海外の反応 韓国


1919年4月15日、日本官憲の蛮行に20人余りが虐殺された京畿道華城市の堤岩里教会。

3・1独立運動と堤岩里虐殺事件100周年を迎えて、日韓親善宣教協力会日本キリスト教関係者17人で構成された謝罪団が27日午前、堤岩里殉国記念館を訪れた。

2

彼らは先祖たちの蛮行に心が重く、記念館の入口から頭を下げた。ソウルで日本人開拓教会の牧師として39年間、日本の蛮行を謝罪しているという吉田光三(76)牧師。彼は殉国記念碑の前で、堤岩里虐殺事件について信徒に説明した。

説明する瞬間、あちこちからため息が漏れた。集まった人は皆日本人だが、苦痛を受けた堤岩里住民たちを思いながら胸を痛めたようだった。

                ご支援よろしくお願いします。
               




1

続いて、謝罪訪問団を率いてきた日本人大山玲二(93)牧師の代表祈りが続いた。

彼は「殖民統治時代、日本の官憲によって最も残酷な事件が起こったのがこの堤岩教会でした。当時、日本は三一運動に参加したという理由で、住民を拷問し、虐殺し、教会を燃やしました」と語った。

日本政府に対する苦言も忘れなかった。彼は「日本の政治家たちは一度も謝罪していない。悪いことをすれば謝るのが当たり前です。主よ、私たち日本人を許してください」と言った。

「日本人を許してくれ」という大山牧師の謝罪の言葉が流れ、すぐに一緒に祈った信徒の間でも涙ぐむ声が聞こえてきた。

大山牧師は「今、最悪の日韓関係が好転するように導いてください。神様がいらっしゃらないなら成すことができません。(謝罪は)小さなことだが、主が我々を使って、導いて与えてください。アーメン」と祈りを終えた。


 韓国の反応 



いい行為だけど、謝罪に来た人達がみんな年寄りなのを見たら、あの人達が亡くなれば日本で謝罪するごく少数の良心も消えるのね



とにかく、日本に1%でも正気の人物が住んでいるのは幸いなことだが、あの方々が亡くなってしまうと、本当に狂った者だけが住む島国になるね。行く末が暗い、本当に...



・ふ~ん



・良く分からないが、日本にはキリスト教徒がもっといるよね?それとも少数なのか?



日本でキリスト教徒は少数



日本には宗教の自由はあるが、殆どが神道か、とにかく神社にお参りして頭を下げている。日本では神道を信仰する人が多い



宗教の自由があるのに、日本にキリスト教者はほとんどいない...普通の日本人はこの事件に対して興味もなさそう



・日本の戦争経験者は、戦争の苦痛を経験しているので、日本の戦争準備は絶対にダメだと言って下さい



日本では、敗戦を経験せず、しばらく輝いていたその帝国主義時代にロマンを持った若者たちがもっと右翼的



・日本ではキリスト教信者が、人口の1~2%しか居ないの



日本は戦争を経験した老人の一部が歴史に対する罪意識があり、全く歴史を学ばなかった若い世代がより右翼的になり、無知な言葉を述べている状況



この様に謝罪をする日本人は、とても少数派の様だ。大部分の日本人は歴史をちゃんと知っていても、彼らの様に謝罪をしたりしない



・日本人の本性自体がこじれていて



・せっかく韓国にまで来て謝罪をしている人を、何故皮肉るのか?



こんなに日本の罪について考えている人が居るというのが良いことだね



・この高齢のお年寄り時代は、進歩系が多かったのでしょう、しかし2000年に日本の進歩系が完全に崩壊してから今は少数になって、その以後まともな歴史学んだことがない完全極右的な内容だけを教えるのではないでしょうか?



・これは身の毛がよだつ



・彼らは、実際に徴用されて日本で犠牲になった方々の犠牲になった密葬場所など探してるけど、日本の知識人や市民社会から殺害の脅威にさらされ、それでもずっと詳しく探して整理してた。現場を訪れて資料を探すのは本当に大変だ



・日本人は、良心によって良いことをするのに助けはせず、逼迫ばかりするとは...



・少数だけど、日本のキリスト教徒の信頼は本当に素晴らしい

引用元記事:https://bit.ly/2TJAq6w

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース