海外の反応 韓国


国防部は16日、「レーダー問題」と関連し、日本側の哨戒機(P-1)が探知したというレーダー情報を、両国の専門家が相互検証を日本側に提案したことを明らかにした。

1

軍のある関係者はこの日、記者懇談会を開き、「今月14日にシンガポールで開催された韓日将官級協議を通じて、日本側が哨戒機で収集したというレーダー周波数の特性を公開し、これを両国の専門家が相互検証することを提案した」と説明した。

これに対して日本側は即答をしなかったという。

今回の協議で、日本側は「自国の海上哨戒機が収集した情報と広開土大王艦の追跡レーダー(STIR)周波数全体を相互公開しよう」という立場を表明し、韓国側は「高度の軍事保安である軍艦STIRの周波数全体の情報を要求することは、非常に無礼であり、強引な主張だ」という立場を明らかにしたという。

軍関係者は「レーダー周波数の全体公開を要求する日本側の主張に対し、韓国は情報交換の非対称性を強調した」と説明した。



                ご支援よろしくお願いします。
               




2

特に韓国側は、日本の哨戒機が接触したレーダー周波数の特性を公開するよう繰り返し要求したが、日本は拒否したという。 この過程で日本側は、広開土大王艦のレーダー情報全体を要求し、韓国側は受け入れなかった。

また、日本側は当時、海上哨戒機のレーダー警報受信機(RWR)の警報音が鳴ったかについては「軍事保安」を理由に答えなかったという。

RWRはレーダー電磁波を音波に切り替える装置だ。日本が公開した映像には、RWR警報音は出ない。

韓国側は、日本が主張するレーダー周波数の特性など正確かつ客観的なデータを示すことを続けて要求している。

今月14日にシンガポールで行われた将官級協議は、第1回会議(韓国大使館・午前9時40分~午後1時)と第2回会議(日本大使館・午後2時~午後7時30分)に分けて行われた。 両方から10人余りが出席した模様だ。

韓国側は、日本側の一方的な主張と行動に強い遺憾を表明した後、日本哨戒機の低空脅威飛行問題を集中的に追及した。

軍関係者は「日本側に遺憾の意を伝えた」とし「2次会議では韓国の艦艇がSTIRを放射しなかったという事実を集中的に説明したが、主要争点については立場の相違があった」と伝えた。

同会議で、日本側は脅威飛行の客観的証拠の提示を要求し、韓国側は「P-1哨戒機の低空脅威飛行パターンの問題点を指摘し、これは国際的な慣例違反であり、非紳士的な行為だ」と問い詰めたという。


 韓国の反応 


・安倍と自民党は話が通じない



日本とはいかなる交渉も受け入れなければならない、帝国主義の復活を図る日本の側に立つ親日派をすべて国家反逆罪で処罰しなければならない。韓日併合の歴史を忘れてはならない



レーダー問題から見てはいけない、問題だと思えば日本の戦略に振り回されるのだ。これはレーダー問題として認識すること自体が誤った判断の始まりである。

日本の哨戒機が韓国の艦船に対して、低空飛行で無礼に飛行したという、許せない挑発行為である。韓国政府は、日本政府にこの厳重な事態に対して再発防止と、心からの謝罪を要求しなければならない



大韓民国の主敵は日本の猿



日本は、嘘、歪曲、捏造、工作の国



詐欺師たちが一番怖がるのは「原則どおり」にする事だ



日本は、どれほど韓国を後進国と見れば、くだらない挑発を繰り返すのだろうか?



・ゴミ日本の奴ら...



とにかく低空飛行で韓国の船舶を脅かしたのに、何故広開土大王艦は対応しなかったんだろう?撃墜するべきだった



・日本の言う事は嘘だと思ったら良い



・日本人は、黙って居る隣人を突然殴り、殴られた方が悪いと言う奴らだ



次回からは、哨戒機でも何でも近付いたら日本の物は、全て爆破してしまえww



・汚い日本の奴ら



・米国・中国の専門家も参加させるべき



今度同じような事態が起こったら、近接脅威の飛行防止のため必ず撃墜しろ!全国民が責任を取る



・日本の哨戒機は、ほぼ攻撃するような飛行だった。 びっくりするような脅威的な哨戒機、日本の行動の後には、常に計算が敷かれているので気をつけて慎重にして下さい

引用元記事:https://bit.ly/2T3geJe

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース