海外の反応 韓国


スレ主

o2bこの類型は、韓国人の固有Y染色体の核心と言える。韓国人の37.3%を占めており、O3とともに両大主要タイプや、O3とは異なり中国地域ではほとんど見つかっていない。大体10~15万年前、東南アジアから北上したとみられ、O2a群から分化し、最終的に朝鮮半島と日本列島に拡散したという。

1

朝鮮半島以外に、O2bは主に日本に分布し(31.9%)、ベトナム(4.7%)、満州族(3.8%)など民族などにあるので、O2bはまさに韓国人と日本人の特徴的な遺伝子と言え、韓国と日本人の骨幹を形成した祖先もこの遺伝子と関連が大きかったと推定する。

ただし、日本人は主にO2b1位株で、韓国人とタイプが少し違う。現在まで公開された資料の中には、中国漢族にはO2bが発見されていなかった。 問題はO2bが東南アジアで発生して北上していたとすれば、なぜ中国の漢族や他のミャオ系、百越系民族(O2aがたくさん発見される)には見当たらず。ただベトナムのイ族にだけ見えるのだろうか。



                ご支援よろしくお願いします。
               




2

満州族で発見されるO2bは、高句麗、渤海時代の混血の痕跡であり、実状、中国大陸を経由せず、ベトナム付近から海洋ルートを経由してすぐに流入した可能性もある。しかし、そう考えるにはベトナムでの割合が低すぎるうえ、他の東南アジア民族で見つからないことから、ボトルネック効果の結果でなければ、ベトナムのO2bがむしろ韓国や日本から渡ったのではないか。

この為、一部の日本学者はベトナムのO2bは、日本帝国主義時代、日本軍が残した痕跡とも言う。 もし、ライタイハンの痕跡である可能性は? ▲4.7/37.3=12.6%ベトナム派兵数年間の結果で、韓国人男性を父親とするベトナム人が12.6%にも上ったと信じるには、やはりやりすぎではないか。 とにかくこのベトナムの4.7%O2bはいろいろとミステリーな数字なので、以後より詳細なベトナムのY染色体調査を通じて検証されなければならない。

D2

D2は朝鮮半島と日本列島に主に分布しており、日本人のうちアイヌの比率が最も高く87%にのぼる。 次は沖縄人、55%,日本大和族29.5%で、韓国人では標本により異なるが、概ね3~6%の割合を示す。 Dは、真っ先にアジア大陸に到達した古い人類の後代として、東アジアで非常に広い地域に分布しているが、中国の漢族のうちの比率は概ね1%であり、D3とD1中心であり、韓国人とは異なる。


 韓国の反応 



・で?



・可愛そう



・ソース元は?何故こんな事をしきりに話題にする?



匈奴族血の混じった国の中で、技術的に隆盛し豊かな国はある?そう見ると匈奴遺伝子は劣った遺伝子です



・r遺伝子は、白人の国でも現れる。アジア匈奴がなぜ突然・・



慶尚道r遺伝子は匈奴族から来たものと推定しているが...



・今日の欧州文明を勃興させたのが、アリラン民族であり、彼らはアメリカに渡っ行っ立てた国が今の米国である。つまり、慶尚道の人々の立場では、同族のカテゴリに入れる国がまさに欧州ということだ



・こんな所でも地域感情?



・ハプログループって遺伝子でY染色体父系または、ミトコンドリア母系先祖を追跡するのです



・生命工学を勉強されている方は皆知ってると思います



・空もたまに眺めてください



・何の影響を与えるのか調べてください

引用元記事:https://bit.ly/2DzRZM4

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース