海外の反応 韓国


安倍晋三首相の最側近の人物が最近、米国訪問で韓国政府の外交政策と関連して、暴言に近い暴言を吐いたことが確認された。

1

日本のNHKテレビ・TBSテレビなどによると、自民党の河井克行総裁外交特別補佐は8日(現地時間)、米ワシントンのシンクタンクハドソン財団招請講演で「先月の東海上で韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に向けて射撃統制レーダー(STIR)を稼動した」という主張を繰り返し、「韓国側が友好国としてはありえない態度で一貫している」と非難した。

河井特別補佐官は「軍を含めた韓国社会全体には、日本にはどんなことをしても許される、という認識が蔓延している」とし「韓国側はまだ(レーダー稼動)事実を認めさえしていない」と主張したりもした。



                ご支援よろしくお願いします。
               




また、韓国の最高裁が日帝強占期の徴用被害者が日本企業を相手に起こした損害賠償請求訴訟で被害者たちの手を上げ、日本企業側の賠償を命じたことについても、「韓国の対応はおかしい」と批判した。

河合特別補佐官はまた、「近年、韓国が中国・北朝鮮陣営に傾いており、強く憂慮される」とし「米国に同盟国の核心として重要な役割を果たすことを要請したい」と述べた。 事実上、徴用被害者補償、哨戒機問題など一連の韓日間の対立懸案の解決に、「米政府も介入してほしい」ということだ。

こうした中、河井特別補佐官はこの日の講演で、中国の東・南シナ海など海洋進出の拡大に関し、「日米同盟を通じて効果的に対処しなければならない」とし「ロシアと日本の平和条約締結論議もすべての潜在的脅威である中国に対処する為の物」と主張した。

しかし日本が第2次世界大戦の終戦以降、ロシアが実効支配している北方領土に対する領有権を主張し、これまで日露平和条約締結の障害になってきたことを勘案すれば、河合特別補佐官の発言は「意図した誇張または歪曲」という指摘を受けるに十分だ。

川井特別補佐官は、日本の与党自民党所属の7選衆院議員で党総裁である安倍首相の「核心補佐官」の一人で、日本のマスコミは彼の外交関連言動を安倍首相の意中を反映したものと解釈している。


 韓国の反応 



・やはり 日本の自民党と、自由韓国党は 同じ考えですね



野卑なやつら



日本の方がもっと変だろ、また戦犯国に逆戻りをしているでは無いか



・狂った...安倍が正気じゃない



大国に泣き付くなんて、子供みたいだ



・政治的に反日扇動して、従北的なムンジェインが一番問題だ



日本がアメリカに物乞いか、政治が汚い



北朝鮮も韓米日同盟を崩したくて、日本の安部も軍事大国に成りたくて、内心韓国を外したがっている



・それで日本は、李明博、朴槿恵時が好きだった



・安部よりムンジェインの方がもっと問題だ



ムンジェインも変だし、安部も変だよ、二人とも怒ってみないと気が済まない



・日本も嫌いだが、最近我々の国も変なの



日本は韓国民をスカウトし、仕事を与え、日本に連れて行って暮らせるように月給を与えるが、ムンジェインは、韓国国民の働き口を奪い、外資と難民に与えている。誰が主敵なのか



・日本は生まれつきからおかしい、本当におかしい



・親日売国党から清算しなければならない



・変なことは日本だね



・核を2発で叩かれても正気でない奴ら



日本政府って可笑しい、自分達の思い通りに成らないと、相手を全て変人と見て居る



・島国の奴らは、自分が強くなれば米国ですら殴る奴らだ。そんなDNAが流れて居る。真珠湾奇襲を見れば分かるだろ

引用元記事:https://bit.ly/2H3w98N

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース