海外の反応 韓国


日本植民地時代、ソウル市最大の事業は、「屎尿集め」...経常支出の81%

2016年、ソウル市の財政で最も多く占める部分は何だろうか?全体の予算で34.7%(8兆3893億ウォン)を占める福祉事業である。

1

 次に、時計を逆に日本植民地時代の1910年代にはどうだろうか?ソウル歴史編纂員が「ソウルと歴史」93号に収録する研究論文を見ると、答えが出てくる。

 当時京城府(現ソウル市)の最大の仕事は、「くそ・尿汲み」だった。京城府経常支出の81%を占めた。

 1910年代中糞尿片づけるは経常支出の半分以上50%を上回った。今日で言えば、ソウル市の最大の予算が「屎尿収集」に入ったわけだ。

 以来、他の項目の大幅増額で糞処理コストは10%台に落ちた。しかし、糞の処理費用は、水道費や事務費と共に、支出上位3位内に入るほど財政で相当部分を占めている。



                ご支援よろしくお願いします。
               




京城府は衛生事業を拡大し、1935年から屎尿回収手数料を導入し、1936年には、市の清掃義務を規定した「朝鮮汚物小制令」が公布される。

 回収した「屎尿は光化門の外の新堂里と摩耗の処分場に集めたが、肥料会社や農場、個別農家に販売した。

 しかし、全体的に肥として屎尿の需要が日本の大都市の様に高くなく、いつも処分場の「屎尿停滞」が問題になった。化学肥料の導入、コレラや寄生虫などの衛生問題で、後ずさりしながら肥料としての価値は下落した。

 「屎尿回収」の問題は、植民地全体京城府の騒々しい問題であった。

 京城府は屎尿収集が正常に行われず、屎尿処分場の為に近くの住民から受けた被害、肥料会社に対する特恵と京城府の賄賂授受問題、1935年に屎尿回収手数料の導入などで頭を悩ませた。

スレ主

日本は朝鮮半島を半分に分けて支配しようという、清とロシアの提案を断って戦争をして勝利し、亡国朝鮮を併合しました。

日本が提案を承諾したら、今の朝鮮半島は北朝鮮よりもっと悲惨な貧国です。そして日本は、病院、学校、銀行、鉄道、道路、港湾などのインフラを敷き、朝鮮を近代化させましたが、日本は、朝鮮人の安い糞尿を処理する為に、赤字経営だけをして帰りました。

戦後、日本の高等教育を受けようとする人材が韓国を導きました。そこに日本の支援金と技術支援があったから電子、自動車、鉄鋼の様な韓国の基幹産業が大きくなりました。文化産業も日本の影響をたくさん受けたんです。

一方、ドイツは、ヨーロッパの勝戦国とユダヤ人にだけ謝罪し、アフリカ植民地には謝罪と賠償もしたことがありません。

植民地国家に謝罪して賠償した強大国は、歴史上日本しかありません。こんなにありがたい国がまたどこにあるんでしょうか。


 韓国の反応 



・このスレ主は日本語が話せるの?wwww



日帝の残した糞が、こんなスレを書いて居る



この親日の糞も片付けなければ成らない



・糞は自分で片付けろ



・親日派が来たのか



・そんなに日本が良いなら、日本に行って生きろ



・こんな安易なスレを立てて・・



・さあみんなで糞をしよう



・自分が生まれた国には適応できず、自分が生きたい国にはお金がなくて行けないんだ。哀れな人生ですね



・こんな文を書いて皆から悪口を言われて

引用元記事:https://bit.ly/2QPb1HL

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース