海外の反応 韓国


NASA長官に参加書簡を伝達
独自の衛星航法システムも構築

政府が米航空宇宙局(NASA)が主導する「月軌道フラットフォームゲートウェイ(LOP-G)」建設参加を初めて公式化した。LOP-Gは現在運営している国際宇宙ステーション(ISS)に代わって、今後、月・火星誘引探査の前哨基地となる「次世代ISS」だ。政府は6日、京畿道果川庁舎で第30回宇宙開発振興実務委員会を開き、こうした内容を盛り込んだ「宇宙開発振興施行計画」を審議した。

1

科学技術情報通信部の趙洛鉉(チョ・ナクヒョン)巨大公共研究政策課長は「NASAが昨年、LOP-G建設参加国を選定するための需要調査をした」とし「昨年ISS建設に韓国側が参加できなかっただけに、今回は韓国天文研究院、韓国航空宇宙研究院などがMOUを締結できるという意思を打診した」と明らかにした。時期は昨年12月にジム・ブリデンスタインNASA局長に直接書信が伝えられたという。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

天文研の場合、強みのある光学望遠鏡搭載体を中心に議論があったが、今後、韓国の具体的な参加分野については、調整がさらに必要だというのが政府の立場だ。航宇研のファン・ジンヨン責任研究員は
「LOP-G建設に各国が参加し、今後宇宙開発分野の国際協力の基本フレームを作る」とし「初期から韓国が乗り出せなければ、国際宇宙開発の流れに遅れを取る恐れがあるだけに、こうした計画は必須」と明らかにした。

政府は、ヌリ号以降、次世代の韓国型ロケットに適用する多段燃焼サイクルエンジンの開発も引き続き推進していくことにした。多段燃焼サイクルは、ターボポンプで発生する未燃焼ガスをリサイクルして
エンジンの効率を高める。

一方、今年打ち上げが予定されていた国産静止軌道衛星の「チョンリアン2B号」と次世代中型衛星1号は、来年に打ち上げ時期が多少延期された。科技情報通信部のキム・ヨンウン宇宙技術課長は、
「次世代重形成の場合、国内で開発中の光学搭載体が、千里眼(チョンリアン)2B号の場合、海外企業で製作された環境搭載体の一部が不良と判明し、打ち上げが遅れた」と理由を説明した。

しかし政府は、ヌリ号発射体のロケット燃焼効率を高める「多段燃焼サイクルエンジン」の開発を推進し、韓国型衛星航法システム(KPS)の構築に向けた先行研究など重要事業を推進していくことにした。
航宇研関係者は「韓国が独自の衛星航法システムを構築すれば、軍事目的の衛星偵察・情報収集などで独立的な地位を持つことができるだけでなく、国際宇宙監視システムである「宇宙状況認識(SSA)」
の一軸になれる」と評価した。


 韓国の反応 



様々な国際プロジェクトに韓国も積極的に参加しなければなりません。特にG7主導の国際プロジェクトには必ず参加しなければなりません



・4大河川で無駄にしたお金があれば、本当にたくさんの事が出来ただろうけど、今からでも遅くはない、がんばれ!



税金はこんな事に使わなければ成らない、このまま行けば、先進国に宇宙先占権と先端技術が遅れ、結局我々の子孫は後進国の那落に行くことになるだろう



こんなの見る度に、川底に投入した税金がもったいなくて涙が出る



国際的なプロジェクトに名を乗せて貢献するのが、まさに先進国への近道



宇宙ステーションではなく宇宙基地を開発しなければならないのではないか?



宇宙開発はどんな政権であっても他の国に遅れを取ってはいけない、本当に未来の産業になり得る事業



なんだか、こんなプロジェクトに参加出来れば、急速に中国、日本に追い付くような感じ



・こんな記事は親日倭寇党は嫌います



そう、我々の税金はこんなところに使って、応援します



毎年かかる4大河川の維持保守費600億円を宇宙庁に



・積極的な賛成!



・ムンジェインはこういう事に投資しろ

引用元記事:https://bit.ly/2IZc18z

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース