海外の反応 韓国


韓国の大企業のトルコ法人の駐在員が現地人から攻撃を受け、大けがをする事件が発生した。

12日、トルコの消息筋によると、韓国の大企業A社のトルコ法人の駐在員が先月中旬、イスタンブールの会社事務所の周辺で身元不明の現地人から無差別に暴行を受けた。

1

被害者を犯行場所で、あらかじめ待っていたとみられる加害者たちは、駐在員が所持した金品には手をつけずに暴行した後、直ちに逃走した。

被害者は鼻骨が壊れるなど負傷で治療を受けており、精神的な衝撃に苦しんでいるという。

犯人は検挙されなかったが、今回の事件は、取引関係で不満を抱いた現地事業者が背後にある可能性が僑民社会で提起された。



                ご支援よろしくお願いします。
               




同法人では、昨年も身辺の脅威を受けた駐在員が任期を終える前に早期帰任した。

トルコ当局がA社の現地紛争関係に捜査の焦点を合わせているかに関し、駐イスタンブール韓国総領事館は「様々な面で敏感な事案で、両国関係に影響を及ぼす可能性もあり、いかなる情報も公開できない」と述べた。

A社のトルコ法人は、今回の事件後韓国人社員の安全対策を施行していると、会社は説明した。

同社の関係者は連合ニュースとの電話インタビューで、「相乗りを利用して、大勢の人が一緒に出退勤するよう勧め、法人事務室周辺の警備も強化した」と説明した。

法人のある韓国人職員は「襲撃事件後に会社が職員に夜勤をしないで早く帰宅するように促す雰囲気」と伝えた。

トルコで韓国人死亡・襲撃事件が時々発生するが、きちんと真相究明と処罰、補償が行われることはまれだ。

16年、外信にも広く知られた「韓国人レコードショップ」襲撃事件では、暴行と器物破損に加担したトルコ人が何の処罰を受けず、被害韓人だけが店を閉じてその区域を離れた。

同年、韓国人児童へのわいせつ行為事件で、トルコ裁判部が被害児童側が願わない法廷陳述に固執し、トルコ人加害者を断罪できなかった。

昨年、観光地でパラグライダー中に死亡した韓国人20代の観光客の遺族も、保険金や補償金をまったく受け取れなかった。安全管理をずさんにした業主への処罰のニュースも遠のいている。

僑民被害事件・事故に精通しているある関係者は「外国人が被害者である事件は、注目される理由がある場合を除いては捜査が非常に遅く、補償・賠償を受けることも難しい傾向がある」と述べた。


 韓国の反応 



・こんな土人国でどうやって暮らして居るの?



・やっぱり匈奴族の後裔たち... その未開の属性が変わらない



兄弟国とは何だ?何か勘違いしているようだが、「トルコの犬達」は、韓国がどこなのかも分からない、彼らがめちゃくちゃ詐欺師だらけなのは知っていこう



・我々がトルコより劣る国か? 腋臭くさい人間たちなのに...



・両国関係を考慮? 外交チャンネルを通じて徹底捜査、犯人摘発、被害補償を要請し、強く抗議しなければならないのではないか?



トルコ観光に行くな! 「兄弟の国」とは何か?韓国人だけがカモられる



これは、韓国がトルコを兄の国だと思うようになった結果ではないか...



・後進国水準



・ムスリム国家は怖くて観光さえ考えられない



トルコ人に気をつけなければならない、いつも団結して何かをしようとする詐欺師が多い



・トルコを足場にアラブ圏や東欧に進出する企業が多い、国際関係には人間的な要素は無い



・大使館、領事館はどうしているのか、何をするのか?



これからは、トルコを「兄弟の国」だと言わない事を願う



トルコ旅行中に感じたことは、兄弟国家だと軽く考えると命を失う...兄弟国は忘れろ



兄弟の国とは何だ......これから敵対国だ



・身辺を脅かされたり、殴られたりするのも業務と関連した慣習みたいね。自国民を保護する外交力は失踪しましたので、在外国民は気をつけてください



兄弟の国で合っているのか?単に爆弾テロのイスラム国家の一つに過ぎない



・外国人なので補償を受けられないのではなく、韓国大使館領事館の無能さと外交部の消極的向上もためだ。もし日本人が被害にあったら大騒ぎだっただろう!!



トルコと取引を止めなければならない。韓国戦争の時、兄弟の国に思われたが・・・ 当時のトルコと今のトルコは違う。人種差別の激しい国の一つだ



韓国人が何か勘違いしている。トルコ人は誰にでも皆兄弟の国だという。英語のYouTubeを見れば分かる



・イスラムは宗教ではない、全体主義だ

引用元記事:https://bit.ly/2GmZdXr

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース