海外の反応 韓国


分譲を受けたペットの犬が食糞症(排泄物を食う症状)を見せるという理由で、払い戻しを要求するが、 断られると購入した犬を投げつけた女性が動物虐待の疑いで検察に引き渡された。

1

江陵(カンルン)警察署は13日、動物保護法違反の疑いでイ某容疑者を起訴意見で検察に送致した。

イ容疑者は9日午後5時ごろ、江陵のあるペットショップで「子犬が糞を食べる」と払い戻しを要求し、断られると3カ月のマルチーズを投げて死亡させた疑い。

分譲7時間で新しいオーナーの手から放り出されたマルチーズは、嘔吐症状を見せ翌日の明け方2時30分頃、結局死亡した。



                ご支援よろしくお願いします。
               




イ氏がマルチーズを投げる映像が社会関係網サービス(SNS)を通じて公開され、イ氏に対する国民の憤りが起きた。

イ氏は前日、警察の調べで「腹立ちまぎれにマルチーズを店のオーナーの胸元へ投げつけ、反射的に子犬を受けると思った」と投げた行為には反省する態度を見せたという。

動物保護法上、残忍な方法で死に至らしめるなど動物を殺したり虐待した者には、2年以下の懲役または2千万ウォン以下の罰金を科す。


 韓国の反応 



一週間我慢した訳では無く、6時間で払い戻しを求めるなんて、犬に対する理解の無い人ですね



腹が立ったからと、子犬を投げてしまうという行為その物が・・強力に処罰されたらと思います



・犬の売買にも問題がある



・女性のミスが大きいが、店側も柔軟性が無くて金を優先してそんな人に犬を留めようとしたのだろう



・問題は別にして、犬を投げる行為は許されない



この様な払い戻し要請が繰り返し起こるのなら、購入前に覚書を書いて貰ってから販売するのが良いと思います



・この女性も狂っているね



・こんなニュースは初めて見た



店に落ち度は無いですよ、食糞症は最初環境が変わる時にしばしば起きる現象なので、分譲契約書にも明示されているんだよ。 契約書をきちんと認知せずに払い戻しを強要して、投げ捨てたこの女性に問題があります



仮に食糞症であっても、3ヵ月もの子犬が何の罪があって・・一つの生命を奪った女性を罰して下さい



・最近は何も考えずに議論する人が多い



この女性は、前にも何度か払い戻して、衝動的に子犬を購買したそうです。子犬を殺したのはこの女です



子犬も生命だという考えが少しでもあれば、放り投げたりしなかっただろうけど、この女性は子犬を物扱いしているので、こんな行動を取ってしまうのです



この女性は、前にも何度か払い戻して、衝動的に子犬を購買したそうです。それなら、こんな変な女に店主は犬を売らなければ良かったのに



・以前もここで返金しに来たそうです



・この女性は、検察に送致されて、どんな処分が下されるか不安で待つ羽目になる..



・何の罪も無い子犬が命を失うなんて、本当に可愛そうだ



環境が変わって不安に成ると食糞をする。犬を売る人だけでなく、飼う人もある犬を飼う程度の資格確認をすればこんなことが減るでしょう

引用元記事:https://bit.ly/2E9P0M0

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース