海外の反応 韓国


「レーダー」をめぐる議論について、国防部が日本側の主張に一つ一つ反駁の説明をつけた動画を作って公開しました。

[アンカー]

「射撃統制レーダーを使用した」という日本の主張は、事実ではないと繰り返し明らかにし、救助作戦妨害に対する謝罪と事実歪曲の中断を促しました。

1


[レポート]

昨年12月20日午後3時ごろ、韓国海洋警察が撮影した画面です。

東海上で漂流していた北朝鮮船舶と救助に乗り出した海洋警察のゴムボートが見えます。

遠くから広開土大王艦も救助作戦を支援しています。

この時、日本の海上自衛隊所属の哨戒機が広開土大王艦の上を飛んでいきます。



                ご支援よろしくお願いします。
               



海水面から高度150mほどの低空飛行で、500mの距離まで接近しました。

人道的救助活動という事実を知りながら、日本の哨戒機は艦艇の上空で様々な角度で撮影を続けます。

韓国軍は「乗組員が哨戒機の騒音と振動を強く感じるほど脅威的だった」とし「非紳士的な偵察活動」と指摘しました。

また「哨戒機の飛行高度が国際法に反しない」という日本側の主張も「国際法を恣意的に歪曲」した結果だと反論しました。

日本が提示した「国際民間航空協約附属書」の規定は、民間航空機の運航と安全のための規則であり、軍用機には適用されないということです。

国防部は哨戒機の無線に回答しなかった理由については、「雑音がひどすぎた」と当時の通信録音を公開しました。

日本が公開した録音音声と違って音質が大きく落ち、まったく聞こえなかったということです。

[当時日本哨戒機録音]
「Korean South Naval Ship. This is Japan Navy.(韓国海軍艦艇,ここは日本海軍だ。)」

国防部は「日本哨戒機に射撃統制レーダーを使わなかった」と繰り返し主張し、むしろ哨戒機の「常識外れの行動」を謝罪するよう求めました。

[崔賢洙・国防部報道官]
事実を歪曲する行為を止め、韓国艦艇に脅威的な低空飛行をした行為に対して謝罪すべきです。

国防部は、日本側に同事案を政治的に利用するのではなく、実務協議で事実関係の確認を求めた。

 動画!





 韓国の反応 



国防部は、ドキュメンタリーの様に、時間順で細かく反駁すべきで、ごちゃごちゃに混ぜながら、BGMを入れて扇動しているのか?



韓国軍は、独自の映像や無線の録音は無いの?どうして日本が提出した物だけを使って居るの?自信が無いから?



・日本の脅威飛行は、射撃レーダーを照準して、対空ミサイルで撃墜に値した



・国防部の反論が遅すぎて



この動画を見た安倍は何か言いたい事はあるのか?



・根気強く日本に反論しましょう



日本は国際ルールも知らないのに、意地を張る常識以下の面白い国



韓国海軍は何をしているんだ?こんな低空飛行で挑発されたのに、ミサイルで打ち下ろさないなんて・・



韓国軍には空母を運営する能力が無いので、ステルス多弾頭ミサイルの開発に拍車をかけ、空母とステルスを撃墜できるミサイルを開発しろ、そして原子力潜水艦が必要だ



この低空飛行の動画を見ても言い逃れをするなんて、日本人は片目が見えないのか?



・やはり、韓国の真の主敵は日本



日本が低空飛行をしたら、本当に射撃レーダーを稼働して撃墜した方が良い



・この問題をうやむやにしないで下さい



流石日本だ。奴らを絶対に信じる事も出来ないし、親しく成る事も出来ない



・日本は、我々の主敵に成る筈だ。備えなければ成らない



国防部が作った反論動画には、日本の奴らが押し寄せて、否定の評価を押して、悪口と誹謗で埋め尽くされている



・国防部は頑張った、日本に真実で押されるな



・政府は、国防白書に日本を「主敵」と明示し、強力に対応して、戦争も辞さない覚悟で日本の偵察機を撃墜しろ



・国防部の反論動画は、何か気が抜けたビールの様な感じだ

引用元記事:https://bit.ly/2VrPWBQ

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース