海外の反応 韓国


◇日本ユニバーサルスタジオの6倍規模

京畿道華城市ソンサングリーンシティ東に建設される華城国際テーマパークは315万平方メートル規模で、日本の代表的な遊園地「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(54万平方メートル)の約6倍に達する。

1

この地域に直接投資される新世界の金額だけで計4兆5700億ウォン。ローラーコースターなど、スリル満点の乗り物、家族休養用のウォーターパーク、恐竜探険パーク、おもちゃの国など、大きく4つのテーマで公園が造成される。

これと連係した客室1000個規模のホテル、ショッピングモールとKポップ公演場、ゴルフ場も建てられ、アジアを代表する「テーマパークタウン」が首都圏に建設される。

韓国水資源公社の関係者は「建設期間の10年間に約6万人が投入され、開場後には毎年1万5000人がテーマパークに直接雇用され、誘発雇用効果だけでも11万人と推算される」と述べた。

                ご支援よろしくお願いします。
               




◇2度倒れていた事業...新世界「自信ある」

華城国際テーマパークは、すでに2度倒れていた事業だ。事業施行者である韓国水資源公社とUSKRコンソーシアムは2007年、ユニバーサルスタジオを韓国に建設するMOUを締結したが、世界的な金融危機で遅れを取った。

そんな中、10年、ロッテグループが大株主として参入したが、地価交渉などで異見が生じ、結局12年に霧散した。15年は、大宇建設や中国資本が参加したUSKPHコンソーシアムが再推進に乗り出したが、事業費の調達などの問題で2年ぶりに終わった。

 「白紙化するだろう」という悲観的な見通しまで出た。しかし、昨年8月,京畿道と水資源公社などが事業者を訪れる3度目の挑戦に乗り出し、新世界が手を上げた。

◇2026年 部分開場...韓日中テーマパーク激戦

華城国際テーマパークは、長い旅程の第一歩を踏み出した。21年に着工すれば、26年にテーマパークの第1次開場まで7年、31年に完全開場までに12年かかる。完成すれば、国内には春川(チュンチョン)レゴランド(2022年開場)、永宗島(ヨンジョンド)リゾート(今年上半期着工)まで大型テーマパーク3ヵ所が建設されるものとみられる。

海外観光客誘致のためには、日本と中国のテーマパークとグローバル競争も行わなければならない。日本では、2020年の東京オリンピックに合わせ、スーパ・任天堂ワールドがオープンする。中国・北京では65億ドル(約7300億円)が投資されたアジア最大規模のユニバーサルスタジオが21年にオープンする。


 韓国の反応 



国全体が曇って、1級発ガン物質を吸い込むと思ったら外国人がたくさん来るだろうか?



・新世界なら何かちゃんとできそうです



微細粉塵の為、オープン休業予想



・外国人観光客を狙えば勝算あり



・期待しています。素敵にお願いします



・松山グリーンシティー・セソル洞の前でも素晴らしい新都市になりますね



・新安山線西海岸線でソウルから30分到着~すぐ隣に大阜島海洋観光地も連携され



・松山とこれは大当たりだ



・私もディズニーランドに行ける様に成る



・素敵なテーマパーク期待してます~



・素敵な松山になるでしょう~



・キムチ版ディズニーランドではなく、ただディズニーランドを誘致すれば良いのでは無いの?



・中国版ユニバーサルよりはもっといい!



微細粉塵が解決されなければ、行くのが大変だね



・ただディズニー持って来ちゃだめですか?



・大当り! 期待されます。早く推進してください



2031年開場?人口数減で、遊びに行く子供が思ったより少ない



・狭い土地に高い住宅価格のせいで、結婚しても住宅を購入できない人が多いが、この狭い土地に日本の6倍ものテーマパークを建てると言うのだから期待は大きい

引用元記事:https://bit.ly/2Ny8lcL

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース