海外の反応 韓国



「日本に訓戒するのか」激昂した反応も
日本、国際手続きを踏んだ後、全方位に圧力を加えられる可能性

●最高指導者レベルの認識と決断が切実

ムンジェイン大統領は10日、新年記者会見で韓日関係について原則論に立脚した断固たる立場を示しながら「日本政府は謙虚でなければならない」と強調した。

1

ムン大統領は慰安婦問題や徴用賠償問題など過去の歴史に起因する懸案について「日本の政治指導者が彼らを政治争点化して、論争を広げることは賢明な姿勢ではない」と日本を真っ向から批判した。

徴用賠償問題と関連しては、「三権分立体制の下、政府が司法府の判断を損ねてはならず、尊重しなければならない」と強調した。

ムン大統領のこのような言及と立場は、直ちに日本政府と世論を刺激する可能性が高い。ムン大統領が問題の解決策よりも、日本政府を批判することに重きを置いたためだ。ムン大統領会見を直ちに報道した朝日新聞のインターネット版記事のタイトルは「韓国大統領が日本批判」政治家が争点化、賢明ではない」だった。



                ご支援よろしくお願いします。
               




2

日本政府とマスコミ界の知韓派はニューシスに「韓国大統領が日本を訓戒するのか」「韓日関係の未来を語りながら過去に戻って政治争点化は方は、日本より韓国ではないか」と激昂した反応を見せた。

ムン大統領の新年会見で韓国政府が韓日関係懸案に対する原則的な解決策を強調することが明らかになるにつれ、ただでさえ厳しい寒気のような韓日関係はさらに冷え込む可能性が高くなったと言える。

今の韓日関係は、両国の国交樹立以来最悪の状況だと、多くの専門家が診断している。両国の葛藤関係が構造的で多層的であるため、解決策も容易ではないという指摘だ。ムン大統領が同日の会見で表明した韓日関係の認識にも、この様な点がよく現われていると見ることができる。

今、日韓間には慰安婦問題と強制徴用賠償判決問題,、日本の哨戒機の低空飛行に関する「レーダー葛藤」まで突出している。 さらに、独島(竹島)問題や日本の歴史教科書歪曲問題のような長期間の慢性病まで考慮すれば、韓日関係はそれこそ一寸先も見えない。

韓国最高裁判所の日本植民地支配期の徴用賠償判決に続き、当該日本企業に対する差し押さえ承認が下されたことに対し、日本政府は9日、直ちに反発しながら、韓国に政府間協議を要請してきた。 もちろん、駐日大使も招致した。李秀勲大使は、17年10月の赴任後1年2ヵ月の間、4回も日本の外務省に呼ばれ、日韓関係の冷水を十分味わっている。

韓国政府はひとまず、日本側の要請を綿密に検討し、対応するという立場を明らかにした。しかし、日本の要請どおり政府間協議に応じるとしても、ここでこの問題が明快に解決される可能性は、現在のところ希薄だ。

読売新聞は10日、日本政府がこれに備えて国際裁判専門弁護士の選定など実務的な準備を進めていると報じた。 これも韓国政府が応じない場合、何の実効もないが、日本政府としては国際的な手続きと規範を踏むことで、国際世論を自分に有利に導こうとする計算と読める。

こうした手続きと方法が問題を解決できない場合、日本政府は結局、政治・経済・外交的チャンネルで韓国に対する全方位圧力を加える可能性もある。このような局面まで進むことになれば、韓日関係は想像し難い状況にまで追い込まれるかもしれない。

両国間の「レーダー葛藤」も日増しに悪化している。韓国は日本哨戒機にレーダーを照射した事実はないとし、むしろ哨戒機が脅威的な低空飛行をしたという主張であり、これを国際社会に伝えている。

日本側では、軍事機密という理由でレーダー周波数の公開をはばかっているものの、一部ではこれを公表し、韓国を圧迫すべきだという主張も少なくない。今回のレーダー問題のようなことは、韓日関係が順調な時は一つのハプニングになる恐れもある。 しかし、このような問題がますます大きくなっている事実自体が、現在の韓日関係では小さな事件もいくらでも引火性が大きくなりかねないことを示す生々しい事例になっている。

ムン大統領は、北朝鮮との関係改善努力の半分だけでも日本に注がなければならない。また、安倍首相は自分が総力を傾ける日本の「正常化」は、日本軍国主義の最大被害者である韓国に対する歴史認識の深さを加えずには難しいという事実に気づくべきである。

しかし、両国指導者の新年記者会見ではこの様な努力と認識が見つからず、両国関係は当分の間、厳しい寒さを免れそうにない。 4日にあった安倍首相の新年会見では、「韓国」という単語自体がまったくなかった。


 韓国の反応 



ムン大統領を積極的に支持します。日本の新聞を代弁する国籍不明のマスコミも整理しましょう



・歴史を忘れた猿にバナナはない



ムン大統領を積極的に支持します! 学べなかった日本に堂々と対応してください!



日本という国は、立場を変えて考える事を知らない無礼な国家だ。韓日条約や慰安婦交渉、日帝支配35年間の長い歳月の間、我々をどれだけ苦しめたかを先に考える必要があるだろ



・我々の主敵は日本だ



韓国が必ず日本と未来をともにする必要はない



日本の奴らが激昂した反応を見せるというのは、ムンジェインが上手くやったからだろ



北朝鮮よりもっと脅威的なのは日本であることがはっきりしてきた。まだ日本を信じるのか? 日本は韓国の友邦ではない。韓国国民は倭寇、壬辰倭乱、壬午軍乱、韓日併合等、侵略の歴史を絶対に忘れてはならない



・パククネは日本の言う通りに、直に日本の話をよく聞いて居たが、ムンジェインは、日本の話を聞かないので、安倍が激怒したのだろう



ムン大統領は好きではないが、日本に強硬に対応するのは本当に良いことだ



ムンジェイン政権と、その支持者たちは、北朝鮮と日本に関して徹底的に二重の尺度を持っていることが、日本にさらに名分を与えています。

日本に強硬に出るなら、北朝鮮にも強硬に出なければならないのに、北朝鮮には韓国政府が物乞いまでする形です。

日本に無条件強硬に出ることを、まるで何か正義求賢するように恩着せがましく振舞っているのに、北朝鮮には過去を忘れて未来に行こうと嘘をつきながら、100年近く前の日本の問題はなぜ忘れられないのですか?



・韓国が反日をすると、むしろそれに中国、北朝鮮が一番喜んでいることなんですけどね



・反日扇動された赤天国



・北朝鮮に韓国戦争を賠償して謝罪し、北朝鮮を民主化するべきだ。君たちの好きな民主化



中国や北朝鮮の仕業には何も言わず、主体思想派の作戦が的中していくんだな



ムン罪人の反日感情助長にうんざりだ。支持率が下がり、経済問題が悪化したため、国民の関心を外に向ける為に、反日扇動をしている

引用元記事:https://bit.ly/2AGbf9V

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース