海外の反応 韓国



韓国とインドネシアが共同研究を開発する次期戦闘機事業であるKF-X・IF-X事業が再速度を出すとみられる。

鄭経斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は6日、国防部で韓国を訪れたインドネシアの主要人物に会い、KF-X・IF-X事業など両国の国防・防衛産業協力案などについて話し合ったと明らかにした。

1

KF-X・IF-X国際共同開発事業は、韓国型戦闘機をインドネシアと共同で研究開発するもので、両国は2025年6月までにKF-X共同開発を完了することにした。

インドネシアは事業費の20%である約1兆7000億ウォンを投資することを決めて事業に参加したが、17年と18年に約3300億ウォンの投資費を納めなかったため、事業撤退の疑惑が提起されていた。

インドネシアは昨年末、未納金3300億ウォンのうち1320億ウォンを納付し、事業の意志を明らかにした。依然として昨年分の1980億ウォンが未納状態だが、KF-X開発に150人余りのインドネシア技術陣が参加することを決め、事業の意志を明らかにした。

                ご支援よろしくお願いします。
               



2

鄭長官はこの席で「両国が"ウィン-ウィン"(Win-Win)する相互互恵的な成果を出すことを願う」とし「両国の協力がさらに強まるきっかけになることを期待する」と述べた。

今回のウィラント調整長官の訪韓にはインドネシア国防事務次官ら12人のKF-X・IF-X事業実務交渉チームが同行した。今月7日と8日の二日間、防衛事業庁事業管理本部長ら韓国側実務交渉チームと事業分担金の納付案などについて実務協議を行う予定だ。

韓国型戦闘機事業(KF-X)は、21年の試製機製作を目標に開発を進めている。以後4年間の試験飛行を経て、26年に開発が完了する。


 韓国の反応 



インドネシアを引き入れ、早く4.5世代=戦闘機の開発を終え、5世代以上の次期ステルス戦闘機を開発するための布石である



・インドネシアよりは、インドの方が技術がいいんですけど



韓国型戦闘機だけでなく、韓国型核ミサイルも開発せよ



・インドネシアの神様にお祈り申し上げます



・空振りしないことを願っている



インドネシアは、技術習得後、あちこち他の国に売りそうですが



・核心技術もないのに可能なのか?



参加費は先払いで、全て払え、この前も食い逃げしようとしていただろ?



・元々イスラムの奴らは信じられない



インドネシアの技術陣?技術移転の担保として、投資を受けようとしたが、投資も無視して技術だけ流出するのではないか?



・本来は、我々が作って輸出するのが正しい、技術共同製作という名分で、ただ核心技術が盗まれるな



・韓国は3面が海なので、空母船団が少なくとも3必要だ。原子力潜水艦も10隻以上必要で、6世代の戦闘機が最小150機以上の常時的な実践配備が必要だ



この契約は間違っている気がする。奴らを信じるな、むしろ我々が損だ



相手はムスリムの国なので、慎重に成らなければ成らない



大した金額でも無いのに、あんな国に物乞いをして、技術を奪われるのか?



・我々が開発して輸出するのが正しいし、共同開発なら、5:5の持分でないなら本当に危険だ



約束を守らない奴らとまた手を結んで、以前も完納しなかったインドネシア奴らが、また何時大騒ぎをするのかも分からない



K2技術をトルコに移転してあげたけど、トルコが輸出したこと忘れたか?兵器は独自開発しなければならない

引用元記事:https://bit.ly/2XDxQ0M

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース