海外の反応 韓国


ソウル大学原子力政策センターが、微細粉塵が福島の放射能よりさらに体に有害であると主張した。先月21日、ソウル大学原子力政策センターが公式SNSで「微細粉塵と放射線」というテーマのカードニュースを掲載した。

1

これによると、超微細粉塵による韓国の年間早期死亡者は11,900人と集計された。疾患別では、脳卒中が47.4%(5466人)で最も多く、続いて心臓疾患27.8%(3303人)、肺癌19.6%(2338人)などの順だった。

超微細粉塵による韓日中国家別寿命減にも言及した。韓国が約6ヵ月(0.49年)、日本0.33年、中国1.25年であることが分かった。

大韓脳卒中学会のナ・ジョンホ理事長は「微細粉塵の中でも超微細粉塵は濾過されず肺胞の毛細血管を通じて体に吸収される。これが脳卒中につながる可能性があり、成長期の微細ホコリ露出がより高い関連性を見せている」と説明する。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

特に、微細粉塵の濃度を放射線被ばく量に換算した場合がもっと衝撃的だ。

80歳を基準とする男性が、韓国の年平均の超微細粉塵濃度25μg/m3を一生吸えば、放射線1,645mSv、毎年20mSvずつ被爆することになる。

福島住民の一生の被爆量が10mSv前後であることを考慮すると、約160倍も高い。

また、これは毎日1.13本のタバコの喫煙危険にあたる。80年を生きれば、年間21箱を喫煙するような危険にさらされるという意味だ。

ソウル大学側は、微細ホコリの危険性がこれ以上見逃せない水準に達したという点を強調した。


 韓国の反応 



・これは酷い



本当に微細粉塵には悪口しか出ない、このまま改善されることも無く死ぬのか



・初耳で悪口



日本に行って暮らした方が良いのか



・誰が見たら放射能被爆されていると思う?



・中国と共同協議をしろ



・泣きました



微細粉塵の危険性とは別に、福島の被爆量はそれほど高くないのか?



この記事のおかしな内容、ソウル大学原子力政策センターで、原子力被ばくと微細粉塵を比べて被爆より微細粉塵がもっと危ないと記事出すのって・・



・被曝量は正確か?



・何故放射能被ばくと比較して



日本の統計は正確な物を持ってきて使っているのか? 粒子状物質は?


・ソウル大学原子力政策センターが、微細粉塵が福島の放射能よりさらに体に有害であると主張した・・



微細粉塵を、放射能被爆量になぜ換算するのか?意図的すぎて笑わせてくれる



・どんな奴が記事を書いているの?



原子力政策センターは、微細粉塵が専門分野でもないはずなのに、別に微細粉塵を研究したとしたらその目的が疑わしい



・微細粉塵をどうして放射能に換算するの?



・じゃ福島行って住むか



・ソウル大学校原子力政策センターが出した資料なのに



微細粉塵は、被ばくと関連のある単語だったの?



微細粉塵の濃度を放射線被ばく量に換算した場合がもっと衝撃的だ



放射能と微細粉塵持って、お互いどちらが良いのかを確かめるの自体がコメディー



日本からお金でも貰ったのか?



もっと安全な福島に行って暮らすの?それは嫌だろ



原子力センターは原子力マフィアに属する集団である。あまりにも意図がしっかり見えるが・・

引用元記事:https://bit.ly/2STI35z

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース