海外の反応 韓国


ハ・ヨンスが、戦犯旗をめぐる議論について説明した。

映画「あなたの名前はチャンミ」に出演した俳優ハ・ヨンスは1月8日午前、ソウル鍾路区八判洞のあるカフェで行われたインタビューで、戦犯旗をめぐる議論について言及した。

1

ハ・ヨンスは昨年7月、ロシアを旅行しながら撮った写真をSNSに掲載したが、戦犯旗を連想させ、ネットユーザーの批判を受けた。

当時、ハ・ヨンスはネットユーザーの指摘に対し、「サーカス場のフォトゾーンパターンが集中線上にあるため、その通りです。 私も敏感に考える部分なので、彩度を低めて上げました。元々は真っ赤な色です」と釈明したが抗議が続き、結局「集中線の形だけで深刻な論議になれば削除する」と該当写真を削除した。

これと関連し、ハ・ヨンスは「旭日旗ではなかった」と口火を切った。 ハ・ヨンスは「恥ずかしいと思わなかった。不快に思った方々に申し訳ないが、結論的に旭日旗ではなかったので、恥じる必要はないと思う」と自分の見解を堂々と述べた。



                ご支援よろしくお願いします。
               




2

ハ・ヨンスは「韓国が好きで、寄付も奉仕もし、基本的な教養を常に守っていると思っている為、写真一つで、私という人が評価されるというのが残念だが、それは私の所管ではなく、私を見る視線なので、だからと言ってきれいに見逃してほしいと強要することはできない」と自分の所信を露にした。

続いて「やむをえず皆がそうであるように、私を好きであり続ける方々もいるだろうし、嫌う方々もいるはずだから、いちいち私を無条件に好きになってほしいというには、世の中に広すぎる多様な考えを持っている方々が存在し、その考えをすべて尊重する」と付け加えた。

最後にハ・ヨンスは「記者の方々がどう思うか分からないが、その点については恥ずかしい部分がない」と改めて強調した。


 韓国の反応 



この様に日本とはあまり関係のない状況で、偶然集中線の模様が似ているように見えたとして、謝罪までしなければならないというのは強引で無理な主張だ。未だに韓国人に思い出す痛みと傷と迷惑を与える猿のせいにしよう



・自分も気になって彩度を低めたりするなら、Snsに上げなければいいのに、凄く真面目だね



・韓国が好き?何という病気のインタビューか



韓国国民なら誰もが戦犯旗に悪い感情を持っていることを知っていながら、自分の言い訳だけに汲々としているのではないか...



・議論になる部分と知って、採度を低めるのか?



・間に日の丸があるわけでもないし、あの集中線があると無条件旭日旗というのはちょっと違うように...



旭日旗が大韓民国の国民にどれほど大きな傷かを先に考えたなら...あんなミスしても堂々としていられるか?



・1.論議になるとは思わなかった:旭日戦犯旗がどういう意味か知らないという歴史に対する鈍感さ
2.論議になると思って写真を撮って上げた:旭日旗の集中線に対して感じる反感を単純な「見たくない」程度に思う、そんなあがき



韓国を愛するということと、戦犯旗を連想させるデザインを遠ざけるということとは全く別の問題ではありませんか?



旭日旗ではないかも知れないが、韓国の有名芸能人があえて日本帝国主義を思い浮かべるような模様で写真を撮らなければならなかったか?




・これは、誰が見ても戦犯旗を連想するのだから、批判されても仕方が無い



それほど日本の蛮行は想像を絶して、敗戦後にも反省がないからだ



本人も論争になることが予想されていたら、上げないのが正解ではないか?て載せて論難の種を作るなんて



・韓国を愛してるから恥ずかしくない?いったい何の話なのか...



・とにかく軽率だ



本人もUPする前に戦犯旗を連想したそうじゃないか、それがもっと恐ろしい



戦犯旗は、我々にとても残酷で、痛恨の深い傷を再び蘇らせる

引用元記事:https://bit.ly/2TDcVIz

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース