海外の反応 韓国


十分に拍手を受けるに値するゴールだった。しかし、消えたフェアプレーの為、その色が色あせた。

日本のサッカー代表チームがウズベキスタンに逆転勝ちをおさめ、組1位でベスト16入りを果たした。 日本は17日、2019アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ組別リーグF組の最終戦でウズベキスタンを2-1で下した。

1

勝負は1-1で拮抗していた後半13分に分かれた。 塩谷司がゴール正面から強力な左足ミドルシュートでウズベキスタンのゴールネットを揺らした。 ゴール網を激しく振った中距離シュートはそれ自体だけ見れば、拍手が惜しくないゴールだった。

しかし、色あせる理由があった。 ウズベキスタンのファズィル・ムサエフ(ジュビロ磐田)が倒れ、苦痛を訴えた状況に出たゴールだったからだ。 ムサエフは、先のコーナーキックの状況で、三浦健太(ガンバ大阪)と衝突し、顔部位を打たれて倒れた状況だった。



                ご支援よろしくお願いします。
               




2

コーナーキックの機会が霧散し、ボールは外郭に落ちた。 相手選手が倒れている状況なら、ボールを外に出して治療を受けるようにするのが一般的な状況。 しかし、日本は攻撃をそのまま展開し、結局塩谷のゴールまでつながった。

ウズベキスタン選手としては残念に思わざるを得ない状況。 実際、ゴールネットが揺れた直後,選手たちは倒れたムサエフを指して日本選手に抗議した。一部の選手は塩谷へ向かって走り、声を荒げた。 フェアプレーをしなかったことへの抗議のためだった。

塩谷のゴールでリードしていた日本は、その後安定的に試合を運営し、リードを最後まで守り抜いた。結局、逆転勝ちを収めた日本は、組別リーグを3戦全勝組1位で通過した。 しかし、フェアプレー精神が消えた中で決めた逆転ゴールがその中心にあっただけに、残念さは残らざるを得なかった。


 韓国の反応 



汚い民族性の島国



本当に悪い奴らだね、日本はいつもこんな汚い手を使って居る



手でサッカーする日本をどうすればいいか?



やはり、後頭部打撃は日本が上手



これが日本人根性



・これがサムライ精神デス



ウズベキスタン人は、日本から遠く暮らして居るので、日本人の本性を知らなかったんだよね



日本がこうして不正してくれるお陰で、韓国の地位が高まる。東南アジア、西南アジア、中国が日本嫌いなのは真理



・どうして、日本人は、不正ばかりこうしてしょっちゅう出て来るんだ?



これが武士道精神



・この日本の奴ら・・・



・やはり、日本人は変わらない



・今回は中国がしっかりして、日本人が日本人をした



お金を持ってスポーツをする国に、どんなフェアプレー精神があるだろうか?



今、日本人が全分野で露骨に不正を見せて居る



・こんな事をしないと勝てない水準、実力なのだろう



・日本人が狡賢いのは今始まった事では無いのに・・



・日本人らしいね

引用元記事:https://bit.ly/2ARhkQZ

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース