海外の反応 韓国


スレ主

私も以前は、日本から部品供給を受けなければ、サムスン、LG、現代の様な大企業がみんな死ぬと思ったことがある。

2

しかし、それはインターネットの「ネット右翼」の考えではない。怖いのは、日本の一般人だけでなく、日本の産業界でさえその様な考えを持っていた事だ。

そして実際に韓国の大企業を殺して手なずける為に、代表的にカメラレンズ部品の様な物で禁輸を実践したこともあった。

それで結果はどうなったのか?

                ご支援よろしくお願いします。
               




1

日本の部品供給停止措置に苦しんだ韓国の大手企業は、結局オランダと韓国の部品メーカーから部品供給を貰い、むしろ日本のレンズ企業のほとんどが逆に焦土と化する事になった。

日本の奴らが何かすごく勘違いしているのが、「超合金Z級」の超越的な技術力が必要な物を除いて、完成品で押されれば勝ち目がない、最初から部品でも完成品でも、技術の標準化と規格化が成された分野では、産業技術がある国なら、誰でも挑戦できる、まさに無限競争時代になっているのだ。

つまり、日本が作れるのは他の国も作れるのだ。


 韓国の反応 



生産職に勤めている人なら誰でも知っているが、計測機器は全部日本製で、たまにドイツ製を使ってる。しかし、性能さえ同じなら代替制がないわけではない



制裁をすれば韓国が潰れると思うのは、本当にネット右翼の考え方だね、日本製部品を禁輸すれば、サムスンやLGの様が企業がコスダックとの共同研究開発で、素材や部品の国産化を目指す。

本当は作れるのだけど、買った方が少し安いので買う場合が多い、日本の奴らは90年代の水準で考えている様だ



日本の報復関税が部品の国産化の機会となる



・精密加工や原材料・素材の方は、ちょっと遅れているかな



部品の国産化のチャンスになる



・日本のカメラレンズ部品の禁輸関連文を探して見よう



・神戸製鋼の様な改ざんも・・



日本製に代替する事は可能なのだが、ドイツ製は高すぎるし、中国製は品質の偏差が大きすぎる、一方日本製はコスパが良い



最近は脱日製の傾向ではないのか? 自動車では、私は計測器を販売する際、わざわざドイツや米国産、欧州産を選ぶが



・日本人は、日本製部品が無いと韓国の産業が潰れると、一般人だけではなく、産業界でもそう考えている



だから、日本人は今回発作を起こしながら、韓国に部品・素材の輸出禁止を徹底して、自分たちの立場を悟るのが良いだろう



・韓国が国産化できない部品があると言うのは、技術が足りないのではなく、コストが合っていないというのが殆ど



・日本は自暴自棄に成って、正解を見つけるだろう



・日本の奴らは本当に話が通じなくて・・



90年代はそうだったかもしれないが、今は技術の平準化がされているので、日本しか作れないという事は無い



・IEC規格に入ると、日本は独自の規格を備えるため、世界規格からかなりかけ離れている。そのため、IECの規格を合わせようとすれば、日本が少し迷っているのも事実。

他の国にはすべて通用するIEC基本規格なのに、日本でだけ別途の規格を持っていて、韓国の電子メーカーは日本規格のため相当腹が立つよ



・日本の独自規格は、技術力の差があるからもっと厳しく適用すると書いてあった



・日本は自ら現状維持して貰える事をありがたいと思っていない



一部を除いて、ただ不便に成るが、費用だけを我慢すればいい。政府が少しだけ補助してくれたら大丈夫



韓国製品の国産化率を高めようとするきっかけを日本が作ってくれるのだね、ありがとうございます

引用元記事:https://bit.ly/2tZzIDq

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース