海外の反応 韓国


強制徴用被害者達が、三菱重工業の韓国内の資産差し押さえ手続きにも乗り出す。最高裁の判決にもかかわらず、三菱側が強制徴用被害者に損害賠償金を支給していない為だ。終判決が出る前に三菱は敗訴に備えて、大部分の有形資産を本国に送ったが、被害者側は無形資産である特許権などを探し出し、賠償金の強制執行に乗り出す方針だ。

1

強制徴用被害者側の弁護人は2日「大法院の最終判決が出たにもかかわらず、三菱は被害者たちに賠償金を支払う考えはない」とし「有形資産はほとんど横取りしたが、国内に残っている三菱の特許権など無形資産を捜し出し強制執行に乗り出す方針」と明らかにした。最高裁判所の判決によると、三菱は訴訟を起こした強制徴用被害者の金ソンジュさんなど5人の被害者や遺族に計5億6208万ウォンの賠償金を支給しなければならない。現在進行中の裁判まで合わせると、賠償額はさらに増える見通しだ。

国内に登録された三菱の特許権は約100件に達するとされており、特許権の価値はまだ推定されていない。 弁護人は「現在三菱特許権など国内に残っている資産を整理し、整理作業を進めている」と述べた。弁護人団は4日、三菱の強制執行に関する内容を話し合い、このような内容を確定する方針だ。



                ご支援よろしくお願いします。
               




2

三菱が保有した特許権に対する強制執行の手続きに入れば、産業銀行などの専門機関で特許権の価値を算定することになる。 該当特許権に対する強制執行の手続きに入れば、三菱が該当特許権を通じて国内で行う企業・営業活動が停止される可能性がある。

また、これまで該当特許権で利益を得た部分に対しても、新たに特許権を獲得した側で利益を配分してほしいと要求する訴訟が可能だ。 ある弁理士は「特許価値算定後に特許権を販売するまでの長い時間がかかるが、三菱の立場では企業活動に制約になる」と述べた。

弁護人団は三菱に対する強制執行のデッドラインに来る「3月1日」を有力に検討中だ。被害者側の弁護人は「今年3月1日までに三菱から賠償金支給に対する返事がなければ強制執行に乗り出す計画」とし「被害者がむしろ和解の次元で外交問題を考慮していなかったが、三菱はむしろ逆行している"と批判した。

弁護人団によると、三菱の様に「賠償金を支給せよ」と言うう判決が出た新日鉄住金に対し、強制徴用被害者側は最近裁判所に強制執行を申請した。 新日鉄株金は三菱とは違い、国内企業ポスコとの合弁法人は「ポスコ-ニッポンスチールRHF」(PNR)の株式234万株あまり(約110億ウォン)を保有している。 最近、該当株式に対する損害賠償金の強制執行を裁判所に申請しただけに、裁判所側が該当申請を検討した後、新日鉄住金側に送達すれば直ちに執行することができる。

ただ、三菱と同様に、新日鉄住金の国内資産差し押さえも、実際に差し押えを執行して現金化する過程まで、相当な時間が予想される。 最高裁の確定判決が出ただけに、損害賠償金の強制執行は別途の裁判の手続きを経なくても済むが、株式を差し押さえても公売の過程で時間がかかる見通しだ。

その前に三菱と新日鉄株金が異議申し立てをするなど、日本当局での反発も予想される。日本政府は1965年の韓日請求権交渉ですでに賠償済みだと主張し、損害賠償請求に対し「国際法違反」と対立している。

このため、法より外交的に解決するのがより容易だという分析が出ている。 しかし強制徴用被害者と遺族側では「外交部の安逸な対処をこれ以上待つことはできない」と指摘されている。

チェ・ヨンサンアジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会代表は「外交部がむしろ被害者を捜す努力を怠っている」とし「過去事を正すという現政権がむしろ遺族と被害者の力をさらに弱めている」と批判した。 被害者側の弁護人も「外交部が強制執行と関連し被害者側、日本企業と調整しなければならないが、何もしない状況」とし「被害者ではなく外交部が韓日関係の悪化を招いている」と批判した。


 韓国の反応 



大韓民国の主敵は倭寇



三菱の立場からすれば、こんな賠償金は小銭なのに支払いをしないなんて負けず嫌いな奴ら



裁判に勝っても、日本の奴らが後ろから攻撃してくる可能性があるので、気を付けなければ成らない



・国内の土着倭寇を探し出せ



三菱は悪い企業だ。こんな国は世界から退出させなければ成らない



・これが国だ



韓国の主敵は、倭寇、中国である



三菱は、韓国から撤収すれば損をするだろう、自信があるのなら出て行け



・日本と断交しよう



・被害者救済の意志が見える



日本の哨戒機の因縁は、絶対に譲歩してはならない。現場にいる軍人が自律的に判断して攻守を判断できなければ、軍艦は沈められてしまう



三菱は敗訴に備えて有形資産を本国に送る?日本政府も日本企業もみんな野卑な奴らしか居ない



・いよいよ、韓国が国らしく変って来た



・日本との外交断絶も積極的に検討しなければならない



歴史を知らなかった時代、三菱ランサーエボリューションが欲しかったが、日本の蛮行を知ってからは情がぐんと落ちた



・他の戦犯企業の資産も差し押さえろ



・日本との歴史問題に対しては、顔色を伺わずに外交断絶も検討して、民族の恨みを晴らそう

引用元記事:https://bit.ly/2CIBVbE

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース