海外の反応 韓国


哨戒機の映像公開は、「明確な証拠はなく論議の口実」

韓日軍事当局が27日、「レーダー対立」の誤解を解き明かそうとして実務級テレビ会議を開いた翌日の28日、日本が証拠があるとして映像を公開、政治的に活用しているという批判ばかりが大きくなった

1

一回開かれた実務級テレビ会議で立場の相違を確認し、後続論議を行うことにしたが、日本の政治的状況とあいまって、この葛藤は簡単に解決できそうにない。

30日、外信によると、日本防衛省は、韓国政府の反発と韓日関係の萎縮を憂慮し、海上哨戒機P-1が撮った当時の映像を公開することに慎重でなければならないという立場だった。

しかし、安倍晋三首相は27日、岩谷毅防衛相を首相官邸に呼び動画を公開するよう指示した。



                ご支援よろしくお願いします。
               




1

日本国内の専門家も、安倍首相が最高裁判所の強制徴用賠償判決と和解治癒財団(慰安婦被害者および遺族支援財団)解散決定に対する、安倍首相の腹いせと考える

特に、韓国海軍駆逐艦がP-1に追跡レーダー(STIR)を照準したという日本の主張を韓国が全面的に否定するや、不満世論が爆発したが、最近急落した支持率を挽回するための意図もあるということだ。

しかし、防衛省の映像公開はさらなる議論の火種を残した。多くの専門家たちは、防衛省が公開した13分7秒の映像で、レーダー照準の有無を知ることができず、低空飛行をした証拠だけを自ら公開したと見ている。

韓国側は、「照準論議を終わらせるためには、周波数情報を公開すればいい」とテレビ会議で日本に要求したが、「日本は、自分たちの監視能力を公開するのと同じだ」と拒否した。

日本側は公開した映像と同様に、自分たちの主張を立証する根拠を出せずにいる。映像の中で自衛隊隊員の一部の交信内容などは非公開にするため、効果音で処理されたりもした。

映像を見ると、広開土大王艦は北朝鮮の遭難船舶を救助しており、その横には韓国側の海警艦艇が1隻浮かんでいる。北朝鮮船舶の横にはゴムボート2隻が一緒に浮いている。

P-1は広開土大王艦に500メートルまで接近するが、高さは150メートルぐらいだ。海軍は、基準より毎週低く接近し脅威を受けたが、日本の哨戒機なので友軍と判断したという。

日本は、航空機が海水面から150メートルまで下がるなという国際民間航空機構(ICAO)の協約を守ったと主張したが、韓国軍は軍用機には適用されないと反論する。

映像を見ると、P-1機長が広開土大王艦に向かって何回も「This is Japan Navy」(これは日本海軍だ)と話す。 「日本海上自衛隊」(JMSDF・JapanMaritimeSelf-DefenseForce)の用語は使わなかった。

軍の関係者は「このような用語を使うのは別の意図が隠れていると推定される」と述べたが、日本の海上自衛隊が自らを海軍と呼び、自衛隊ではなく軍隊を持つための本音という分析も出ている。


 韓国の反応 



日本との敵対関係は、ムン政権が願って居る事なのでは無いの?



第2講和条約と見なければならない。日本は自衛隊の基準を超えて海軍という名称をつけた。これは第二の強化も不平等条約だと間接的に提示した事件と思われる



・日本の哨戒機なので友軍という論理は一体何ですか?日本であろうと、我が国の安保を脅威すれば敵軍です!



これは韓日葛藤ではなく、一方的な日本の主張でありこじつけだ



・南北統一だけが中国と日本を乗り越える道だ



・国の状態ではないですねww よくある遺憾表明さえできない



・ムンジェインの外交能力、国際関係は国際的カモ



・日本がここまでするなら、小細工



・左派大統領のムンジェインは、年末だから休むって?



日本メディアが公開した動画のコメント欄を見ると、日本人の団結力がすごい。証拠能力のない映像を見ながら、勝った様な姿勢を見せて、 韓国人と韓国政府は毎回嘘ばかりと言っている



「レーダーの情報が機密なので公開できない」という日本の話は理解出来るのか? 感知しなければならない信号を感知したというが、それがどうして機密なの? もちろん感知できなかったら機密では無いだろ



ジャパンネイビーの発音もできないのに海上自衛隊の英語発音はどう?(笑)



・我々も強く抗議しろ



支持率の落ちた安倍やムンジェインにとって、これほど良い好材料は無いだろう。起こった民心を相手国にぶつければ良いのだから



・韓国が超強大国にならない限り、日本の政治家は我が民族を苦しめます



・何故撃墜しなかったんだ?

引用元記事:https://bit.ly/2s1vIkN

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース