開土大王艦に意図を聞いたが、応答がなかった」と主張したことに対しても反ばくした。

アン所長は「無線交信と関連しては、一部の通信内容が認知できた」とし「しかし通信強度があまりにも弱く、雑音がひどい為、われわれが認知していたのは「コリアコスート(Korea coast)」という単語だけを認知し、遭難船舶の救助状況の際、その周辺に海洋警察の艦艇があったため、海洋警察の艦長を呼び出すことにした」と明らかにした。

韓国軍が公開した無線内容を照らしてみると、日本側が船舶の救助過程であることをすでに知っていたと判断される。 両国が主張する内容が異なるだけに、この問題は今後、真実攻防につながる恐れもある。

一方、訪韓中の金杉健治日本外務省アジア大洋州局長は同日、金容吉(キム・ヨンギル)外交部北東アジア局長と局長級協議でレーダー問題を提起し、再発防止を要求するとみられる。 同日の協議では、両国は強制徴用賠償判決など、韓日関係の主要懸案について意見を交換する予定だ。


 韓国の反応 



日本は友邦ではない、日本は韓国の軍事的反応を試し、 暇さえあれば文句をつけ、軍事的に脅かすことになるだろう。日本は軍事力が強まれば、歴史的に韓国を侵奪した



韓国軍艦の上空を日本の哨戒機が低空飛行... これが本当ならむしろ我々が怒らなければならない状況ではないか? 不快すぎるね



・人でもない日本人に、一々対応すれば答えられない



むしろ、日本の哨戒機が韓国側の軍艦に低空飛行で威嚇飛行をした。これは宣戦布告と同じだ。国防部は直ちに日本政府に抗議しろ



・彼らが朝鮮時代に使った奸計をまたそのまま使って居る



・ただミサイル発射して撃墜していれば



最初に低空飛行をして挑発をした日本の哨戒機をレーダーで捕えようとしたのだろ?



日本の目的は明らかだ。自国内の不満を海外に向けようとする小細工だ。幾ら日本側に説明をしても、彼らは難癖をつけて混乱を引き起こしている



・公海上で「他国の領土」に属する軍艦上空で。威嚇・低空飛行をしたことを突き詰めなければならない



日本が戦争可能な国に改憲するには名分が必要だ。これ以上北朝鮮を利用できない日本に残ったカードが嫌韓、日本が韓国の軍事的脅威を公式に言及したのは、今回の事例がほぼ最初。

日本国内の改憲友好世論を引き上げる為に、これからも韓国を叩き続ける。

日本の攻撃可能な軍事大国化は、すべて中国の為だというのが公然たる事実だが、それに対する改憲の名分は容易な韓国を利用する。もしかしたら今回の事件は、日本がわざと誘導した作戦かもしれない



・日本はつまらない事をしていないで、成人ビデオでも作れ



これは撃墜するべきだった。哨戒機が低空飛行をしてくるなら、駆逐艦が撃沈される可能性もあった



・どうして話が変わるの? 前日にはレーダーを使ったこと認めたでしょう?wwww凄く寒いね



撃墜すべきだった



・反日感情でショーをするのを見ると本当に発展がないね



・数週間にわたって漂流し、骨までむき出しに成って力尽きた北朝鮮人を、健康回復もなく何故帰らせたのか?

救助したという北朝鮮船員を、20日夜に救助したが、22日午前11時に板門店通じて送還した。何週間も食べられず、はなはだしきは水も飲めなかった状態だったのに、何故急いでかえしたのか?

彼らを回復させ、点滴でも打って、食事を与えて体重を増やしてから、チョコパイでもお土産に持たせて返すべきだったのに、20日夜に救助して、何故翌朝に送り返した?何か隠したかったのか?



・日本が韓国について、北朝鮮と海上で不法取引を行っているのを追跡しているのではないか?日本は以前にも北朝鮮船舶が海上で油を運ぶのを捉えたこともある

引用元記事:https://bit.ly/2AfJNzQ

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース