海外の反応 韓国


李洛淵(イ・ナクヨン)首相が、韓日関係に対する発言の水位を高めている。今年3・1運動(独立運動)と大韓民国臨時政府樹立100周年という点とともに、最近強制徴用被害者賠償判決とレーダー照準葛藤などと関連した日本の度を越す攻勢に積極的に対処するという意志と読める。

1

李首相は、今月12日、義巌の孫秉煕(ソン・ビョンヒ)先生の墓地を参拝した席で「日本が指導国家にふさわしい尊敬と信頼をアジア国家から受けることを望む」とし「日本は過去の前で謙虚でなければならない」と述べた。

義巌の孫秉煕(ソン・ビョンヒ)先生は、忠清北道清州生まれで、民族運動を繰り広げた。1919年3月1日には、民族代表33人の代表として独立宣言式を主導し、この過程で日本警察に逮捕され、2年間投獄された。

今回の参拝は、大韓民国の首相として初めて、1956年3月1日に李承晩(イ・スンマン)大統領が参拝して以来、初の高官訪問となる。

李首相は「今年3.1独立運動および大韓民国臨時政府樹立100周年を迎えて、民官がともに大韓民国の過去100年を振り返り、未来の100年を誓っている」とし「孫秉煕先生をはじめとする先烈たちの献身によって祖国は1945年に日本植民統治から解放されたが、祖国は南北に分断され、35年余りの被支配の傷はまだ残っている」と述べた。



                ご支援よろしくお願いします。
               




特に最近、韓国の最高裁判所が日本の強制徴用に対する賠償判決を下したことによる日本の右翼政治家の激しい反発に対し、「日本は過去に謙虚でなければならない」と指摘した。

李首相は「日本はアジアで最も早く近代化を図り、アジア指導国家に発展する過程で、日本は隣国を侵略して支配した」とし「その傷が少なくとも被害当事者の心にはまだ残っている」と述べた。

続いて「日本が指導国家にふさわしい尊敬と信頼を、アジア諸国からもらうことを願う」と付け加えた。

李総理は今月10日、国政懸案点調整会議の冒頭発言でも案件説明に先立ち「日本の指導者が国内政治的目的で自国民の反韓感情を刺激し、利用しようとしているという見方があるということを日本の指導者が分かってほしい」と不快感を示した。

これは最近、日本がいわゆる「レーダー葛藤」を国際紛争に意図的に拡散しようとする動きによるものだ。

日本側は「レーダー対立」を米国の仲裁で解決すると国際争点化させようとする姿勢まで見せ、自民党を中心にした右派政治家たちの強硬発言が相次いでいる。

李首相は「どの国も、国家間の関係も歴史上にあるものであり、その一方で未来を準備していかなければならない」とし」歴史に背を向けてもならず、歴史にのみこだわり、未来の準備を疎かにしてはならない」と指摘した。 続いて「韓日関係の望ましい未来のために、ともに賢明に対処することを期待する」と付け加えた。


 韓国の反応 



一日も早く日本の残滓を掃除しなきゃいけない



・素敵です。応援しています



猿たちの二重性に、本当に歯が震える。いつかは天罰を受けることを切に願う



土着倭寇党と支持者たちよ!これがまさに本当の保守だ!!



早く統一して倭寇征伐



・これで、国がまともに成って行く様だね。国内の親日残滓を絶てば未来がある



・次期大統領1位の李洛淵(イ・ナクヨン)大統領、今まで知らなかったが、李首相の発言をよく見ると、あまりにも貴重な人材だ



これから韓国の主敵は日本だ。1592年と1910年を決して忘れてはならない



・李首相の所信と明確な意見に共感



・韓国には、こんな総理がいるわ~~!!!!



・これが首相だ



・親日派の子孫政治参加禁止法を作ろう



首相様ファイト!売国奴、自由党が大韓民国から消え、日本から脱する日だ



やはり最高です。日本の顔色をうかがいながら見るずるい親日派の子孫とは質的に異なります。この機会に我々の主敵が誰なのかもう一度確認されました



今でも遅くない、親日派を清算して財産を没収して国庫に還収し、主敵が日本であることを満天下に知らせ、国を正さなければならない



・これまで口を閉ざしていた親日政権の低姿勢が問題だったんだよ!



・今からでも積弊勢力の親日派子孫たちが勢力を得る事が出来ない様に、力を合わせて歴史立て直しを願います



・虎視眈々と我が国を狙う島国の寄生虫達、寄生虫に付き添う土着倭寇



・日本の歴史は、他人の物を取り上げ、痕跡を消そうという歴史だ。我々の歴史は、韓国の物を守り、奪われた物を取り戻そうという歴史だ

引用元記事:https://bit.ly/2FrWqMv

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース