海外の反応 韓国


現代自動車が日本の乗用車市場に再び挑戦状を出す。09年、販売不振で現地乗用車事業部を撤退してから10年ぶりのことだ。

00年から10年間、販売量1万5000台あまりに止まり苦い経験をした現代車が、今度は水素電気自動車(FCEV)と電気車(BEV)を「中核兵器」に据えた。日本は現代車が売れない唯一の市場であり、変化した韓国自動車の存在感を証明する舞台という象徴性も帯びている。

2

6日、業界によると、現代自動車は最近、日本乗用車市場の再進出を決め、準備作業に取り掛かっている。

まず今年10月24日に東京で開かれる「2019東京モーターショー」に600m2規模の単独ブースを設けることにした。 現代車の日本進出デビュー舞台だ。 モーターショーを通じて現地進出を宣言する。
現地での車両販売時点はマーケティング効果が期待される「2020年東京オリンピック」日程を考慮して、早ければ年末か来年初めが有力だ。

現代車はすでに、17年から日本のタスクフォース(TF)を運営し、市場戦略を練ってきた。初期、現地市場の看板車種としては「エコカー」を最終選択した。

大々的マーケティング活動よりは、現地には販売されていないスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)型のエコ・カーを中心に初期市場の定着を狙うものと見られる。

                ご支援よろしくお願いします。
               




3

モーターショーの現代自動車ブースは、世界初の量産型水素電気自動車「ネクソ(Nexo)」を前面に押し出す。さらに走行性能を大きく改善した「アイオニックエレクトリック」と「コナエレクトリック」を含めプラグインハイブリッド(PHEV)、電気バス、水素電気バスなども展示される。一方、未来型コンセプトを除いた内燃機関車の展示可能性は薄い。

日本は輸入車の市場シェアが10%にも及ばないほど、自国のブランドを好む傾向が非常に高い。このため、現代車の再進出も苦戦できる。しかし、現代車のエコカーのラインナップはトヨタなど、現地の完成車には目にできない強みもある。

日本の水素電気自動車市場の場合、トヨタ「未来」とホンダ「クラリティFC」があるが、これらの車両は発売から3年以上経った旧型だ。ネクソに比べ、走行性能はもとより、さまざまな反自律走行機能や安全仕様などは、現代車が大幅にリードしている。現地の水素充電所も100ヵ所(2018年4月基準)に達し、充電インフラへのアクセスも優れている。

電気車(BEV)も同じだ。現地市場占有率独歩的1位のトヨタの場合、まだBEVモデルがない。日産「リーフ」とホンダ「クラリティ」などが販売されているが、冷暖房の効率および、バッテリー運営の効率など面で現代自動車が一歩リードする。特に、現代車は、電気車や水素電気車分野で、SUV型ラインアップを確保した世界唯一のメーカーだ。価格競争力も北米市場基準で日本ブランドとほぼ同じか高い方だ。

現代車の関係者は「日本進出を打診するため、今年の東京モーターショー参加を確定した」とし「現地進出の効果を考慮しているが、進出時期はまだ確定していない」と述べた。

一方、現代自は2000年に販売法人「現代モータージャパン」を設立し、「アバンテ」と「サンタフェ」を売り物にして日本に進出した。09年までの10年間の販売量は1万5000台余りにとどまった。以後、乗用車事業部門は撤収し、現在「ユニバース」というブランドで商用車事業部だけが日本に残っている。


 韓国の反応 



製品の競争力ではなく、日本の奴らは韓国製品ならとりあえず買わない奴らなので行くな、サムスンが世界で唯一主導権を握れなかった市場が日本だ



現代車グループが1億2千万の人口の日本市場を攻略したいなら、現代ブランドで競争するより、むしろ三菱自動車を買収した方がいいのではないか



・これって、韓国で中国車が新車発表会を行うのと同様だ



・現代自動車はもう少し品質を高めないと、トヨタの足元にも及ばないだろ



・韓国人が中国車を買わない様に、日本人も韓国車は買わないのでは無いかな?



日本の市場は、閉鎖的な市場で、日本人には日本人だけが持つ不思議な自尊心があって、彼らは韓国を下に考えているので韓国製品を買うのは自分では許されない事だ



日本に進出しないで、マツダやスバルを買収しろ



日本市場なんて、高所得者を除けば金を持っていない



・例え日本市場が難しくても、色々挑戦を続けて下さい



日本人は、韓国製品をゴミの様に見ているので買わないでしょう



・サルは朝鮮半島を侵奪の対象としてのみ見ます



・日本人は韓国製品に対して極刑に処している



・韓国人が中国人を見る視線に似ている



日本に、ヨーロッパ型モデルを出してもよさそうだが



・日本市場は鉄壁だが、ぜひ成功してほしい



今回はエコ・ラインアップでもう一度進出する挑戦が必要だと思う



・現代自動車のEVなら進出出来そうだ



・日本でも現代自動車はリコールの会社だと知られているので、売れるかな?

引用元記事:https://bit.ly/2XC0yiJ

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース