海外の反応 韓国


慰安婦被害者のキル・ウォンオクさん(92)が「日本が強制連行を認めたのか国民に知らせてほしい」とし、2015年12月28日に韓国と日本が合意した「慰安婦」交渉文書に対する公開を要請した。

1

「民主社会のための弁護士会」(民弁)所属の宋起鎬(ソン・ギホ)弁護士は7日、ソウル高裁行政3部の審理で開かれた外交部相手の情報非公開処分取消訴訟控訴審の第9回弁論で、キル氏の訴え文を公開した。

キルさんは訴え文を通じて「私は慰安婦と呼ばれた23人の生存祖母の一人だ」とし「私は13歳に日本に連れていかれ、言葉に出来ない苦痛を受けた。私の年は92歳だ」と語った。

キルさんが声明文を作成した先月20日には、生存する祖母が23人だったが、今月2日クァク・イェナムさんが死去し、現在は22人になった。

続いて「私が死ぬ前に必ず真実を明らかにすることを願う」とし「日本が慰安婦問題の真実である強制連行を認めたかどうかを国民が知らせてくださることを切に訴える」と要請した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

宋弁護士は弁論が終わり、取材陣と会い「この事件の本質は最終的・不可逆的合意という韓日慰安婦合意が日本が強制連行を認めたかどうかを明らかにするもの」とし「2017年1審で勝訴して外交部としては慰安婦ハルモニのために迅速に情報を公開すべきだった」と主張した。

また「外交部は現在まで訴訟を維持しているのに、単に外交文書を理由に非公開を一貫する立場は理解し難い」とし「この状態でしばらくすれば、慰安婦被害者が生前に日本政府のきちんとした謝罪を聞くことができずに帰ることができる切迫で重大な状況だ。外交部が迅速に情報を公開することを求める」と述べた。

裁判部は当時、「韓国が作成した文書の内容のうち、日本が強制連行を認めたかどうかについては、外交部側が明らかにすることはできないが、日本が認定するかどうかを必ず参考書面で提出せよ」と求めた。

裁判部は弁論を終結し、「来月18日午前10時に判決を下す」と明らかにした。

1審は「外交分野の特殊性を考慮しても情報の非公開で保護される国家の利益は国民の知る権利より大きくないだろう」とし「12・28日本軍慰安婦被害者合意過程がどのような方式で進められたのかを知っておく必要性が大きい」と原告勝訴判決を下した。


 韓国の反応 



13歳で...



日本人は赤ん坊にも蛮行を働いた奴ら



・必ず、生きている間に日本が慰安婦を認めて謝る姿を見られたらと思います



・親日の子孫が、この国で暮らしていることがとても残念です



・我々も日本の蛮行を決して忘れません



13歳の時って.....当時の13歳なら今の13歳よりも幼くて初潮すら無い子供なのに・・それなのに大人も耐え難い苦痛を受けたんだ



13才..本当だね・・常識的に13歳の少女が自ら進んで行ったの? どんなに怖くて苦しかったんだろう



・おばあさんが直接書いた文章を読むと心が痛いですね



・国に力のない悲しみが大きすぎます。(泣)



・この問題を、そのまま見過ごしてはいけません、日本との仲の良い隣国になるためには是非現日本と真実究明をしましょう



・文在寅政府は遊んでます。今回の政府は全然慰安婦問題を解決する意向がありません



・真実が結局勝利するだろう



・ムンジェインが大統領になれば、慰安婦問題も解決される様に言われていたが、今はその話が静かになった



おばあさんは残念ですね、ドイツとは全然違う日本の態度、日本は絶対に反省をしませんね



・親日派の清算無ければ未来もない...



13歳って、小学校6年生なのに、日本の奴らは本当に・・



・日本軍が組織的に日本軍及び日本軍の下にいた親日派の人々が絡んで職業紹介をさせ、行ってみたら職業紹介ではなく慰安婦の話が出回ると、都市と田舎から少女たちを強制的に拉致するように蛮行をし、この知らせを聞いて慌てて仕方なく14、15才になる娘を結婚させ、結婚させれば夫婦になるので慰安婦に成らずに済んだ民族の悲劇の一つ



・おばあさんたちに本当に力になれなくて本当に申し訳ありません



・親日派たちはお金であれ官職であれ、何かを受けてもらって国を売り渡した



・ごめんという心のこもった謝罪がそんなに難しいのか?



・我々がもっと努力して改善しなければならない部分だ。13歳って...日本は反省しろ



13歳とかね・・酷い



心が痛くて死にそうです。日本の奴らが本当に嫌いだ!考えるほどむかつく



とても胸が痛くて涙が出ますね。日本はいったい何をしている集団なのか?

引用元記事:https://bit.ly/2TmfIdk

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース