海外の反応 韓国


慶尚北道醴泉郡(キョンサンプクド・イェチョングン)議会の議員が海外研修中に、現地ガイドに暴行を加えた疑いで数十億ウォンの損害賠償訴訟を起こされたことを契機に、外遊性海外研修に対する批判が高まっている。

1

「先進的な行政を学び、地域の認知度を高める」という研修趣旨が恥ずかしくなるほど、議員が海外研修を「無料の海外旅行」の様に受け止め、国民の税金を無駄遣いしているという指摘が多い。

実際、一部の議員は主要観光地を中心に「豪華な旅行」をしながらセックススキャンダルに巻き込まれるなど、醜態を働いたことが分かった。

■海外研修に税金6000万ウォン、公務員のスカウトも

議員らは年に1度、地方自治体の予算で海外研修、すなわち「公務国外旅行」に行く。 醴泉郡と全羅北道金堤市議会を例に挙げると、9泊の日程で米国や欧州、カナダなどへ行く時の議員1人当たりの旅行費は、約40万~45万円台だった。



                ご支援よろしくお願いします。
               




2

醴泉郡は9泊10日の研修に、1人当たり44万円を使った。旅行者は14人で,総経費は600万円を超える。

人材や専門性不足などを理由に、国内旅行会社のパッケージ商品を利用するが、一般人が利用する同じ日程の商品より多いという。

年間策定された海外研修予算の少ない地方自治体議員が、旅行予算を増やすために公務員を同行させるという疑惑が提起されたこともある。普通、公務員の旅費が自分たちよりもっと多い点を狙ったということだ。2年前、京畿道(キョンギド)のある自治体議会議員8人が、議会事務処と地方自治体公務員14人と欧州に行ってきて論議を呼んだ。

■ナイアガラの滝、コロセウムなど、ほとんどの観光地訪問


研修の内容も海外の主な有名観光地を見て回るなど、外遊性が濃いという指摘だ。 昨年10月、6泊7日間豪州に行ってきた仁川富平区(インチョン・プピョング)議会都市環境委員会の研修日程は、訪問地13ヵ所のうち10ヵ所が事実上の観光地だという批判が起きた。昨年9月,欧州3ヵ国を訪問したソウル城北区(ソンブクグ)議会の研修も、バチカン博物館、コロセウム、サンピエトロ聖堂など、同じ観光地への訪問に偏っていた。

議員らが海外研修中にセックススキャンダルに巻き込まれるなど、醜態を働かせて「国の恥をさらした」という非難を浴びた。忠清北道忠州市(チュンチョンブクド・チュンジュシ)議会は以前、日本とタイを訪問した議員たちがセクハラ発言をしたり、性売買をしたことで大騒ぎに成った。

イェチョン郡議会のパク・ジョンチョル議員らを暴行した疑いで告訴した韓国人ガイドAさんは、8日、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」に出演し、「ホテルでこの方(議員)が泊まったホテルは、すべて良いホテルだった。 ところが、そのホテルで部屋のドアを開けたまま行ったり来たりしながら、酒を飲んで廊下で大声を出して、それで同じ階に泊まった他の日本から来た宿泊客から抗議を受けた」とし「私がホテル側から二度電話を受けた」と証言した。

■10人に6人、「海外研修に税金支援すべきではない」

醴泉郡議会事態で、議員の海外研修に予算を支援してはならないという声が高い。

クッキーニュースの依頼で世論調査会社のチョウォン・C&Aがこの12日から14日までの3日間、全国の成人男女1002人を対象に「地方議員の海外研修および査察支援制度の改善」について調べた結果、回答者全体の59.7%が「国民の税金支援を中断し、本人のお金で行かなければならない」と答えた。 国民10人に6人が予算支援に反対したわけだ。続いて回答者の35.1%は「国民の税金で運営されるため、事後検証を強化しなければならない」と答えた。 「現制度を維持すべきだ」と回答した回答者は2.0%に過ぎなかった。


 韓国の反応 



国会議員であれ、市議員であれ、海外研修そのものを無くせ



世の中の要らないのが、郡議員、区議員、市会議員、国会議員



・基礎議員(※韓国の基礎自治体)は無くすのが正解だ



基礎議員を無くせ、国会議員の給料を半分以上減らせ、国民は怒りが込み上げる



・市や郡の議会議員を無くさなければならない



全ての議員数を半分に減らし、全員無報酬の奉仕職に切り替えろ、こいつらは何もしないのに、税金ばかり無駄遣いしている「迷惑集団」だ



・基礎議員がどうして必要なのか、なくしても不都合はない。国会議員も100人に減らせ... 資質がなく、人格に欠けて...国会議員の国民に奉仕するという信念がなければ、する必要はない



地方自治制を閉鎖させ、国会議員を半分に減らそう!そして公務員も半分に減らそう!区役所に行って見ろ、各部署の窓口ごとに女子公務員の席が数十個なのに、みんな暇だった



在職中4,5回の海外研修は基礎議員、国会議員で3千人くらい、在職中に2,3回、1年間海外研修に行く公務員は100万人、どこから直さなければいけないのか



選出職も任命職も公務員も、海外研修も禁止すべき、何の意味もない血税浪費だ



・公職者退職前の海外研修も廃止せよ



・海外での研修は、すべて自費で行く様に成れば、恐らく誰も行かない



基礎自治体自体をなくせ...何の役にも立たない。やるなら全額無報酬無手当て、100%名誉職に変えろ



・海外研修そのものを廃止し、地方議会を廃止しよう



議員数を減らし、海外研修制度は廃止しなければならない



・今すぐ海外研修を全面中断しなければなりません、行く場合は、事前承認を受けて公知してから行って下さい



海外研修は全部観光でしょ? 市郡も議員の中で外国語を駆使する人は多分1%程度しかいません、それなのに、彼らが海外に出て何を学びますか?

もちろん通訳を付ければいいが、実際セミナーに行ってもちゃんと学習準備をしていく人が何%居るでしょうか?本当にこんな事に税金を出すのが惜しいですね

引用元記事:https://bit.ly/2DOnRxT

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース