海外の反応 韓国


今年は3・1運動および大韓民国臨時政府樹立100周年に当たる意味深い年だ。それでも浮沈を繰り返してきた韓日関係は再び深いトンネルの中に閉じ込められたまままったく抜け出せない。

1

このような脈絡で多少あきれたり、熱くなる人もいなくはないような提案を一つしようと思う。私たちが日本で「天皇」と呼ばれる存在を「日王」ではなく日本天皇と呼称することだ。そしてこれを韓日関係を新しく固めていく一つの画期的なモメンタムとしても活用していこうということだ。

「日王」を「天皇」と呼ぼうというのには次のような理由がある。

まず、何よりも私たちが21世紀の中堅強国に発展したからだ。日本天皇を日王と呼び始めた裏には不幸だった過去の歴史などに起因した彼らに対するコンプレックスと劣等感などもなくはなかったと思う。しかし、今は違う。今の私たちはみすぼらしくて矮小なだけの過去とは顕著に変わった。最貧国当時とは比較にさえならないほど強盛になった私たちがまだ過去のその劣等感にひたる理由はない。

次に、日本に対する私たちの堂々の表象だ。冷静に考えてみよう。私たちは中国の国家主席や台湾の総統、あるいは香港の行政長官などについては彼らが使う漢字語と呼称などをみなそのまま使っている。それと共に日本天皇についてだけあえて日王に格下げして呼ぶことを日本人たちが知ったら私たちをどう思うだろうか?

三番目に、天皇という世界唯一の漢字語名詞の意味などを勘案しても、ありのまま呼ぶのが正しい。天皇という漢字語は全世界でたったひとりだけを示す名詞だ。日本天皇は、日本神話に出てくる日本の祖先神「天照大神」からいわゆる万世一系を誇る日本神話の唯一の継承者として見なされてきた。また、政治的実権はなくとも、日本憲法が明示した国家の象徴であり、国家統合の象徴として日本社会で幅広く尊敬を受ける唯一の一人を称する。どの漢字語でもその象徴的意味をそのまま代替はできない。

                ご支援よろしくお願いします。
               




最後に、日本社会の力学関係をよく活用しようという意味もある。現在の日本社会で明仁日本天皇の地位は「私が国家だ!」と発言して「おまえはルイ14世か?」という批判を自ら招いている安倍総理とは比較にならないほど、非常に意味深い。天皇は過去の歴史などについても安倍の極右派政権と次元を異にする。彼はこれまで日本が犯した過去の歴史について事実上の謝罪をしてきた。

もちろん、このような提案は日本に対する私たちの感情や安倍政権の低級な姿勢などを考慮すると、私たちの社会の公憤ばかり招く可能性もある。しかし、日本の極右派勢力に勝つためなら、いや彼らと同じ単純低級な両極的「勝ち負け」式思考を越えて隣国日本との健全な共生に導いて行くためには、私たちだけでも、もっと寛大で冷静になる必要がある。

このように日本の民心に感情的に響くように接近すると同時に日本社会の良識にも力を加える中で韓日関係の新しいフレームを作ろう。やることは謙虚に、要請は堂々と要請し、対抗は強力に対抗していこうということだ。これと共に大胆な浩然之気の姿勢を通じて韓日関係がトンネルの出口に向かって進むように私たちが追求するのはどうだろうか。

ウ・スグン教授/日本慶応大学で修士号を取得後、米国ミネソタ州のロースクール卒業。上海華東師範大学で博士号を得た後、現在の東華大学に在職中で「ウ・スグン中国研究所」の所長として活動中。


 韓国の反応 



事実そのまま倭王と呼ぼう



天皇?何が自分が天の王様?ただ王様なら王様だろう



・我が民族は、日本民族の様に冷静でスマートで理性的に考え、行動するDNAではないので不可能です。殴るとすぐ殴り返すしかない単純な民族です。

それが本当の勇気だと思う風土があります。性格が変わることは難しく、ただこの性質がこのままずっと行くしかないと思います



・日本の天皇は王が似合うんだ



・日王とは、100年の歴史を記憶している被害者民族が呼ぶ言葉で、我々は、高宗を高宗皇帝と呼びます。とても公式的な文書ではなければ、高宗皇帝を高宗と呼びます。



・日本の極右政権さえ潰せるのなら、象徴的意味の単語である日本の天皇と呼んでもかまいません



・この記事には、「日皇」を「天皇」と呼ぼうという主張と、その天皇に間接的に力を与えようという主張が共存しているものと理解しました。そうだと言ったらとても危ない意見だと思います。

例えアメリカによって与えられた民主主義と憲法とはいえ、少なくとも形からして日本は戦後70年を民主主義国家として受け継いできました。

いくら安倍政権と自民党政権が韓国の気に入らないとしても、それは彼らと解決すべきことであって、象徴として残っている天皇を号名して彼に実権を与えることではありません。

天皇が再び政治的、外交的な力を握るようになれば、どんなことが起きるかは明白です。

たとえ今、天皇が反戦意識と平和主義に忠実な人物だとしても、彼は法律的に政治的行為をしてはいけません。万一、彼が発言権を得て政治に関与したとしても、次の天皇がもし朝鮮半島に対して否定的な見解を持っていたり、右翼的な性向を持っているとしたら、どうなりますか?

天皇が日本国民の心理的求心点として重要な存在だとすれば。彼が実権を持って政治に関与できるようになる時。今以上に最悪の状況に直面することもあります。

「天皇制廃止を論じれば論じ」天皇に一時的で近視眼的な見方に基づいて国益のために力を与えようという意見は、とても同意できません。天皇が謝罪をしたくてもこれを利用して安倍政権に圧力をかけることがあってはなりません。

我々がすべきことは、続けて歴史的、道徳的優越性を確保しながら、祖国を我々に有利にしていくことであって、過去に歴史の闇をもたらした近代天皇制の封印を、我々の手で解き放つことではありません



・我々呼ぶ名称:日本天王
天王の辞書表記:日本の王、日本では漢字で天皇と書いてある



・安倍はパッシングして、ただ戦犯の首魁と呼べばどうでしょうか?



筆者は知らないようだが、韓国の公式外交文書で「天皇」と書く、メディアだけ敢えて「日王」と書く。 実は言論が反日感情に便乗して博打しているだけだ



日王と書けば愛国心が鼓吹され、国格が上がるのか?それは幼稚だ。宇宙の天皇であれ、地球の天皇であれ、自らがその様に主張するなら、そのように使えばいい、天皇と、何をそんな大げさな表現を使うのかと思うが、名前がそうだというのだから、そのままで良いだろう



もし、日本のマスコミが、韓国大統領を「朝鮮総督」と呼べば、あきれるばかりである



国際外交慣例によれば、1)海当局者が望む呼称2)海当局者の言葉の発音とするのが原則です。この原則によると「テンノウ」(天皇の日本語発音)と呼ぶのが妥当です



王様-王様-諸侯の順で歴史的な淵源を計算して、皇帝あるいは天皇が王様より高いと認識している方がたくさんいらっしゃるのですが、国際外交で誰もそうは見ません。

天皇を英語で"emperor"と呼ぶけど、これがイギリスの女王(queen)より高いと思って待遇するケースは存在しないですね。ただ、両国の象徴的な国家元首であるだけで、それ以上でも以下でもありません。

天皇という外交慣例に沿った名称がすでに存在していますが、これをあえて「日本国王」あるいは「日王」という存在もしない名称に変えて呼ぶのも非常に可笑しいです。韓国人はこれが当たり前だと思うけど



・韓国の国際的地位を考える時、自国民観点を超え、国際的視野に気を配る国になることを希望します。そんなのが国格ではないでしょうか

引用元記事:https://bit.ly/2Trk9CY

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース