海外の反応 韓国


現代・起亜車がエンジンなど車両製造欠陥を隠ぺいしたという疑惑を究明するため検察が強制捜査に乗り出した。

市民団体が「欠陥隠蔽」疑惑を提起し告発状を提出してから、ほぼ2年ぶりに捜査が本格化した。

1

20日、検察によると、ソウル中央地検刑事5部(ヒョン・ジンフィ部長検事)は同日午前、現代車本社などに検事と捜査官を送り、車両品質管理関連内部文書と電算資料を確保した。

検察関係者は「国土交通部(国土部)と市民団体が告発した現代・起亜車のリコール規定違反事件と関連し、容疑の有無と判断するための資料確保のため家宅捜索を行っている」と述べた。

家宅捜索の対象地は本社のほかにも、南陽研究所、生産工場など研究・開発および品質管理業務を担当した部署が幅広く含まれているという。

シータ2エンジン、エアバッグ、その他の部品などの製造欠陥を現代・起亜車が隠蔽したという疑惑を受け、告発および捜査依頼が行われた事件を調べるためだ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

これに先立ち市民団体ソウルYMCA自動車安全センターは、17年4月、シータ2エンジンの製作欠陥と関連し、現代自動車側が欠陥の可能性を隠ぺいしたとし、鄭夢九(チョン・モング)現代・起亜自動車グループ会長らを告発した。

現代・起亜車が2013年8月以前に生産されたシータ2エンジン使用車両5種で、エンジンが停止するなど危険性のある製作欠陥が発見されたことを認め、計17万台余りの車両によるリコール計画を発表した直後のことだ。

国土部は当時、自動車安全研究院の調査結果を土台に製作欠陥審査評価委員会を開き、シータ2エンジンのリコール措置の有無を審査する予定だったが、現代車がリコール計画を提出したことを受け、製作欠陥の調査手続きを終了し、別途の捜査依頼や告発措置は取らなかった。

当時、ソウルYMCAは告発状を提出しながら「2010年から8年間、欠陥を否認していたが、国土交通部の調査結果発表が迫るとリコール計画を提出した」とし「遅いリコール」と指摘した。

自動車管理法と施行規則によれば、製作会社は欠陥を知った日から30日以内に是正計画を立て、これを知らせなければならない。この義務に違反して欠陥を隠蔽したり縮小・虚偽公開した場合、10年以下の懲役刑または1億ウォン以下の罰金刑に処することになっている。

一方、法曹界の一部では、検察がシータ2エンジン関連告発事件を2年近く黙らせて、後になって家宅捜索に乗り出したことをめぐり、「遅い捜査」という指摘がある。国土部などが捜査依頼や告発直後、関連資料を直ちに提出したにもかかわらず、時間を引き延ばして意味ある資料の確保が難しくなったという指摘だ。


 韓国の反応 



現代自動車があんな犬の様な事が出来た背景が、まさに国土部とマスコミのせいだろう



現代自動車から国土部も裏金を貰っていた可能性があるので、捜査しろ



・2年間何をしたの?依然として信頼されない検察



抜け穴を作る為に、2年待ってあげたのか



エンジンオイルが増えるというそのエンジンですか。(笑)



・政権が変わらなかったらそのまま黙殺されただろう



・2017年4月に告発したことを今捜査する・・



自動車の組み立ても財閥、油も財閥、保険も財閥、自動車のローン融資も財閥



・すべて隠して、操作して、すべて終わっている様だね



・まあ時間十分だったよ、証拠不十分



2年なら証拠隠滅する時間は十分だね



・2年ぶりに調査をする理由から明らかにせよ



国内の消費者をカモと見る現代車に鉄槌を・・・・・・



結託公務員を捕まえろ



問題が発生して、損傷や損害が生じれば消費者が立証しなければならない、というのは話にならない。生産者が立証しなければならない



・原則通り!法に則って!!世の中を変えましょう!!!



・欠陥も隠蔽...資料もすでに隠蔽...その間待っててあげたんだね...



・公務員が仕事をしていない



現代自動車が、2年間証拠資料を隠蔽出来る様に時間を稼いで、現在捜査をする振りをしている所



・今になって捜査を始めれば、捜査結果が出て裁判して、最高裁まで行くにはまた何年も経つのか・・



・なぜヘル朝鮮か?国民は犬と豚だからだ

引用元記事:https://bit.ly/2NhFkSe

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース