海外の反応 韓国


●韓国政府に抗議声明を発表する予定
自民党「半導体素材の禁輸」も議論

日本の海上自衛隊の哨戒機問題と関連して、防衛省が当時哨戒機が収集したという電波信号探知音を公開する方針だ。20日、日本のメディアによると、防衛省が公開すると報じた探知音は、P-1哨戒機のレーダー警報受信機(RWR)に記録された音声だ。

1

RWRはレーダー電磁波を音に変換したもので、日本がこれまで公開した映像には、RWR警報音が出ない。

防衛省は、この音が射撃統制レーダー(火器官制レーダー)を稼動したという重要な証拠だと主張している。

射撃統制レーダーは目標物を一定時間持続的に照準するため、探知音も鳴り続ける一方、韓国側が稼動したと主張する探索用レーダーは360度を回転するため探知音に強弱があるということだ。



                ご支援よろしくお願いします。
               




防衛省のある幹部は「捜索レーダーと射撃統制レーダーは音の強弱や連続性が完全に異なる。軍事関係者が聞けば射撃統制レーダーであることは明白だ」と主張した。今月14日,シンガポールで行われた防衛当局間協議では、韓日間の立場が平行線をたどり決裂した。

日本が、周波数情報ではなく、哨戒機が記録した探知音を追加で公開することを決めたのは、国内外に向けた世論戦と見える。NHKは「国防相の機密を守りながら国際社会に日本側の主張の正当性を訴えることができるという判断による」と伝えた。

探知音の公開と同時に、韓国政府に対する抗議の「声明文」を発表することにしたのも、国際社会に世論を有利にしようという試みという分析だ。産経新聞によると、声明文には韓国の駆逐艦が射撃統制レーダーを照射したという主張と、韓国側の不適切な対応を非難し、「虚偽発表」と主張する内容が盛り込まれる見通しだ。

日本政府は、ハワイを訪問中の岩谷毅防衛相が帰国する20日以降、公開の時期を決めるものとみられる。

哨戒機をめぐる議論や強制徴用賠償判決問題などについて、日本政府が韓国に対する経済制裁措置の一つとして、半導体素材の輸出を禁止する案が取り上げられていると、19日夕刊紙が報じた。 同紙は自民党内で韓国経済を支える半導体製造に欠かせない「フッ化水素」など核心素材と部品輸出を禁止せよという声が高まっていると伝えた。


 韓国の反応 



倭寇がまた暴れだした



・これから韓国の主敵は倭寇だ



倭寇が半導体素材の輸出を防ぐと言っている。日本観光を禁止させて、全面戦に行こう



・戦争準備をしなければなりません。日本は過去にもこんな方法で戦争してきました



倭寇はゴキブリのように撲滅しなければならない存在だ



・私は日本の製品を夜明けに全部捨てた



日本の未開の種族は、歴史を否定、歪曲、捏造、隠蔽することに血眼になる邪悪でずるい民族である事を世界中に広く知ってもらうべきだ



日本は、韓国の友邦になれない、これは主敵であることを証明する行為



・我々敵は北朝鮮ではなく日本だ



今、日本の保守派の安倍政権は、一日も休まずに韓国政府崩壊に没頭している



日本製品の不買運動をしなければなりません、旅行も自省しましょう、これでは日本が韓国を笑う



・何故韓国の国会議員たちは何の対応もしないんですか?



・地球上から無くさなければならない種族



我々の主敵は日本と親日派だ!



倭奴は、昔もあれこれ言い訳をし朝鮮を侵略した



・南北が近づくほど不安に震える倭寇



・それで、レーダーを照射されたのに、何故回避行動を起こさなかった?



歴史的に宣戦布告をする日本は、まず戦争をすると決めて、他国の知らない内に準備をし、全く予想しなかった時期に奇襲攻撃を電撃的にし、とんでもない理由の名分を作って宣戦布告をする



・倭寇は主敵だ。日本の飛行機は無条件に撃墜せよ



・拙劣な安倍政権

引用元記事:https://bit.ly/2Dnz2gB

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース