海外の反応 韓国


日本の宇宙探査船「はやぶさ2」が、当初の予定通り22日午前8時ごろ、小惑星「りゅうぐう」の表面に着陸を試みる。

はやぶさ2は、もともと同日午前8時ごろに下降を始める予定だったが、5時間ほど日程が延期された。

1

JAXAは「機体の状況を確認する作業に時間がかかった」と遅延した理由を説明した。

しかし、1次着陸の試みは当初の計画通り、22日午前8時に決めている。

高度20キロで待機していたはやぶさ2はゆっくり下降し、8.5メートルの高さで着地姿勢を取った後、りゅうぐうの表面に数秒間着く。

その後、機体から伸びる1メートルの長さの円筒形のサンプル採取装置を利用して、地表に小さな弾丸を発射した後、この時に飛び上がる砂や小さな岩石などの試料を採集することになる。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

着地点は直径900メートルのりゅうぐう赤道付近で、岩で囲まれた約6メートルの隙間だ。

JAXAは、着地点に検討した2ヵ所の最終候補地の内、幅が約12メートルと、より広い地点を排除した。

周囲に大きな岩が散在し、着陸の過程で問題が起きる可能性が憂慮されたためだ。

はやぶさ2は予め落とした標的を基準点として、ピンポイント着陸に挑む。

宇宙科学者らは、算盤の卵の形をしたりゅうぐうは原始小惑星の形をしている為、太陽系形成初期の物質を保有していると推定している。

りゅうぐうは地球から約3億キロ離れた小惑星で、地球と両方向の通信に約40分がかかる。

この為、細かな着陸過程は自律制御方式で統制される予定だ。

日本メディアは、「飛び上がる岩石の高さが50~60センチを超えれば気体を損傷する恐れがあるため、難度の高い作業」とし「計測器が岩石に過敏反応しても着陸をあきらめることができる」と伝えた。

はやぶさ2は今後2,3回、さらにりゅうきゅう物質の捕獲を試み、来年末、地球に戻る予定だ。

日本のマスコミは「りゅうぐうは有機物が豊かなものとみられ、地球に生命が生まれた謎を解くことが期待される」とし「遠い天体に探査機を下ろす技術は将来の火星探査にも役立つ」と伝えた。

一方、2010年に世界で初めて小惑星物質を持って帰還したはやぶさ1号は、2度の着地を試み、1度だけ成功、微量の粒子のみを採取したことがある。


 韓国の反応 



宇宙じゃ中国、日本がうらやましい



文罪人が働き口を作る為に飛ばした10兆円、金正恩に与えてやろうと待機中の10兆円~~



・日本だが羨ましい、中国は月の探査をして格が違う



無駄な議員の給料と、地方市道議員、区議員の給料を節約すれば韓国も宇宙探査は出来る



・素敵ですごい!! やはり神日本



・韓国は川底だけ・・



・韓国は選挙の時にばら撒くお金が必要なので、宇宙開発への投資金がない



・9年間の「売国奴党」が政権を獲得すれば、国が後退



韓国も日本から学べ、韓国は経済が最悪で、雇用が少なく、自営業者が自殺をしてるのに・・



大日本帝国...宇宙まで占領したいわけか?



・ムンジェインは、経済、科学は苦手だ。ただ金日成主体思想、共産人民民主主義に没頭するだけ!



はやぶさ1号もすごかった。人類初の小惑星直接着陸探査、帰還まで成功



・韓国も、もう一度科学技術の発展のために邁進しなければならない様です



・李明博、朴槿恵政権が、失われた10年だ



まともな雇用が飛ばされたムンジェインの雇用税金8兆円を宇宙開発に投資すれば



李明博が無駄にした2兆円を投資すれば、こんなプロジェクトを10回出来たのではないのか?



・韓国は地でK-popでも頑張れ~



・中国、日本は宇宙開拓時代へ!



日本の奴らは余りにも操作が上手いので、写真フィルムを操作したりしていそう



・もうすぐ、サル特有の神風で衝突するよね?



・どの道、日本は結局また操作をするものと思われる



日本は本当に凄い、我々も宇宙産業を発達させよう



地球から火星までの距離よりもはるかに遠い距離なのに、日本は本当にうらやましいほど先端宇宙科学技術が大きいね



韓国は行方不明に成った魚ロボット



・韓国だけ遅れるんだね



・隣国は月を探査して小惑星探査をすると大騒ぎだが、大韓民国の関心事は不動産開発だけ

引用元記事:https://bit.ly/2IsKJqT

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース